デジタルな鍛冶屋の写真歩記

2017年 06月 02日 ( 1 )

栗原邸一般公開 其の一

5月21日、去年も行きました山科にあります「栗原邸」の一般公開に行って来ました。

この建物は、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)校長を務めた染色家の鶴巻鶴一の邸宅として1929年に建設されたもので、
当時最先端の工法「中村式鉄筋コンクリート建築」による特殊なコンクリートブロックで建てられた、合理性を追及したモダニズム建築です。
f0032011_20312381.jpg

1.日暈(ひがさ)の空。

f0032011_20283370.jpg

2.門のある家。

f0032011_20410933.jpg

3.有形文化財。

f0032011_20283375.jpg

4.玄関ポーチ。
この建物の一番の特徴である玄関。

f0032011_20283238.jpg

5.コンクリート建築の佇まい。

f0032011_20283477.jpg

6.応接間。

f0032011_20283106.jpg

7.星の照明。
照明もオーダーメイドなんでしょうね~。

f0032011_20283184.jpg

8.灰皿のカメレオン。

f0032011_20283205.jpg

9.セントラルヒーティング。
この時代のお屋敷の必須アイテムですね。

f0032011_21192232.jpg

10.唐獅子。
この家の主である鶴巻氏自ら描かれた唐獅子の襖絵。

f0032011_20283272.jpg

11.裏事情。

f0032011_20332497.jpg

12.金庫。
どんな物が入っていたんでしょ?

f0032011_20332544.jpg

13.二階へ。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-06-02 20:09 | 建物 | Trackback | Comments(3)