デジタルな鍛冶屋の写真歩記

長谷宗円生家

正寿寺の次の目的地に向かうまでに少し時間があったので、近くにあるこちらを訪れました。
f0032011_21582892.jpg

1.紫陽花に包まれて。
着いてビックリ!まだ紫陽花が綺麗に咲いておりました。

f0032011_21580458.jpg

2.石段を登って行くと。

f0032011_21472324.jpg

3.茅葺きの小さな家。
ええ感じに苔生した茅葺きの家が。

f0032011_21472304.jpg

4.煎茶発祥の地。
元文3年(1738年)宇治田原湯屋谷で製茶をしていた永谷宗七郎(後に宗円と名乗る)は煎茶の製法を確立。
江戸に持ち込んだところ、茶商の山本嘉兵衛(現在の山本山)の目にとまり、一躍大評判となった。
そして、その子孫が後に永谷園の創業者になります。

f0032011_21472408.jpg

5.軒下の紫陽花。

f0032011_21472329.jpg

6.ゲロゲロ親子。

f0032011_21472268.jpg

7.焙炉(ほいろ)。
宗円が使っていた煎茶製造の焙炉跡、内部は土日に一般公開されてます(無料)。

f0032011_21472314.jpg

8.大きなヤカン。

f0032011_21472380.jpg

9.揉捻。
製茶の工程の一つ。

f0032011_21472548.jpg

10.小さな屋根。
実際の生家はもっと大きかったんですが、老朽化で焙炉の保存の為に今の建物が建てられたそうです。

f0032011_22062913.jpg

11.小玉な紫陽花。

f0032011_22062871.jpg

12.木漏れ日で。
墨田の花火でしょうか、木漏れ日を浴びて綺麗でした♪

f0032011_22062940.jpg

13.杉木立に。

f0032011_22062801.jpg

14.大事に育てられ。
まだ若い紫陽花でしたが、地元のボランティアのお母さん達が大事に育てられているので、
これからがちょっと楽しみになりそうな感じでした。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします

# by dejikaji | 2017-07-20 19:04 | 建物 | Trackback | Comments(0)