デジタルな鍛冶屋の写真歩記

<   2016年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

祇園祭2016 後祭山鉾巡行・其の二

7月から一ヶ月続いた祇園祭も今日で無事に終了しましたが、
こちらの更新はもう少し続きますので、お付き合いください。
f0032011_17333749.jpg

1.役行者山。

f0032011_1734517.jpg

2.法螺貝響かせ。
山伏さんが先導してこられます。

f0032011_17341654.jpg

3.方向転換だけかと思ったら。

f0032011_17343442.jpg

4.回ります。
山一番が回るのは恒例ですが、回ったりするのは各山の自由なんですかね?

f0032011_17344595.jpg

5.御神体。

f0032011_17345422.jpg

6.草鞋。
よく見ると、藁で擦れないように指の股にテーピングされてますね。

f0032011_17354438.jpg

7.黒主山。

f0032011_1736763.jpg

8.一人花見。

f0032011_17362989.jpg

9.レッグウォーマー?。
各山の曳き手担ぎ手の衣装も色々あって面白いです。

f0032011_17372294.jpg

10.牡丹鳳凰文様。

f0032011_1739029.jpg

11.黒笠に桜紋。

f0032011_17392982.jpg

12.黒丸印。

f0032011_17403989.jpg

13.南観音山。

f0032011_17424714.jpg

14.真松に鳩。
北観音山の尾長鳥に対して、南観音山には鳩が松に飾られます。

f0032011_17432731.jpg

15.プロ根性。
腹ばいになって撮る報道カメラマン達。

f0032011_17435143.jpg

16.リズムに合わせて。

f0032011_17441574.jpg

17.揃いのポーズ。
一回目の辻回し。

f0032011_17442829.jpg

18.南を背負って。

f0032011_17453142.jpg

19.二回目。

f0032011_18223776.jpg

20.百柄の浴衣。

f0032011_18163593.jpg

21.三回目。

f0032011_18164713.jpg

22.しっかり決めて回しましょ~!

f0032011_17463183.jpg

23.巡行再開。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-31 18:23 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 後祭山鉾巡行・其の一

ようやく後祭の巡行にこぎつけました~!(汗
今年で3度目となる後祭の巡行、今回初めて撮る事が出来ました。
初めてと言う事で、河原町御池で陣取って撮影です。
f0032011_1963812.jpg

1.始まり始まり~!
前祭同様に、祇園会の幟がやって来て、祭の始まりを告げます。

f0032011_197792.jpg

2.橋弁慶山。
先頭はくじ取らずの橋弁慶山。

f0032011_19322153.jpg

3.青空の下で方向転換。
後祭はなんとか青空が出てくれました~!\(^o^)/

f0032011_198964.jpg

4.舞台は五条大橋。
童謡の牛若丸でお馴染みの、あのシーンです。

f0032011_1984060.jpg

5.お次の準備。
ささらと呼ばれる辻回しの時に、車の下に轢く竹を持って現れた車方。

f0032011_1991475.jpg

6.北観音山。
自分のお気に入りである北観音山です。

f0032011_19111620.jpg

7.御一行様。

f0032011_19115393.jpg

8.本命登場~!
巡行で動く姿見るのは何年ぶりやろ?
ここ暫くは曳き初めばかり撮っていましたからね。

f0032011_1912815.jpg

9.キリリと。
やはり曳き初めの時と違って、緊張感が漂っておりますね。

f0032011_19122095.jpg

10.段取り。
古株の方が、ささらの轢く位置などを指示されて、辻回しの用意が始まります。

f0032011_19155166.jpg

11.一回目。

f0032011_19161225.jpg

12.分かるかな?。
真松の枝に尾長鳥が飾られてるの分かりますかな?

f0032011_19163026.jpg

13.テキパキと。
山が曲がる角度に合わせて、きちんとささらを轢いていきます。

f0032011_19171718.jpg

14.二回目。

f0032011_19175349.jpg

15.三回目。
無事に辻回しが決まると、回りから拍手が湧き起こります。

f0032011_19202536.jpg

16.回し終えて。

f0032011_19204965.jpg

17.なびく腰布。

f0032011_19211296.jpg

18.六角紋。

f0032011_19212343.jpg

19.え~んや~ら~や~!!!。
音頭取りのエンヤラヤ~の掛け声で、再び動き出します。

f0032011_19213575.jpg

20.ギシギシ音を立てて。

f0032011_19221363.jpg

21.浄妙山。

f0032011_19222479.jpg

22.山一番。

f0032011_19224270.jpg

23.アクロバティックに。

f0032011_19225248.jpg

24.回ります回ります!!!。
普通は90度方向転換するだけなんですが、山一番の嬉しさで3回回りました。

f0032011_19262892.jpg

25.誇らしげに。
役員の方々も、ちょっと誇らしげに見えました。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-30 20:27 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の三

祇園祭、後祭宵々々山の続き、本日ラストです。
f0032011_19274060.jpg

1.北観音山。

f0032011_19275186.jpg

2.宵空に佇む。
北観音山だけ、他の山鉾より駒形提灯の数が多いんです。

f0032011_1928097.jpg

3.祇園囃子。

f0032011_19321868.jpg

4.六角紋。
北観音山がある六角町からの紋。

f0032011_19282175.jpg

5.ずらり並ぶ屏風。
藤井絞りさんの屏風祭、何度見ても凄いですね~!

f0032011_19284071.jpg

6.浄妙山。

f0032011_192923.jpg

7.勝飴。
勝負事の時に舐めると運気が上昇すると言う勝飴、去年買いました。

f0032011_19291535.jpg

8.懸装品。
奥にあるのがご神体の御神体の一来法師と浄妙坊。

f0032011_19292266.jpg

9.舞台は合戦上。
平家物語の宇治川の合戦を題材にしております。

f0032011_19295227.jpg

10.暖簾の向こう。

f0032011_1930559.jpg

11.橋弁慶山。
御神体の弁慶と牛若丸。

f0032011_19301339.jpg

12.京の五条の橋の上~♪。

f0032011_19302521.jpg

13.変なのが色々。
買う勇気はございませんでした~!(^^)!

f0032011_19304123.jpg

14.大船鉾。
去年までは凄い人でまともに通れなかった大船鉾も、今年は人気も落ち着いたのか快適に通れました。

f0032011_19305179.jpg

15.ご支援。

f0032011_1931119.jpg

16.竜頭。
禁門の変の大火で焼失して、150年振りに復活した竜頭。
まだ白木ですが、この後漆を塗り重ね最後は金箔が貼られます。
大金幣と交互に付けられるそうです。

f0032011_19324351.jpg

17.お気に入りの場所。

f0032011_19325231.jpg

18.お琴。

f0032011_1933278.jpg

19.居祭の鷹山。
2014年に再結成された鷹山のお囃子。

f0032011_19331142.jpg

20.とんとんとん!。

f0032011_19332036.jpg

21.ちびっ子達も。
山再建を目指して動き出されてる鷹山、早くその姿が見れれば好いですね。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-29 20:10 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の二

祇園祭、後祭の宵々々山の続きです。
f0032011_19433591.jpg

1.お揃いの幕で。
八幡山がある町内は、玄関にお揃いの鳩柄の幕が張られて雰囲気盛り上げております。

f0032011_19434418.jpg

2.八幡山。

f0032011_1944722.jpg

3.懸装品。

f0032011_19441849.jpg

4.ご神体。
総金箔のピカピカの祠。

f0032011_19444096.jpg

5.ただいま~。

f0032011_2058555.jpg

6.お疲れ様~。
粽売りの仕事終えた子供達。

f0032011_19451681.jpg

7.百の字が目印。
南観音山がある町名が百足屋町なので、百の字が提灯に入っております。

f0032011_19453224.jpg

8.赤提灯。

f0032011_19532072.jpg

9.観音様と祇園囃子。

f0032011_1946137.jpg

10.ちびっ子達撤収。
粽売りの子供達お仕事終了~!

f0032011_19461467.jpg

11.見送り。

f0032011_19462432.jpg

12.提灯と龍。

f0032011_19463466.jpg

13.山鉾ずらり。

f0032011_1947865.jpg

14.黒主山。

f0032011_19473640.jpg

15.夏夜の桜見物。
もちろん桜は造花ですよ。

f0032011_19504496.jpg

16.会所。

f0032011_1951220.jpg

17.ご神体。
謡曲「志賀」にちなみ、大伴黒主が桜の花を仰ぎ眺めている姿をあらわしてます。

f0032011_19512190.jpg

18.懸装品。

f0032011_19513284.jpg

19.ご神体じゃないよ。
山や懸装品について説明してくださる、ご老人です。

f0032011_19515079.jpg

20.提灯。

f0032011_1952145.jpg

21.黒。
毎年埒に水撒かれて、提灯の映り込みを撮るのが楽しみだったんですが、
今年は撒かれておらずガッカリでした~(涙

f0032011_19521173.jpg

22.二つの山。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-28 21:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(4)

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一

祇園祭シリーズ、ようやく後祭に突入です(汗
21日、仕事終わってから宵々々山へ行って来ました。
前祭と違って、後祭は夜店が出ませんし歩行者天国もないので、人でごった返す事もなく、
のんびりと祭を楽しむ事が出来ます♪
f0032011_19281969.jpg

1.夕暮れに火が灯る。
今年は北側の役行者山から回って行きます。

f0032011_19283040.jpg

2.浴衣男子。

f0032011_19284216.jpg

3.五瓜に唐花と左三つ巴。
駒形提灯に描かれた紋は八坂神社の神紋で、ごかにからはなとひだりみっつともえ。
胡瓜の切り口が八坂神社の神紋に似ている事から、神を食べると言う意味合いに通じ、
それは良くないと言う事で、八坂神社の祭りである祇園祭りの頃は、
きゅうりを食べないと言う習わしがあるそうです。

f0032011_19285654.jpg

4.会所。
ずらりと並べられた懸装品達。

f0032011_1929868.jpg

5.ご神体。
役行者と一言主神と葛城神の三体。

f0032011_19293585.jpg

6.ぎょろ目の龍。

f0032011_1931559.jpg

7.鈴鹿山。
通りの向こうにある閉館した新風館だった建物も、ホテルになって上に伸びたら、
空入れて撮る事が出来なくなりそうですね。

f0032011_19321240.jpg

8.大きな声で元気よく~!

f0032011_1932266.jpg

9.ご神体。
鈴鹿権現(瀬織津姫命せおりつひめのみこと)。

f0032011_19324628.jpg

10.噂の美人。
山鉾随一の美女と言われてるそうですが、残念ながら能のお面をされていて、
そのお顔を拝見する事は出来ません。

f0032011_19325630.jpg

11.手拭い。

f0032011_19333583.jpg

12.鯉山。

f0032011_1933506.jpg

13.空いてました!
毎年行くと長蛇の列が出来ていた鯉山の会所ですが、この日は早い目に行ったせいか、
行列が出来ていなかったので、初めて入る事がで来ました~!

f0032011_1934162.jpg

14.龍の帯。
勇ましい柄です。

f0032011_19342790.jpg

15.波間を飛ぶ。

f0032011_19343740.jpg

16.登竜門。
ご神体の鯉、中国の故事が語源で、龍門を登りきれた魚は霊力が宿り、
変じて龍になると言われていました。
この伝説になぞらえて、難関を突破して立身する事を「登龍門」と言うようになりました。
奥にある見送りは、16世紀にベルギーで製作された1枚のタペストリーを裁断して用いたもので、
図柄はホーマー作「イーリアス」物語の一場面で、
トロイのプリアモス王とその后ヘカベーを描いたものだそうです。

f0032011_19353545.jpg

17.祭の設え。
毎年楽しみにしている、無名舎さんの屏風祭。

f0032011_19355216.jpg

18.祇園祭とヒオウギ。
古代、ヒオウギで悪霊退散したといういわれがあり、疫病を鎮める為に始まった祇園祭と相まって、厄除けの花とされているようです。

f0032011_1936196.jpg

19.風格。
又一般公開してくれないかな~。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-27 20:38 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 祭の終わりと始まり・其の二

昨日に続きまして、祇園祭前祭の山鉾解体と、後祭の山鉾建ての光景を。
f0032011_19305344.jpg

1.函谷鉾。
真木がど真ん中に入ってないんですね。

f0032011_1931550.jpg

2.櫓倒しの準備。

f0032011_19314176.jpg

3.豪華な細工。

f0032011_1931543.jpg

4.長刀鉾。
立派な姿だった長刀鉾も、櫓の状態になると、結構こぢんまりとするんですよね。

f0032011_1932550.jpg

5.バランスとって。
車軸と櫓を繋ぐ石持が仕舞われます。

f0032011_19321960.jpg

6.加減が難しいのです。
櫓倒す時の軸部分のロープの縛り加減が難しいそうです。
きついと回りませんし、緩いと櫓が傾きますので。

f0032011_19323916.jpg

7.働く男。

f0032011_19324962.jpg

8.通行禁止。

f0032011_1933350.jpg

9.大船鉾。
部材が蔵から出されてる最中でした。

f0032011_19331259.jpg

10.通りいっぱいに。
石持も出て来ました。

f0032011_19333969.jpg

11.半日で。
昼再び覗きましたら、組み上がっておりました。
船は真木立てがないので早いみたいです。

f0032011_19341391.jpg

12.これは何?。
面白い形したこの道具、一体何に使うんでしょ???

f0032011_19342353.jpg

13.さ~、縛るで~!!!。
鉾建てに使われる荒縄は約5キロメートルほどだそうです。

f0032011_19343365.jpg

14.縄がらみ。
各山鉾で独自の縛り方があり、作られる模様の美しさは何度見ても見とれちゃいます。

f0032011_19355180.jpg

15.南観音山。
まだ部材を運び去れてる最中でした。

f0032011_1936258.jpg

16.新築。
去年は建て替え工事中だった会所。
工事が終わって綺麗になって、以前はおたべだったお店も、お洒落なカフェ?になっておりました。

f0032011_19361230.jpg

17.カブラ。

f0032011_19362894.jpg

18.一足先に。
他の担ぎ山はまだ何も準備始めてない中、八幡山は早くも組み立てに入られてました。

f0032011_19385561.jpg

19.鯉山。
こちらは会所の準備中だけでした。

f0032011_1939548.jpg

20.控え目なカレー。

f0032011_19392289.jpg

21.祇園祭、山鉾地図。

f0032011_1948456.jpg

22.金の鯉を探せ~!。
黒主山近くにあります、老舗帯問屋・誉田屋源兵衛さんが創業270年を記念して、
祇園祭の宵山期間中に飾られています鯉の滝登りの絵を展示されています。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-26 20:26 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 祭の終わりと始まり・其の一

祇園祭の前祭山鉾巡行が無事に終わった、翌朝の解体風景を。
f0032011_19204885.jpg

1.静かな朝。
巡行当日のあの人混みは何処へ?って感じの静かな朝。

f0032011_1921017.jpg

2.終わったら直ぐに。
岩戸山。
巡行が終わると余韻に浸る間もなく、その日の内に懸装品と車までバラされます。
これは巡行で集めた穢れが再び広がらない為です。

f0032011_19211029.jpg

3.海老飾り。

f0032011_19211969.jpg

4.ご神体。
降ろされて仕舞われる前の岩戸山のご神体三体、奥が天照大神でなぜか男装姿。
左の褐色の肌に少しとぼけた長顔で人の良い笑みを浮かべたのが手力男命。
右の厳つい顔したのが素戔嗚尊。

f0032011_19212925.jpg

5.ぼちぼちやってこか。
船鉾。

f0032011_19214130.jpg

6.静かな港。

f0032011_19215296.jpg

7.一夜明けて。
月鉾。

f0032011_1922362.jpg

8.因幡の白兎。

f0032011_19221242.jpg

9.縛りの美学。

f0032011_19222947.jpg

10.ひっくり返されて。
昼過ぎに再び訪れましたら、櫓がひっくり返されて真木が抜かれておりました。

f0032011_1923171.jpg

11.屋根も外されて。
放下鉾。

f0032011_1923892.jpg

12.木と縄だけで。

f0032011_19232362.jpg

13.ちょっと休憩。

f0032011_19233819.jpg

14.テコの原理。
櫓を上げたり下げたりする時は、何処も機械を使わずこのやり方ですね。

f0032011_19235084.jpg

15.蒸し風呂。
倉庫の中は暑そうです(汗

f0032011_1924068.jpg

16.ビルの間で。
菊水鉾。

f0032011_19241732.jpg

17.車輪。
大きさと、木で出来ているのに改めて感心してしまいます。

f0032011_19243769.jpg

18.鉾頭も。

f0032011_1924497.jpg

19.跡形も無く。
こちらも、昼に来たら真木が外され、飾られていた榊もご覧の通り。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-25 20:15 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 前祭山鉾巡行・其の三

祇園祭、前祭山鉾巡行本日ラストです。
f0032011_1863675.jpg

1.霰天神山。
前懸は16世紀にベルギーで製作された「イーリアス」物語を描いたタペストリー。

f0032011_1885194.jpg

2.鶏鉾。

f0032011_18423091.jpg

3.やっぱり恨めしい。
折角の芸術品も、ビニール越しでは霞んでしまいます・・・・。

f0032011_189248.jpg

4.悠々と去る。

f0032011_18425327.jpg

5.国際色豊かに。
巡行の担ぎ手さん、外国人の方がホンマに増えましたね。

f0032011_1843570.jpg

6.木賊山。

f0032011_1844154.jpg

7.昭和の鉾。
菊水鉾、屋根は唐破風造りで独特の外観です。

f0032011_1845637.jpg

8.菊丸。
枕慈童(まくらじどう)と言う、菊の露を飲んで700歳もの長寿を保った子供の物語の、
能楽に登場する舞姿を人形に再現したものだそうです。
にしても恰幅良すぎですよね(笑

f0032011_18452274.jpg

9.音頭取り。
他の山鉾の音頭取りが浴衣に扇子なんですが、菊水は袴に烏帽子で団扇なんですよね。

f0032011_18483914.jpg

10.苺じゃないよ、菊だよ。
半被の菊の文字が苺に見えてしまうのは自分だけでしょうか?(●^o^●)

f0032011_1846360.jpg

11.布袋さん。

f0032011_1847839.jpg

12.岩戸山。
前祭では唯一の曳き山。

f0032011_18472046.jpg

13.にかっ!。
屋根の上で何とも言えないお顔をしてるのは、三体あるご神体の一つ伊弉諾尊(イザナギノミコト)。

f0032011_18532482.jpg

14.ご健在。
左側の音頭取りの方、妙に記憶に残っておりまして、お元気な姿が見れて良かったです。

f0032011_18535989.jpg

15.人波を掻き分けて。

f0032011_18543965.jpg

16.船の笠。

f0032011_18545350.jpg

17.翼を広げ。

f0032011_18552646.jpg

18.最後の鉾。
巡行の最後は船鉾なんですが、狭い新町通りは追い越しが出来ないので、
放下鉾より南にある岩戸山と船鉾が先に行って、後から放下鉾が入って来ます。

f0032011_1856220.jpg

19.お姉さん達も。

f0032011_18562183.jpg

20.動く人形稚児。
他の人形稚児は乗ってるだけですが、放下鉾の人形稚児は舞を舞います。

f0032011_18563272.jpg

21.泰平の舞い。

f0032011_18574880.jpg

22.海老飾り。

f0032011_18575683.jpg

23.白梟。
エキゾチックな柄の見送り、好きなんです♪


これにて前祭終了~!\(^o^)/
今日、後祭も無事に巡行が終わりましたが、全然現像が進んでおりません・・・・(汗
ま、今月いっぱいまで祇園祭はやってるんで、のんびりやっていきます。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-24 20:18 | 祭・イベント | Trackback

祇園祭2016 前祭山鉾巡行・其の二

祇園祭、前祭の山鉾巡行の続きです。
四条通の次に本当は新町御池の辻まわしを撮る予定だったんですが、
ちょっと四条通で時間使いすぎまして、御池は人がいっぱいで撮れそうにもなかったので、
新町通りで下ってくる山鉾を狙う事にしました。
f0032011_19295131.jpg

1.紫織庵。
こちらの前で撮影開始~!

f0032011_1930385.jpg

2.花火の帯。
紫織庵で巡行見に来られたお客さん。

f0032011_19302836.jpg

3.稚児不在。
新町御池でお稚児さんは降ろされて、お役御免となります。

f0032011_1949855.jpg

4.揃いの半被。

f0032011_19491927.jpg

5.新町通りの醍醐味。

f0032011_1931264.jpg

6.眼前を。
目の前を鉾が通り過ぎる光景は、何とも言えず迫力があります。

f0032011_19313773.jpg

7.ブレーキ!。
御池通りから、四条通へは緩い下りになっているので、スピードが出すぎないように慎重に。

f0032011_19314895.jpg

8.金鯱。

f0032011_1932077.jpg

9.見送り。

f0032011_19323398.jpg

10.白楽天山。

f0032011_19333233.jpg

11.北京万寿山図。
昭和28年に製作された染織作家山鹿清華の『北京万寿山図』手織錦で、
万寿山は北京の西北にある清朝の離宮がモデルだそうです。

f0032011_19343220.jpg

12.函谷鉾。

f0032011_19345341.jpg

13.見せ場。
屋根の上の大工方、狭い新町通りが腕の見せ場です。

f0032011_1935163.jpg

14.巨体を軋ませ。
軋む音も迫力があります。

f0032011_19352521.jpg

15.手を振る。
特等席からの眺め、羨ましい~!!!

f0032011_193678.jpg

16.前向いてないの?。

f0032011_19362095.jpg

17.お裾分け。
紫織庵の主に粽のお裾分け。

f0032011_19362997.jpg

18.秦の始皇帝。
太子山の前掛け、「阿房宮(あぼうきゅう)図」。

f0032011_19363861.jpg

19.荷(にない)茶屋。

f0032011_19371955.jpg

20.いただきました~。
紫織庵に来られていた舞妓さん。

f0032011_19375954.jpg

21.群がる人達。
月鉾。

f0032011_1938105.jpg

22.波に月。

f0032011_19393790.jpg

23.恨めしいビニール。

f0032011_1940464.jpg

24.姿現す。
蟷螂山もビニール被さって動かなくなったので、中のからくり師の方が顔出されてました。

f0032011_19403485.jpg

25.取れるかな?。
紫織庵に知り合いが居たのでしょうか、粽が投げられました。

f0032011_1941796.jpg

26.も~眠い・・・・。
綾傘鉾のお稚児さん達、朝早くから準備して暑い中ずっと歩き続けて、お疲れの様子。
今年は曇っていたおかげで、汗で白粉が完全に落ちてしまった子は居ませんでしたね。

f0032011_19411627.jpg

27.こちらはニコニコ。
写真撮られるのが嬉しいみたいです。

f0032011_19412673.jpg

28.棒振り。
前でやらないかと期待していたんですが、少し手前で棒振り披露されてしまい撮れませんでした~(涙

f0032011_19413580.jpg

29.鉾の原型。

f0032011_19414337.jpg

30.流れる人混み。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-23 20:37 | 祭・イベント | Trackback

いつかの夕景

祇園祭のネタの現像が全く進んでおりませんので、
ほったらかしにしてる夕焼けのネタを。
タイトル無しの、手抜き投稿ですいません(汗
f0032011_18175653.jpg

1.

f0032011_1818879.jpg

2.

f0032011_1818217.jpg

3.

f0032011_18182935.jpg

4.

f0032011_18184144.jpg

5.

f0032011_18185272.jpg

6.

f0032011_1819385.jpg

7.

f0032011_18191744.jpg

8.




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-22 18:21 | 京都町中 | Trackback