デジタルな鍛冶屋の写真歩記

桜便り2017 雨の日桜巡り@京都府庁

8日、本法寺から次に向かいましたのは、京都府庁の中庭の桜です。
例年ですと、桜の開花時期に合わせて「観桜祭」が行われて賑わうんですが、
今年は開花が遅れたので、観桜祭が終わってから見頃になってので、人が少ない中楽しめました♪
f0032011_19533562.jpg

1.アーチの向こう。
守衛さんに桜の見学を申し出て、庁内へ入ります。

f0032011_19533368.jpg

2.祇園枝垂れ桜。
円山公園にあった初代の「祇園枝垂桜」の孫にあたる桜。

f0032011_19533452.jpg

3.容保桜。
山桜が変異したもので、山桜の遺伝子を持ちながら大島桜系の花の要素も出ているそうです。
名前の由来は、京都府庁の敷地にはかつて京都守護職上屋敷があったことから、
当時の守護職であった、會津藩主 松平容保の名を取って「容保桜」(かたもりざくら)と命名されました。

f0032011_19533432.jpg

4.雨空に咲く。

f0032011_19533557.jpg

5.エントランス。
旧府庁本館の建物へ。

f0032011_19533314.jpg

6.窓向こうの枝垂れ桜。

f0032011_19533300.jpg

7.静かな建物。
観桜祭期間中は色々な催し物が行われて賑やかなんですが、終わったので静かな物です。

f0032011_19533388.jpg

8.明治の眺め。
明治37年に竣工、創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のものです。

f0032011_19533487.jpg

9.威風堂々。
貫禄の姿です。

f0032011_19533435.jpg

10.桜雨。

f0032011_20030610.jpg

11.避雷針と枝垂れ。。
青空で撮りたかったな~・・・・(涙

f0032011_20030676.jpg

12.桜三種。
右から容保桜、大島桜、奥が祇園枝垂桜。

f0032011_20030539.jpg

13.満開。
庭の隅にある紅枝垂れ桜、ここ数年祇園枝垂れを圧倒する花付きで魅せてくれます。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-13 19:23 | 虫&花 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://dejikaji.exblog.jp/tb/27722728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2017-04-13 21:26
dekokajiさん、雨ですが、正に満開ですね。
雨で、人出が少なくて逆にチャンスだったのでは
ないでしょうか。
水たまりの写り込みとは素晴らしいですね、お見事
バグースです。
今年は、桜の時期の催し物はやっていなかったですね。
Commented by pengini at 2017-04-13 22:12
こんばんは。
ここはイベントや天候で無人光景が難しいですので、逆に雨で良かったのではないでしょうか?
というか、私が苦手なだけかもしれませんが……。
しっとりと、建物とコラボレーションした桜写真に仕上がっておられますね。
おそそわけありがとうございます。
Commented by dejikaji at 2017-04-14 19:58
皆さん、こんばんはです。
アラックさん、
丁度見頃に行けたのは良かったんですが、生憎のお天気だったのが残念です・・・・。
水溜まり、これも雨上がりの青空が写り込んでれば、好い色が出たんですがね~。

pengini さん、
人が少なかったのは良かったんですが、やはりこの光景は青空で撮りたかったです。
日差しが無いので、建物撮りも撮る気が起こらず、桜メインになってしまいました。