デジタルな鍛冶屋の写真歩記

<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

町角ニャンコ・いつもの場所で

ほったらかしのネタが続きます、まだ梅雨時だった頃のニャンコ達を。
f0032011_1931199.jpg

1.雨上がりの身支度。

f0032011_19313892.jpg

2.ゴロニャ~~ン。

f0032011_19315582.jpg

3.あ~、蒸し暑い・・・・。

f0032011_1932722.jpg

4.市電のそばで。

f0032011_19321680.jpg

5.冬眠中?。

f0032011_19323415.jpg

6.モノクロバトル。

f0032011_19325325.jpg

7.何かいる?。

f0032011_1933595.jpg

8.ニャンコマ劇場・ロックオン!。

f0032011_19332133.jpg


f0032011_19333493.jpg


f0032011_19334110.jpg






にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-31 19:54 | | Trackback

宵宮祭@伏見稲荷大社

本日は19日の出しそびれていたネタを。
この日は朝から山建てを撮っていて、夕方から伏見稲荷大社で行われます、
宵宮祭へ参戦しておりました。
朝から晩まで撮りまくりでヘトヘトになった一日でした~!
f0032011_19354927.jpg

1.駅の真ん前。
JR稲荷駅を出たら、目の前にお稲荷さんの参道です。

f0032011_19355945.jpg

2.今年は何やら。
来る電車でもそうでしたが、例年より人が多い気がしました。

f0032011_1936821.jpg

3.西日を受けて。
青空に楼門が映えます。

f0032011_19361988.jpg

4.夕陽が沈む頃。
櫓に盆踊りの歌い手さんがスタンバイ。

f0032011_19362758.jpg

5.よいと、よいやまった~、どっこいしゃ~のせ~♪。
江州音頭で皆さん踊られます。

f0032011_1937366.jpg

6.茜雲が流れる。
そろそろ美味しい時間が来たので、境内を散策です。

f0032011_19371615.jpg

7.そっと手を合わせる。
取り敢えず、浴衣姿のお嬢さんは撮りますよね(^_-)-☆

f0032011_19372571.jpg

8.夕空と行灯の火。
日が暮れる頃、境内のいたる所に吊られてる提灯や灯籠、奉納された行灯に火が灯り、
一気に幻想的な雰囲気に変わって行きます。

f0032011_19375975.jpg

9.女狐。
今年は沢山いましたね。

f0032011_19385185.jpg

10.盛り上がってます!!!。
盆踊り開場も提灯に灯が点り、宵の空と合わせてええ感じです♪

f0032011_1939598.jpg

11.ニャン子ちゃん。
色々なデザインの行灯がありました。

f0032011_19392052.jpg

12.空の群青と、境内の朱。
雲も好い感じで、何とも言えない光景です。

f0032011_19392888.jpg

13.強者。
浴衣姿で三脚持参のこの方、凄いな~と見てましたら。
おもむろにカメラの前でポーズとられて、自分撮り。

f0032011_19394495.jpg

14.黄昏れるキツネさん。
この日は、ホンマに綺麗な宵の空でした♪

f0032011_19401042.jpg

15.土産物屋。
手前の人形は何だったかな???

f0032011_19402182.jpg

16.ぐるり囲まれて。
鳥居型の絵馬、これだけの数となると、普通の絵馬と違ってなんか怖いですね。

f0032011_19411111.jpg

17.ここにもキツネが!。

f0032011_1941441.jpg

18.楼門の大提灯。
ここはやはり魚眼でないと面白くないでしょ!

f0032011_1941533.jpg

19.真っ赤な夕陽。

f0032011_1942464.jpg

20.みんなバンザ~イ!!!。
見晴らしがいい楼門前で、みんなバンザイしながらの撮影。

f0032011_19421637.jpg

21.宵の空に三日月。


例年ですと、この後千本鳥居を抜けて、奥の院へ向かうんですが、
今年はどうしたんでしょうか?例年の倍近い人出で、奥の院へ向かう道が大渋滞してまして、
1時間ほど粘ったんですが、減る気配がないので諦めて帰りました・・・・。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-30 20:31 | 祭・イベント | Trackback | Comments(6)

鴨川のサギ

祇園祭シリーズで、ずっとほったらかしにしておりましたネタを出していきます。
11日、鉾建てで賑わってる中、鴨川で今年初の本格的な撮影しておりました。
午前中はいまいちパッとしなかったんですが、昼からオキャメラさんが来られてからは、
調子も上がって来て、そこそこ楽しめた日となりました。
f0032011_19555248.jpg

1.気合い充填。
現場に着いた時はダイサギ一羽だけの寂しいスタート。

f0032011_1956656.jpg

2.退屈な時間。
何か調子が出ないのか、ダイサギやる気無しで時間が過ぎていきます。

f0032011_19571661.jpg

3.期待の星!。
ゴイサギがやって来てくれたんですが、鳴かず飛ばずで退散していきました・・・・

f0032011_19572827.jpg

4.流れて行く塊。
時折80㎝位の鯉が、流れを上って行っては、力尽きて流されて行ったりします。

f0032011_19574763.jpg

5.ようやっと!。
この日初のオイカワゲット!
でも小さいし、色付いてない~・・・・。

f0032011_19575860.jpg

6.こっち向いて~!
デカイの捕まえたんですが、この後羽で隠れ撮れませんでした(ToT)

f0032011_19583579.jpg

7.悠々お散歩。
コサギが来てくれました♪

f0032011_19593176.jpg

8.アオサギも。
この辺りから、調子が出て来てくれました。

f0032011_19594254.jpg

9.跳ねる水。
暑かったんですが、イマイチ日差しが出てくれないので、水飛沫もちょっと冴えない感じ・・・。

f0032011_19595336.jpg

10.小競り合い。
違うサギですとたいして反応しないんですが、
同種ですと、縄張り意識が働いて完全に追い払います。

f0032011_2001140.jpg

11.色が・・・・。
そこそこの魚体なんですが、色が付いてない~!!!

f0032011_2002227.jpg

12.夏の鴨川。
ちびっ子達、楽しげに川遊び中~。

f0032011_20033100.jpg

13.飛び込んでゲット!。
流れに飛び込んで捕まえた大きな鮎、美味そう。

f0032011_2004072.jpg

14.出ました~!!!
ようやく念願の色付きを捕まえてアオサギ。
でも日差しが無いのでイマイチ発色が良くない・・・・。

f0032011_2023772.jpg

15.飛び跳ねる。
時折水面から一斉に飛び跳ねるオイカワ。


午前中はボウズかと思う位の状態でしたが、昼からは何とか楽しめる位の捕食が見れたんですが、
バキバキの婚姻色の姿が見れなかったのが残念でした・・・・。
おまけに17日に関西を通り抜けていった台風、その影響で大増水して濁流と化してました。
もう平水時に戻りましたが、肝心の魚が戻って来てるかが心配です。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-29 20:47 | 野鳥・鴨川のサギ達 | Trackback | Comments(8)

祇園祭2015 後祭・宵山 其の三

宵山の続き、本日ラストです。
f0032011_19412267.jpg

1.つがいの鳩。
鳩の柄が入った幔幕が張られた三条新町通り、八幡山へやって来ました。

f0032011_19432289.jpg

2.平和の象徴。

f0032011_19423221.jpg

3.煌びやかに。
町会所に飾られた懸装品。

f0032011_1942407.jpg

4.文政?。
巡行の時のくじ改めの時に籤を入れておく箱、その横にはそれを保管する為の木箱がありますが、
文政7年と書かれてますが、入った何年前の物なんでしょ?

f0032011_19424931.jpg

5.新旧居並ぶ。
新調された鳩と、それまで使われてきた鳩。

f0032011_19425655.jpg

6.ご神体。
山の上に祀られる小祠は総金箔でピカピカです。

f0032011_1944238.jpg

7.手拭いと風呂敷。

f0032011_19441355.jpg

8.居祭。
休み山の一つである鷹山。
焼失を免れたご神体などを飾って祭に参加する「居祭」を続けてこられてます。

f0032011_19442919.jpg

9.復活への歩み。
去年に囃子方が復興し、最後の巡行から200年後の2026年の山鉾巡行に参加することを目標に、
一歩ずつ鷹山復活に進まれております。

f0032011_19443984.jpg

10.ご神体。
御神体は伊勢物語の主人公の一人で美男子として有名で鷹狩りの名手でもある在原行平(鷹匠)様、
101匹わんちゃんのダルメシアンのような犬を連れた犬飼様、
背中に樽を背負い手に粽を持つ食料係の樽負(たるおい)様の御三体です。
樽負様は粽を食べる「からくり」仕掛けだったそうです。

f0032011_19445187.jpg

11.ビクター犬じゃない。
犬飼様が連れてる犬、ちょっと不細工ですね(笑

f0032011_1945079.jpg

12.珍しい。

f0032011_19452896.jpg

13.虚像の祭。
黒主山での定番構図。

f0032011_19455656.jpg

14.埒に映る。
黒塗りの埒に、水撒いてくれたおかげで、好い感じに映り込みます♪

f0032011_19461222.jpg

15.ご神体。
謡曲「志賀」にちなみ、大伴黒主が桜の花をあおぎながめている姿だそうです。
着ておられる小袖、225年ぶりに復元新調されたんですが、合わせて新しくした腰帯と合わせ、
制作費は690万円~!!!

f0032011_19462363.jpg

16.可愛いお顔。
前掛けの龍の顔、円らな瞳が可愛らしいです。

f0032011_19464899.jpg

17.駒形提灯。
埒の提灯の映り込みが楽しくってレンズを替えて色々撮りました。

f0032011_1947284.jpg

18.夏の夜に咲く桜。
桜は樫の木に紙で作った造花で、魔除けになると言われ、翌年の粽に添えられて授与されます。

f0032011_1947983.jpg

19.営業スマイル(●^o^●)。
黒主山の売り子さん、今年の祭で一番の笑顔いただきました~!


さて、長々とやってきました2015年の祇園祭シリーズ、本日で終了です。
お付き合いくださってありがとうございましたm(__)m
来年はどんな光景に出会えるでしょうか?巡航日が日曜なんで凄い事になりそうですが・・・




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-28 21:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(9)

祇園祭2015 後祭・宵山 其の二

本日も後祭 宵山の続きです。
f0032011_19242081.jpg

1.トワイライトに灯る。
好い感じの空の色になってきました♪

f0032011_1925394.jpg

2.町屋に映る。

f0032011_19294680.jpg

3.魅せる玄関。

f0032011_1930112.jpg

4.まる常。

f0032011_19303089.jpg

5.会所。
マンションのエントランスに飾られた浄妙山の懸装品。

f0032011_19304326.jpg

6.ご神体。
一来法師と浄妙坊。
巡行の時は、宇治川の合戦に三井寺の僧兵筒井浄妙が橋桁を渡り一番乗りをしようとすると、
一来法師がその頭上を飛び越え、前に進み出て先陣をとる光景で、
アクロバティックな状態で山に飾られます。

f0032011_19305479.jpg

7.戦場の橋。
矢が刺さっております。

f0032011_1940423.jpg

8.鱧祭。
祇園祭は別名鱧祭と言われ、海から遠い京都では、鮮度のいい魚が手には入らなない中、
生命力の強い鱧だけが瀬戸内や明石から生きたままやって来て、
この時期旬を迎える事もあって、鱧は夏の京都に欠かせない存在となり、
祇園祭に鱧を食べる習慣が京都では根付いたようです。

f0032011_1942049.jpg

9.休み山。
現在巡行に参加してない休み山の一つ、「布袋山」。
復活に向けて、保存会の方々が活動されております。

f0032011_19423546.jpg

10.折り紙。
紙問屋さん、ショーケースに折り紙で作った色々な物が飾られております。

f0032011_19501286.jpg

11.間に合わなかった~・・・・。
大失態!ちょっと他所で時間とりすぎてしまったので、
トワイライトブルーバックの北観音山が撮れませんでした・・・。

f0032011_1950378.jpg

12.煌びやかに。
駒形提灯に照らされ、浮かび上がる姿は壮観です。

f0032011_19505685.jpg

13.コンチキチン♪。

f0032011_1951528.jpg

14.左三つ巴。

f0032011_19511474.jpg

15.宴。
飲み屋さんも賑わってるんでしょうね~。

f0032011_19513269.jpg

16.鯉山。

f0032011_19514023.jpg

17.書体。
鯉の文字のこの書体、何か好きなんですよね。

f0032011_1951492.jpg

18.売り切れごめん。
人気のある鯉山、粽が売り切れて、会所に入る人で行列が出来ては入れませんでした・・・・。
タペストリー見たかったな~(涙

f0032011_19564810.jpg

19.赤提灯。
南観音山でもお囃子が鳴り響いております。

f0032011_1957596.jpg

20.ロウソク一丁どうですか~♪。
お囃子に負けず、子供達がわらべ歌を元気に歌っております。

f0032011_19571554.jpg

21.百のマーク。
南観音山のマークである「百」、この町名が百足屋町なので百の文字なんです。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-27 20:56 | 祭・イベント | Trackback | Comments(4)

祇園祭2015 後祭・宵山 其の一

祇園祭・宵山の光景を。
昼間はお天気怪しかったんですが、夕方には晴れてきたので助かりました~!
後祭の宵山は前祭りのように歩行者天国や夜店も出ませんが、
その分ゆったりとした雰囲気が楽しめるので、お気に入りです♪
f0032011_1742189.jpg

1.宵の口。
まだ美味しい時間帯ではないんですが、ブラブラ山鉾巡ります。

f0032011_174233100.jpg

2.魅せる部屋。
完成した無名舎さんの屏風祭、毎年見てますが今年も渋いです♪

f0032011_17431913.jpg

3.火が灯る。
北観音山の駒形提灯、、他の山鉾と違って提灯の数が多いんですよ。

f0032011_17434236.jpg

4.山の足元。
昔はロウソク使ってましたので、その名残の火消しの桶。
ちゃんと北観音山の証しである六角の紋がはいっております。

f0032011_17442742.jpg

5.ぶひぶひ。

f0032011_17444496.jpg

6.和と洋。
鶴の金屏風にお琴、そこに似つかわしくない絨毯と思いますが、
この絨毯は祇園祭には縁深い物です。
山や鉾の胴掛けに、商いで手に入れた絨毯やタペストリーなどを裁断して使われておりますので。

f0032011_1745516.jpg

7.染まる雲。
そろそろ好い感じの時間帯になって来ました。

f0032011_1746640.jpg

8.法輪紋。
修験道である役行者をご神体にしているので、法輪の紋が使われております。

f0032011_17461727.jpg

9.ご神体。
役行者と一言主神と葛城神の三体。

f0032011_17462662.jpg

10.可愛い下駄。
役行者山の売り子達の下駄。

f0032011_17465896.jpg

11.レトロビルと鈴鹿山。
烏丸通りに面してる鈴鹿山、新風館と合わせて。

f0032011_17471636.jpg

12.雨の名残。

f0032011_17472729.jpg

13.手を合わす。
ご神体の鈴鹿権現(瀬織津姫尊)、山鉾の中では唯一の美女像とされているが、
能面をされて見る事は出来ません。

f0032011_17473735.jpg

14.夏の手拭い。

f0032011_17475795.jpg

15.ビルの谷間に。
橋弁慶山の会所。

f0032011_1748569.jpg

16.有名人。
ご神体は皆さんもよくご存じの、武蔵坊弁慶と牛若丸こと源義経。

f0032011_17491098.jpg

17.舞台。
この二人と言えば、唱歌「牛若丸」で歌われている、京の五条の橋の上~♪です。

f0032011_17492323.jpg

18.パトロン。
ズラリと並ぶ、大船鉾の支援者達の名。

f0032011_17493184.jpg

19.闇夜に浮かぶ。
復活2年目となった大船鉾、相変わらずの人気でまともに撮る事が出来ず、2枚で終了・・・・(汗




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-26 19:08 | 祭・イベント | Trackback | Comments(10)

祇園祭2015 後祭・曳き初め

山建て3日目の最終日、出来上がった山の試運転である曳き初めが行われます。
この時は一般の方も引くのを参加出来るとあって、今ではこちらの方も人気のイベントとなって、
時間前になると、何処からともなく人が集まって凄い賑わいになります。
この日は新町通りにあります、北観音山・南観音山・大船鉾の三基です。
自分は例年通り、大好きな北観音山から曳き初めを撮っていきました。
f0032011_19141018.jpg

1.定刻通りに開始~!
毎年思いますが、きっちり予定通りの時間に組み上げるんですから、感心しちゃいます。

f0032011_19141782.jpg

2.ギシギシと音を立て。
軋みながら動き出す北観音山、格好いいです♪

f0032011_19142435.jpg

3.悠然と。

f0032011_1914342.jpg

4.一億円が横切る。
ついつい値段の事を思っちゃいます(笑

f0032011_19144459.jpg

5.見送る。
三条通まで上って行きます。

f0032011_19145446.jpg

6.お次はこちら。
北観音山を見送ったら、今度は南観音山が上って来ました。

f0032011_1915210.jpg

7.陰と陽。

f0032011_1915936.jpg

8.悠然とⅡ。

f0032011_19152431.jpg

9.狭い通りを埋め尽くす。
四条通から三条通までの間に一体何人の人がいるんでしょ?

f0032011_19153528.jpg

10.特等席からご観覧。
三条通から折り返してきた南観音山。
一度でいいから二階から眺めてみたいんですが、新町通りに知り合いを作らないとね。

f0032011_19154531.jpg

11.梅雨明けの西日。
曳き初め定番の構図で。

f0032011_19155728.jpg

12.今は逆に。
合同巡行していた時は、最初は南から始まっていた曳き初めも、
今は後祭のコースに合わせて北から始まる曳き初めです。

f0032011_19161352.jpg

13.夏空にコンチキチン♪。

f0032011_19162799.jpg

14.エンヤラヤ~!。
船頭さんの掛け声も、各山鉾で違いがあって面白いんです。

f0032011_19163783.jpg

15.町屋の通り。
南観音山が立つ辺りは、町屋が残っているので画になりますね。

f0032011_19185850.jpg

16.人波をゆく船。
同じ時間に始まってる大船鉾の曳き初めですが、出だしが遅れたみたいで、
まだ四条通から引き返してる途中のようで、急いで向かいました。

f0032011_19192617.jpg

17.一人屋根の上。
大船鉾の屋根方さん、後ろ姿が格好いいです♪

f0032011_19211221.jpg

18.ゆっくり航行中~!。
高辻通りまで下がった大船鉾が帰って来ました。

f0032011_19212264.jpg

19.順調、順調。
去年と違って、鉾さばきも慣れてきてますね。

f0032011_19213016.jpg

20.ずんぐりな姿。
このデフォルメしたかのような船体が、可愛らしいですよね。

f0032011_19213737.jpg

21.影絵。
無事曳き初めも終了して、会所に止められた南観音山。
宵山への準備をされてる屋根方さんが工事のシートに映って。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-25 19:58 | 祭・イベント | Trackback | Comments(5)

祇園祭2015 後祭・山鉾建て 其の三

あわや大惨事になりかけた山建ての開けて翌日、朝から快晴だった最終日の様子を。
f0032011_1935445.jpg

1.梅雨明けの空の下。
梅雨明けが宣言されたこの日、朝から快晴でグングン気温が上がっていきました~(汗

f0032011_19352163.jpg

2.エビ反って整列!。

f0032011_19353389.jpg

3.黒光り。
朝早くに車輪が組まれたみたいで、油を塗ってピカピカに。

f0032011_19411485.jpg

4.完成間近。
焼失を免れ150年間大事に守られてきた大金幣も取り付けられ、勇ましい姿が。

f0032011_1936591.jpg

5.鉾建ての町角。

f0032011_19363512.jpg

6.ちょっと一服。
喉が渇く以上に、涼みたくって仕方がなかった・・・・。

f0032011_19364414.jpg

7.注意、徐行!。
浄妙山の山建て現場、何故かここはいつも通行止めにされないんですよね。

f0032011_19365310.jpg

8.古そうなお札。

f0032011_193736.jpg

9.五瓜に唐花紋。
屋根に描かれてる紋は、八坂神社の御神紋で、五瓜に唐花(ごかにからはな)と、
左三つ巴(ひだりみつともえ)。
この神紋が胡瓜の切り口に似ているので、祇園祭期間中は八坂神社に敬意を払って、
神社周辺や山鉾町の方達は胡瓜を食べない風習があります。

f0032011_19391724.jpg

10.無事に立つ!。
前日櫓が倒れるアクシデントがあった南観音山ですが、
翌日覗いたら、無事に真木が入れられてちゃんと立っておりました~!

f0032011_19392591.jpg

11.忙しく。
前日の遅れを取り戻す為に、黙々と作業されてます。

f0032011_19393872.jpg

12.トラックに乗って。
車輪は会所に収められてな苦、トラックで持って来られてます。
さすがに前日の事がありましたので、車輪はめの時は完全に通行禁止の厳戒態勢でやられてました。

f0032011_19394910.jpg

13.無事完成~!
懸装品も綺麗に掛けられ、完成です。

f0032011_19424115.jpg

14.今年の設え。
毎年見事な設えで見る者を楽しませてくれる、無名舎の屏風祭。
こちらは祇園祭山鉾連合会前会長さんのお宅でもあります。
f0032011_19425776.jpg

15.こっそりと。
八幡山は、通りではなく会所のスペースで組まれておりました。
ちょうど真松の剪定が終わった所で、切った松の枝を厄除けに貰って帰りました。

f0032011_19434614.jpg

16.お化粧前。
埒も組み上がった鯉山、後は懸装品掛けるだけです。

f0032011_19435566.jpg

17.通りに聳える。

f0032011_1944663.jpg

18.1億円!!!。
北観音山の胴体上部に掛けられてる水引、今年これを新調されました。
中国・三国時代の武将、関羽の生誕祝いの行列を描いたと伝わる図柄で、
市内の織物会社が8年がかりで完成させ、制作費はなんと1億円!\(◎o◎)/!。
こんな高価な物が身近で見れるのが、祇園祭の凄いとこでもあります。

f0032011_19441478.jpg

19.動く美術館。
見事な意匠が施された姿は、見ていて飽きません。

f0032011_19442383.jpg

20.夏空に咲く桜。
黒主山の桜、今年も満開です。
これは造花ですよ(^_-)-☆




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-24 21:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(8)

祇園祭2015 後祭・山鉾建て 其の二

昨日に続きまして、日曜日の山鉾建ての続きで、北観音山と南観音山の真木立ての様子を。
f0032011_22233878.jpg

1.只今改装中。
雨も止んで、邪魔なブルーシートが外された南観音山ですが、
会所であるおたべの店舗が改装中で、何とも殺風景な画になってしまってます。

f0032011_22234681.jpg

2.俺より年上。
昭和38年の台車。

f0032011_2224294.jpg

3.屏風祭。
今年も見事な設えで披露されてます。

f0032011_22241182.jpg

4.半被姿で。
ワンコもお祭りモードです(^◇^)

f0032011_22241990.jpg

5.真松。
他所回ってる間に、今年の真松が届いたみたいです。

f0032011_22251411.jpg

6.慣れた手つきで。
真木の先が斜めに切り込まれてるので、真松の方もその斜めに合うように斧で大まかに削られます。

f0032011_22252357.jpg

7.仕上げに。
斧で切り取れなかった部分を、釿(ちょうな)で細かく整えていき、
最後は電動カンナで接合部分を滑らかに仕上げます。

f0032011_22254895.jpg

8.合体!。
仕上がりましたら、真木と合体です。
接合部分に鉄の輪っかをはめ、くさびを打ったら、後は縄でグルグル巻きにして完成です!

f0032011_2226086.jpg

9.尾長鳥。
真松に飾られる尾長鳥、以前は鳩で、南観音山に尾長鳥が飾られていたんですが、
古い文献で逆である事が判明し、去年から北観音山にこの新調された尾長鳥が飾られております。

f0032011_22262039.jpg

10.青空の下。
曇っていた空も青空になり、気持ちの好い光景の中、真木をはめる為に櫓が倒されます。

f0032011_22263186.jpg

11.ゆっくりと慎重に!。
船頭さんのエンヤラヤ~!の掛け声と共に、ウィンチを使わず人力で櫓が倒されていきます。

f0032011_22272193.jpg

12.カラフルな姿。
真木を櫓にはめ込みます。

f0032011_22273399.jpg

13.引き起こし。
真木がはまりましたら、又櫓を建てる為に、反対側から引っ張り上げていきます。

f0032011_22274114.jpg

14.しなる松。
真木の分高さが増しますので、そばで見ていますとけっこうな迫力です!

f0032011_22275073.jpg

15.一同拍手~!!!\(^o^)/。
無事に櫓が建ちますと、周りの観客から拍手が。

f0032011_2228120.jpg

16.北の次は南。
北が終わりましたら、南の方で松建てが始まりましたので移動。

f0032011_22281638.jpg

17.段取りよく。
北同様に真木がはめ込まれます。

f0032011_22282525.jpg

18.この後、悲劇が!
真木がはまり、櫓が引っ張り上げられてる途中に事件が!!!

f0032011_22283931.jpg

19.あわや大惨事に。
引き上げられてる途中に、なんと櫓の支点部分の縄が緩んでしまいバランスを崩した櫓が傾いて、
なんと撮っていた自分の頭の上に落ちて来たんです!
写真左にある電柱のそばでで撮っていたんですが、
上手い具合に松の先が建物の屋根に引っかかってくれたおかげで、直撃は免れました。
今まで何度も見てますが、こんな事が起こるとは夢にも思ってませんで、
一緒に撮っていた馴染みのブロガーさん共々正直驚きました。
幸い見物人に怪我された方もなく、この後無事に櫓が建ったみたいで良かったです。
印象深い経験をしてしまった、今年の山鉾建てでした。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-23 19:00 | 祭・イベント | Trackback(2) | Comments(8)

祇園祭2015 後祭・山鉾建て 其の一

先祭が無事に終了しましたら、次は早くも後祭の準備である山建てが始まります。
日曜日は朝にザ~ッと通り雨が降る、生憎のスタートとなりました。
f0032011_19325544.jpg

1.通行止め。
大船鉾、こうやって書かれると、意味ありげに見えますね(笑

f0032011_1933177.jpg

2.今年二回目の鉾建て。
先月、首都圏で京都観光や伝統行事の魅力をアピールする狙いで、6月19~21日の3日間、
六本木ヒルズアリーナに大船鉾が建てられました。
鉾建ての過程が見られるほか、祇園囃子の演奏もやったみたいですが、
関東の方で撮られてる人は居ませんでしたね。

f0032011_19334324.jpg

3.海老反り。
他の山や鉾の海老飾りと違って、大船鉾のは反っていて格好いいですね。

f0032011_19335783.jpg

4.味が出るにはまだ暫く。
使い込まれた道具が持つ渋さが出るには、まだ時間がかかりそうですね。

f0032011_19431350.jpg

5.今は静かに。
先祭の宵山では、連日
行列が出来ていた「しみだれ豚まん」の膳處漢さんも、
今は静かに営業されております。

f0032011_19341080.jpg

6.お祭りムード。

f0032011_19342537.jpg

7.軒下で。
生憎の雨でブルーシートで被われた南観音山、絵描きさんもちょっと残念。

f0032011_1934428.jpg

8.こちらも。
北観音山も、シートの下で皆さん櫓の組み立て中。

f0032011_19435653.jpg

9.祇園祭限定スイーツ。
永楽屋さんの祇園祭限定スイーツ「水あずき」。
どんな物か簡単に言いますと、水ようかんのシェイクみたいなものです。

f0032011_19353563.jpg

10.山鉾町マップ。
黒いのが前祭りで、赤いのが後祭の山鉾の場所です。
これで分かるのも、碁盤の目の町ならではですね。

f0032011_19361784.jpg

11.泳ぎ回る。
黒主山近くにあります、帯屋さんの前に立つ275匹の鯉が描かれたタペストリー。

f0032011_19363884.jpg

12.全部見付けられたかな?。
275匹の鯉の中に、金色の鯉が7匹居るそうで、全て見つけると幸せになれるというウワサも!

f0032011_19371575.jpg

13.こちらはこれから。
黒主山の会所があるマンション、飾られてご神体は見えますが、山建てはこれから始まる所でした。

f0032011_19444374.jpg

14.花咲く祭の町角。

f0032011_1945889.jpg

15.祭の町角。
玄関に掛けられた暖簾、好いですね~♪

f0032011_19452550.jpg

16.鯉を背負って。
鯉山、組み立て中~!新調された白木の部材が眩しいです。

f0032011_19453525.jpg

17.所狭しと。

f0032011_1945465.jpg

18.さすがに早い!。
クルッと辺りを回ってる間にほぼ組み上がってしまった鯉山。
小さな担ぎ山は組み上がるのが早いです。

f0032011_19455447.jpg

19.何処も祭ムード。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2015-07-22 20:30 | 祭・イベント | Trackback | Comments(5)