デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:奈良・滋賀・その他 ( 145 ) タグの人気記事

5Linksでgo~! 飛鳥巡り・其の三(岡寺)

飛鳥巡り最後は岡寺を。
小高い山の上にあるこちら、長い登りを5Linksをえっちらおっちら押して登って行きました・・・・・(汗
f0032011_20323714.jpg

1.あっ、笑ってる。
岡寺と刻まれた石碑の「岡」の字、笑ってる様に見えません(^^)

f0032011_20323836.jpg

2.出迎えの彩。
境内に入って最初に目に飛び込んで来たのがこれ。

f0032011_20323743.jpg

3.花筏。
小さな川に浮かべられたダリヤの花、ビビッドな色合いがなんとも華やかです。

f0032011_20323898.jpg

4.日傘美人。
脇では牡丹が大輪を咲かせておりました。

f0032011_20323800.jpg

5.共演。
見頃を迎えている石楠花と牡丹。

f0032011_20323845.jpg

6.白壁牡丹。

f0032011_20323916.jpg

7.三色が織り成す。
青空の下、石楠花と躑躅と楓の三色が映えます。

f0032011_20323951.jpg

8.展望。
標高182メートルの高さにあります。

f0032011_20323904.jpg

9.極彩色。
三重塔のお釈迦様。

f0032011_20324086.jpg

10.見上げれば。

f0032011_20590626.jpg

11.日陰に群れる。
シャガも山盛り咲いておりました。

f0032011_20590440.jpg

12.太陽燦々。
こちらのお寺、境内の至る所に石楠花が咲いております。

f0032011_20590720.jpg

13.石楠花小径。

f0032011_20590524.jpg

14.木漏れ日に輝く。
神秘的な光景。

f0032011_20590404.jpg

15.神域。

f0032011_20590555.jpg

16.山肌を賑わす。
谷間一面に咲く石楠花、圧巻です。

f0032011_20590567.jpg

17.初夏の境内。

f0032011_20590678.jpg

18.一目百輪。
開山堂前に植えられた沢山の牡丹、これだけ咲き揃うと凄いですね!




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-05-09 19:33 | その他あちこち | Trackback | Comments(2)

5Linksでgo~! 飛鳥巡り・其の二(飛鳥大仏)

飛鳥巡りの続きです。
f0032011_20213785.jpg

1.蓮華畑。
田起こしが始まる前の田んぼでは、一面に蓮華が咲いて彩りを添えてました。

f0032011_20213772.jpg

2.変わる町。
前回来た時にはなかったゲストハウス。

f0032011_20213778.jpg

3.日本最古の寺院
飛鳥寺、ここは以前と変わらない光景。

f0032011_20213841.jpg

4.大佛
大仏ではなく、大佛なんですね。

f0032011_20213808.jpg

5.本堂。

f0032011_20213677.jpg

6.ご無沙汰しております。
久しぶりのご対面です、以前はもっと暗かった記憶があるんですが、明るくなっておりました。

f0032011_20213689.jpg

7.1400年ずっと。
創建当時の物はこの大仏様のみで、2度の火災で本堂までも失ったそうで、
一時期は廃墟となっていたそうです。

f0032011_20213885.jpg

8.手を合わす事。

f0032011_20213782.jpg

9.左右のお顔。
見る方向で表情が違うそうです。

f0032011_20213613.jpg

10.伽藍。
今はこぢんまりとしたお寺ですが、当時はこんな立派な伽藍だったそうです。

f0032011_20234155.jpg

11.聖徳大師像。

f0032011_20234051.jpg

12.止まれが4分?!。
飛鳥寺前の信号機の標識。

f0032011_20234059.jpg

13.長屋カフェ。
古い民家を再利用したお店が増えておりますね。

f0032011_20234006.jpg

14.ストーブとヤカン。

f0032011_20234063.jpg

15.看板犬。
可愛い黒柴ちゃん。

f0032011_20234148.jpg

16.酒屋。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-05-08 19:27 | その他あちこち | Trackback | Comments(3)

5Linksでgo~! 飛鳥巡り・其の一(甘樫丘 酒船石 石舞台古墳 亀石)

ゴールデンウィーク前半最終日の4/30、5Linksで奈良の飛鳥をブラブラ巡ってきました。
時系列順ではございませんが、甘樫丘・酒船石・石舞台古墳・亀石の巡で送ります。
f0032011_16521345.jpg

1.橿原神宮駅前。
約7・8年ぶりぐらいとなる飛鳥巡り、愛車の5Linksを記念撮影。

f0032011_16521458.jpg

2.小さなお堂のバス停。
田舎って感じやね。

f0032011_16521424.jpg

3.見守り続けて。

f0032011_16521483.jpg

4.息を切らして。
甘樫丘の展望台を目指して、坂道を登って行きます。

f0032011_16521215.jpg

5.変わる町並み、変わらぬ眺め。
かつて眼下に都があったと思いを馳せながら眺めれば、ロマンを感じます。

f0032011_16521417.jpg

6.飛鳥京。

f0032011_16521527.jpg

7.寛ぎの場。
朝の散歩コースで登ってこられる方もちらほら。

f0032011_16521210.jpg

8.語らう時間。

f0032011_16521304.jpg

9.眩しく萌える。
新緑が眩しいです。

f0032011_16521392.jpg

10.ほったらかし。
酒船石、行って見てビックリ!
柵も何も無く、そのままの状態で置かれていました。

f0032011_16550889.jpg

11.謎の遺構。
大きな石に皿状の窪みと溝、なんの為に作られたものかはっきりと分かっていないようですが、
アニオタとしては、古代文明の回路図の様で、超兵器が目覚めそうな感じで面白いです。

f0032011_16550607.jpg

12.緑の丘に。

f0032011_16550685.jpg

13.石舞台。
7世紀初め頃に造られた我が国最大の方墳で、被葬者は明らかではありませんが、
7世紀初頭の権力者で、大化の改新で滅ぼされた蘇我入鹿の祖父でもある蘇我馬子の墓ではないかといわれています。

f0032011_16550746.jpg

14.タイムトンネル。
中にも入れるみたいです。

f0032011_16550771.jpg

15.ひんやり。
初日だったこの日でも、中はひんやりと涼しかったです。

f0032011_16550768.jpg

16.巨岩の遺構。
30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トンとかなりの重量で圧巻の光景。

f0032011_16550863.jpg

17.人それぞれ。
石舞台見て、ただのデッカイ石っころと思う人、当時の土建技術の凄さや、埋葬された人などのロマンに思いを馳せる人と、
それぞれ楽しんでおりました。

f0032011_16550814.jpg

18.可愛い奴。
亀石と呼ばれてる大岩。
こちらも柵はあるものの、これだけポツンと置かれていて、なんの為に作られたのは分からないそうです。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-05-07 18:54 | その他あちこち | Trackback | Comments(4)

桜便り2017 大寒桜@滋賀・石山寺

ここ暫く寒日が続いてるせいで、京都の桜の開花も一週間ほど遅れてる様子です。
例年なら今頃は枝垂れ桜が見頃を迎えてると言うのに、まだ何処も開花したばかりです。
ですので、何かないかと思っておりましたら、写友さんが滋賀県の石山寺で大寒桜を撮られていたのを見て、
昨日、生憎のお天気でしたが、朝からバイク飛ばして行って来ました。
f0032011_20004492.jpg

1.初訪問。
今回初めて訪れます。

f0032011_20004427.jpg

2.素通しのお姿。
京都では鳥除けに金網張ってある所ばかりなんで、思わずパチリ!

f0032011_20004474.jpg

3.寒々しい参道。

f0032011_20004556.jpg

4.凄い光景。
石段上がって目に飛び込んでくるこの光景、まるで中国の山岳地帯の様な巨岩が。
硅灰石と言って、石灰岩が地中から突出した花崗岩と接触し、その熱作用のために変質したものだそうです。
これほど雄大な 硅灰石となっているのは大変珍しく、国の天然記念物に指定されていて、
「石山」という名称はこの硅灰石に由来してるそうです。

f0032011_20004422.jpg

5.境内を彩る。
あちこちに盆梅が飾られておりました。

f0032011_20004523.jpg

6.梅トリオ。

f0032011_20004391.jpg

7.立派な姿。

f0032011_20004332.jpg

8.欄干地蔵。

f0032011_20004351.jpg

9.梅満開。
何処に何があるのか分からないんで、標識の示すままに行ったら梅園がありました。

f0032011_20004475.jpg

10.ひっそりと咲く。
自分の中で、梅はもう終わっておりますので、イマイチ撮る気が起こりません。

f0032011_20114670.jpg

11.足元の黄色。
咲き誇る梅の下には黄色い水仙が沢山咲いておりました。

f0032011_20085464.jpg

12.お目当ての!。
広い境内を歩き回って、ようやくお目当ての大寒桜とご対面~!

f0032011_20085517.jpg

13.ピンクのカーテン。

f0032011_20085437.jpg

14.満開!。
丁度満開の様で見事な咲きっぷりですが、お天気が・・・・・。
快晴でしたら、青空とこのピンクの花が綺麗だったんでしょうね~。

f0032011_20171861.jpg

15.モコモコの桜色。

f0032011_20085436.jpg

16.春待ち遠しく。
早く京都の桜も咲いて欲しいところです。

f0032011_20085555.jpg

17.下山。
大寒桜、堪能しましたので麓まで下りて行きます。

f0032011_20085527.jpg

18.紫式部。
石山寺は紫式部縁の地でもあります。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-27 20:50 | 虫&花 | Trackback | Comments(2)

近江鉄道撮り歩き~! 其の七

長々続いてきました近江鉄道撮り歩きシリーズ、本日ラストです。
f0032011_20002886.jpg

1.三階屋上。
雪で一面真っ白。

f0032011_20002713.jpg

2.聖地の中心部。

f0032011_20002878.jpg

3.アニメのあの場所が。
軽音部の部室がその間まんま再現されてます。

f0032011_20002875.jpg

4.放課後ティータイム。

f0032011_20002670.jpg

5.あのラジカセも。
パート切り替えの時に出るラジカセもあります。

f0032011_20002617.jpg

6.欲しい!。
劇中で歌われてる歌のバンドスコアがあるんですね。

f0032011_20002622.jpg

7.誰が作った?。
最初見た時はこんな映画出来るのかと思いましたよ!よく見たらね、日付もエイプリルフールやし(^◇^)

f0032011_20002815.jpg

8.日本以外でも。
ファンの為のメッセージボード、所々ハングルも見られて、日本以外でも人気があるんですね。

f0032011_20002726.jpg

9.講堂。
豊郷小学校の建物の中で、ひときわ立派なのがこの講堂。

f0032011_20002757.jpg

10.平じゃないんです。
この講堂、床が平らではなく、ちゃんとスロープになっていて、
後ろの人もちゃんと前が見える様に作られてるんですからビックリです。

f0032011_20080535.jpg

11.観覧席。
二階には観覧席まであるんですから、更にビックリです!

f0032011_20080724.jpg

12.白い多面空間。

f0032011_20080568.jpg

13.荒ら屋。
学校を後にして、駅へ向かいます。

f0032011_20080548.jpg

14.雪兎。

f0032011_20080604.jpg

15.凸・凸・凸。
彦根駅には近江鉄道の操車場があって、古い凸型の機関車などが並んでおります。

f0032011_20080648.jpg

16.やってしまった~!!!
彦根駅ではJRとの乗り換えの都合で10分以上停車するんですが、
暖かい車内でボケ~~~としていたら知らぬ間に転た寝を・・・・。
本当は次の鳥居本で降りて、最後の撮影をするつもりやったんですが、気が付けば既に通り過ぎてしまっておりました・・・・・(汗

f0032011_20080640.jpg

17.白銀のボディー。
戻るには次の電車が来るまで一時間待たないと行けないので、諦めてそのまま終点の米原まで行く事に。
JRの米原駅に泊まっていた白銀のEF510、
珍しいので調べたら、以前寝台特急カシオペアを引っ張っていた機関車だったようですね。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-08 19:37 | その他あちこち | Trackback | Comments(6)

近江鉄道撮り歩き~! 其の六

近江鉄道撮り歩きシリーズも残りわずかです、お付き合いください。
八日市から次に向かったのは、豊郷で聖地巡礼です。
f0032011_20334093.jpg

1.雪原の車窓。
この辺りが一番雪が降ったみたいですね、沢山残ってました。

f0032011_20334066.jpg

2.バイバイ赤電。

f0032011_20334055.jpg

3.鉄道娘。
フェスって、そんなに人気があるの?この子。

f0032011_20333818.jpg

4.未だ健在。
唯ちゃんの飛び出し看板。

f0032011_20334190.jpg

5.こんな所にもけいおん!。

f0032011_20333828.jpg

6.ぶら下がるものと、垂れ下がるもの。

f0032011_20333897.jpg

7.お宝。

f0032011_20333919.jpg

8.旧豊郷小学校。
聖地に到着~!

f0032011_20333945.jpg

9.立派な建物。
ヴォーリスが設計した小学校で、アニメの「けいおん!」の主人公達が通う高校のモデルとして使われたのがきっかけに、
一躍有名となったこの学校。

f0032011_20333986.jpg

10.強者。
来ると必ず1台はある痛車、今回は「クロムクロ」ですか~。
ナンバー見たら、なんと所沢からはるばる来てるみたいです。

f0032011_20384085.jpg

11.古川哲治郎さん。
丸紅商店で財を成し、生まれ故郷の豊郷にこの小学校などを寄付された方。

f0032011_20383821.jpg

12.よ~いどんっ!!!。
階段の手摺りに飾られてるウサギとカメのブロンズ。
童話の「ウサギとカメ」を題材に、物語の場面が描かれております。

f0032011_20383954.jpg

13.亀の勝ち~!
一階と二階の踊り場に油断して居眠りするウサギ、途中に一歩ずつ進む亀の姿が。

f0032011_20383955.jpg

14.静寂の廊下。

f0032011_20383919.jpg

15.思い出の大作。

f0032011_20383949.jpg

16.学び舎。
当時からこんな机使っていたのかな?





ポチッとお願いします


by dejikaji | 2017-02-07 19:32 | その他あちこち | Trackback | Comments(4)

近江鉄道撮り歩き~! 其の五

近江鉄道撮り歩きの続きです。
しつこいですが、これしか出せるネタがございませんので、お付き合いください(汗
f0032011_20231883.jpg

1.
老舗。

f0032011_20231963.jpg

2.冷たい店。
八日市駅周辺にある飲み屋街、半分以上が潰れている閑散とした所ですが、
この場末感がお気に入りの場所となってます。

f0032011_20231850.jpg

3.歪んだ看板。
火事があったんでしょうか?熱で歪んだ看板が。

f0032011_20231740.jpg

4.赤い扉。

f0032011_20231704.jpg

5.お肉屋さん。

f0032011_20231745.jpg

6.名も無き店。
外された看板と、ボロボロの庇のカバーが♪

f0032011_20231908.jpg

7.You know?。

f0032011_20231832.jpg

8.ほったらかし。
空き店舗が並ぶ商店街の裏道、誰も雪掻きしないからご覧の状態。

f0032011_20231926.jpg

9.昭和屋ね~。

f0032011_20231942.jpg

10.使えない・・・・。
駅前のベンチのご覧の有様。

f0032011_20273315.jpg

11.身動き取れず。

f0032011_20273368.jpg

12.村長さんのお屋敷。

f0032011_20273312.jpg

13.踏みしめて。

f0032011_20273283.jpg

14.持ち込みOK~!。
自転車持ち込みが出来る近江鉄道、乗る旅に折り畳みが欲しくなるんですよね~。
自転車があれば一時間に一本のダイヤでも動きやすいですしね。

f0032011_20273271.jpg

15.赤電。
次の駅へ向かう電車待ってましたら、見た事の無い色の電車が入って来ました。
調べましたら、近江鉄道創立129周年の記念で 1960 年代から 1980 年代まで走っていたこの色の電車が復刻したようです。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-05 19:08 | その他あちこち | Trackback | Comments(3)

近江鉄道撮り歩き~! 其の四

近江鉄道撮り歩きの続きです。
日野から次に向かいましたのは八日市です。
f0032011_21132054.jpg

1.隣の乗客。

f0032011_21131746.jpg

2.新八日市駅。

f0032011_21131834.jpg

3.誰も居ない改札。

f0032011_21131823.jpg

4.萌黄の駅舎。

f0032011_21131940.jpg

5.電電公社。

f0032011_21131860.jpg

6.店先のポスト。

f0032011_21131965.jpg

7.提灯屋。

f0032011_21131991.jpg

8.タバコ屋と公衆電話。

f0032011_21132095.jpg

9.表具屋さん。

f0032011_21132026.jpg

10.ずり落ちて。

f0032011_21165485.jpg

11.軒下はご注意!。

f0032011_21165411.jpg

12.路地裏の祠。

f0032011_21165489.jpg

13.剥げ落ちる。

f0032011_21165341.jpg

14.←です。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-03 19:32 | その他あちこち | Trackback | Comments(6)

近江鉄道撮り歩き~! 其の三

近江鉄道撮り歩きの続きです。
次の電車が来るまでに一時間ありますので、時間潰しに周辺をブラブラ散策です。
f0032011_20350931.jpg

1.2番線ホーム。
その気になれば、改札通らなくっても入れる緩さ。

f0032011_20351269.jpg

2.パトバス。

f0032011_20351185.jpg

3.紅殻格子と手漕ぎポンプ。
古い大きなお屋敷が結構残ってます。

f0032011_20351010.jpg

4.レゲエな大根。
葉っぱがドレッドヘアーに見えません?(^◇^)

f0032011_20351033.jpg

5.滴り凍る。

f0032011_20351110.jpg

6.煙突。
ひょっこり伸びる赤煉瓦の煙突が、似合ってる様な似合ってない様な。

f0032011_20350987.jpg

7.ゾウさん。
凍結防止の防寒仕様。

f0032011_20351158.jpg

8.危険な足元。
日陰の道は、つんつるてん。
f0032011_20351296.jpg

9.鉢巻き巻いて。

f0032011_20351097.jpg

10.露天風呂。

f0032011_20385491.jpg

11.逃したら大変!。
田舎暮らしは大変です。

f0032011_20385584.jpg

12.下り線が来たら。

f0032011_20385436.jpg

13.上り線がやって来る。
擦れ違い駅であるこちら、下りが来たら、上りもやって来ます。
さて、次は何処へ向かいましょ~♪





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-02 19:34 | その他あちこち | Trackback | Comments(4)

近江鉄道撮り歩き~! 其の二

近江鉄道撮り歩きの続きです。
この日一番の目的である、日野駅へ向かいました。
f0032011_21244642.jpg

1.到着~!。

f0032011_21244459.jpg

2.日野駅。
この字体が何とも素朴でええです。

f0032011_21244464.jpg

3.名残雪とベンチ。

f0032011_21244318.jpg

4.築100年の駅。
大正5年に建てられ築100年と言う、数少ない木造駅舎です。

f0032011_21244518.jpg

5.駅正面。

f0032011_21244430.jpg

6.建て替える?!
ここへ来たのは、この古い駅舎が建て替えられると言うのを知りまして、慌てて出向いた訳です。
既に駅舎の横に仮設の出入り口を建てる為の工事が始まっておりました。
なんとかこの駅舎を残せないかと地元も「クラウドファンディングで募金」を募ってるみたいです。

f0032011_21244549.jpg

7.メインストリート。
駅前の光景。

f0032011_21244688.jpg

8.広がる畑。
駅裏は一面の畑。

f0032011_21244506.jpg

9.周辺散策。
見納めとなる日野駅を撮った後は周辺を散策。
と言うのも、ローカル線の悲しき現状、ダイヤが一時間に一本しかないから、ブラブラしないと時間が潰せません(笑

f0032011_21244684.jpg

10.消防信号。
ただ闇雲に鳴らすだけやなくって、色々種類があるんですね。

f0032011_21330720.jpg

11.田舎の現状。

f0032011_21330697.jpg

12.一歩入れば。
表通りには雪は殆どないんですが、一歩路地に入ればご覧の状態。
ホンマによく降ったんですね~、京都では全然降らなかったんですがね。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-01 19:34 | その他あちこち | Trackback | Comments(3)