デジタルな鍛冶屋の写真歩記

2018年 01月 29日 ( 1 )

京都の雪景色2018@修学院離宮 其の二

昨日の続きで修学院離宮です。
中離宮の続きから上離宮までを。
f0032011_20404203.jpg

1.石段の先は。
元々、林丘寺の境内だった中離宮、半分返還されてもう半分は今もお寺としてあります。

f0032011_20404220.jpg

2.雪屋根。
客殿の裏側へ。

f0032011_20404227.jpg

3.網干の欄干。
漁村で網を干した形を表してる低い手摺り。

f0032011_20404331.jpg

4.竹の扁額。

f0032011_20404365.jpg

5.次に目指すは。
向こうに見える上離宮へ。

f0032011_20404148.jpg

6.御成門。
これをくぐれば、最後の観覧場所の上離宮です。

f0032011_20404256.jpg

7.ズンズン登って行く。

f0032011_20404206.jpg

8.浴龍池。
谷川の堰き止めて作られた人工の池。
浮いてる島の形が泳ぐ龍に似てるので浴龍池を呼ばれてます。

f0032011_20404297.jpg

9.見晴らし良好。
一番の高台にある隣雲亭からの眺め、京都タワーと同じ高さらしいです。
奥に見える緑の一帯は下鴨神社です。

f0032011_20404296.jpg

10.千歳橋。

f0032011_20462822.jpg

11.池の細胞。
池に張った氷の面白い模様。

f0032011_20462742.jpg

12.楓橋。
秋には紅葉した木々に包まれて綺麗だそうです。

f0032011_20462712.jpg

13.鳳凰。
千歳橋の上におりました。

f0032011_20462858.jpg

14.窮𨗉亭。
浴龍池の中島に建てられた茶屋。

f0032011_20462844.jpg

15.船遊び。

f0032011_20462865.jpg

16.雪が魅せる光景。
ゆっくりと眺めて撮ってる暇がないツアー。

f0032011_20462868.jpg

17.池を一回りして。
右に見える屋根、こちらにはベンチが置かれていて、
皇太子様・雅子様やチャールズ皇太子・ダイアナ妃がこちらに座って、眺めを楽しまれたそうです。

思いがけず貴重な光景が楽しめた修学院離宮、誘っていただいた写友さんには改めて感謝ですm(__)m
こんな事でもないと、まず行く事がない場所でしたんで。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします




第2回プラチナブロガーコンテスト



by dejikaji | 2018-01-29 20:10 | 観光地 | Trackback | Comments(0)