デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:建物 ( 227 ) タグの人気記事

長谷宗円生家

正寿寺の次の目的地に向かうまでに少し時間があったので、近くにあるこちらを訪れました。
f0032011_21582892.jpg

1.紫陽花に包まれて。
着いてビックリ!まだ紫陽花が綺麗に咲いておりました。

f0032011_21580458.jpg

2.石段を登って行くと。

f0032011_21472324.jpg

3.茅葺きの小さな家。
ええ感じに苔生した茅葺きの家が。

f0032011_21472304.jpg

4.煎茶発祥の地。
元文3年(1738年)宇治田原湯屋谷で製茶をしていた永谷宗七郎(後に宗円と名乗る)は煎茶の製法を確立。
江戸に持ち込んだところ、茶商の山本嘉兵衛(現在の山本山)の目にとまり、一躍大評判となった。
そして、その子孫が後に永谷園の創業者になります。

f0032011_21472408.jpg

5.軒下の紫陽花。

f0032011_21472329.jpg

6.ゲロゲロ親子。

f0032011_21472268.jpg

7.焙炉(ほいろ)。
宗円が使っていた煎茶製造の焙炉跡、内部は土日に一般公開されてます(無料)。

f0032011_21472314.jpg

8.大きなヤカン。

f0032011_21472380.jpg

9.揉捻。
製茶の工程の一つ。

f0032011_21472548.jpg

10.小さな屋根。
実際の生家はもっと大きかったんですが、老朽化で焙炉の保存の為に今の建物が建てられたそうです。

f0032011_22062913.jpg

11.小玉な紫陽花。

f0032011_22062871.jpg

12.木漏れ日で。
墨田の花火でしょうか、木漏れ日を浴びて綺麗でした♪

f0032011_22062940.jpg

13.杉木立に。

f0032011_22062801.jpg

14.大事に育てられ。
まだ若い紫陽花でしたが、地元のボランティアのお母さん達が大事に育てられているので、
これからがちょっと楽しみになりそうな感じでした。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-07-20 19:04 | 建物 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖疎水 第10号橋

栗原邸の北側にある琵琶湖疎水を。
f0032011_21294991.jpg

1.新緑の疎水。

f0032011_21294815.jpg

2.通称「黒岩橋」。
栗原邸の目と鼻の先にありますこの橋、日本最初の本格的な鉄筋コンクリート橋だそうです。

f0032011_21294887.jpg

3.小さな橋。

f0032011_21294617.jpg

4.名を刻む。

f0032011_21294986.jpg

5.第二トンネル。
扁額に書かれた文の意味がサッパリ分からない。

f0032011_21294900.jpg

6.縦書きなんかい!。
↑の第二トンネルの扁額の文字。
説明の看板があったんですが、まさかの縦書きだったのには驚きました!

f0032011_21294744.jpg

7.橋とトンネル。

f0032011_21294771.jpg

8.とうとうと流れる。
予定ではもうちょっと色々撮るつもりでしたが、疎水沿いのフラットダート走るのが思いのほか楽しくって、
気が付けば次の目的地に着いてしまいました(汗




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-06-06 19:34 | 建物 | Trackback

栗原邸一般公開 其の三

栗原邸一般公開の続きです。
f0032011_20215474.jpg

1.二階。

f0032011_20215757.jpg

2.踊れる踊り場。
一部屋出来るくらいの広さがあります。

f0032011_20215594.jpg

3.サンルーム。
玄関ポーチの上はこんな風になってます。

f0032011_20215684.jpg

4.語らう。

f0032011_20215545.jpg

5.螺旋空間。
家の階段とは大違いの作り(笑

f0032011_20215580.jpg

6.屋上。

f0032011_20343061.jpg

7.旅支度。
大きなトランク、この時代やったら船旅だったんでしょうかね?

f0032011_20254337.jpg

8.思い出を詰め込んで。

f0032011_20215653.jpg

9.広いお部屋。

f0032011_20215510.jpg

10.新緑の窓辺。

f0032011_20273606.jpg

11.暖炉。
サンタが降りてこられるほどの広さはございません。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-06-05 19:58 | 建物 | Trackback | Comments(2)

栗原邸一般公開 其の二

栗原邸一般公開の続きです。
f0032011_21230063.jpg

1.食堂。

f0032011_21230146.jpg

2.絵が飾れる部屋。

f0032011_21230048.jpg

3.ろうけつ染めの襖絵。

f0032011_21230189.jpg

4.テナガエビ。

f0032011_21230058.jpg

5.今は物置。
当時は主の作業部屋だったそうです。

f0032011_21230153.jpg

6.老朽化。

f0032011_21230237.jpg

7.真空管ラジオ。

f0032011_21230099.jpg

8.台所。
戦後、進駐軍に接収されていた時に、ペンキで白く塗られてしまったそうです。

f0032011_21230270.jpg

9.お茶でもいかが?。

f0032011_21225901.jpg

10.勝手口のお地蔵様。

f0032011_21271344.jpg

11.当時は五右衛門風呂。

f0032011_21271356.jpg

12.光溢れる階段。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-06-04 17:54 | 建物 | Trackback | Comments(3)

栗原邸一般公開 其の一

5月21日、去年も行きました山科にあります「栗原邸」の一般公開に行って来ました。

この建物は、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)校長を務めた染色家の鶴巻鶴一の邸宅として1929年に建設されたもので、
当時最先端の工法「中村式鉄筋コンクリート建築」による特殊なコンクリートブロックで建てられた、合理性を追及したモダニズム建築です。
f0032011_20312381.jpg

1.日暈(ひがさ)の空。

f0032011_20283370.jpg

2.門のある家。

f0032011_20410933.jpg

3.有形文化財。

f0032011_20283375.jpg

4.玄関ポーチ。
この建物の一番の特徴である玄関。

f0032011_20283238.jpg

5.コンクリート建築の佇まい。

f0032011_20283477.jpg

6.応接間。

f0032011_20283106.jpg

7.星の照明。
照明もオーダーメイドなんでしょうね~。

f0032011_20283184.jpg

8.灰皿のカメレオン。

f0032011_20283205.jpg

9.セントラルヒーティング。
この時代のお屋敷の必須アイテムですね。

f0032011_21192232.jpg

10.唐獅子。
この家の主である鶴巻氏自ら描かれた唐獅子の襖絵。

f0032011_20283272.jpg

11.裏事情。

f0032011_20332497.jpg

12.金庫。
どんな物が入っていたんでしょ?

f0032011_20332544.jpg

13.二階へ。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-06-02 20:09 | 建物 | Trackback | Comments(3)

桜便り2017 京北町の桜巡り@旧宇津小学校の桜

玉林寺から次の目的地へ向かう途中、又桜が咲いてる所を見付けて覗いてきました。
小高い丘の上に建つ旧宇津小学校跡です。
f0032011_19361340.jpg

1.校門桜。
長い石段を登った所にある学校。

f0032011_19361113.jpg

2.名無しの門。
学校の名前が書かれた表札が取られてしまってます。

f0032011_19361368.jpg

3.恩師に捧げる。

f0032011_19361258.jpg

4.体育館。
なかなか趣のある体育館です。

f0032011_19361348.jpg

5.造基の桜。
どう言う謂われがあるんでしょうかね?。

f0032011_19361212.jpg

6.静かなグランド。
静寂の中、桜だけが満開に咲いてました。

f0032011_19361206.jpg

7.止まった時。
時計は比較的新しいんですが、止まってます。

f0032011_19361149.jpg

8.用具倉庫。
学校で使われていた色々な用具がそのまま残ってます。

f0032011_19361213.jpg

9.一輪車。
宇津小学校は平成16年に閉校し、周山、細野小学校と統合され京北第一小学校となったそうです。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-21 19:31 | 虫&花 | Trackback | Comments(2)

桜便り2017 雨の日桜巡り@京都府庁

8日、本法寺から次に向かいましたのは、京都府庁の中庭の桜です。
例年ですと、桜の開花時期に合わせて「観桜祭」が行われて賑わうんですが、
今年は開花が遅れたので、観桜祭が終わってから見頃になってので、人が少ない中楽しめました♪
f0032011_19533562.jpg

1.アーチの向こう。
守衛さんに桜の見学を申し出て、庁内へ入ります。

f0032011_19533368.jpg

2.祇園枝垂れ桜。
円山公園にあった初代の「祇園枝垂桜」の孫にあたる桜。

f0032011_19533452.jpg

3.容保桜。
山桜が変異したもので、山桜の遺伝子を持ちながら大島桜系の花の要素も出ているそうです。
名前の由来は、京都府庁の敷地にはかつて京都守護職上屋敷があったことから、
当時の守護職であった、會津藩主 松平容保の名を取って「容保桜」(かたもりざくら)と命名されました。

f0032011_19533432.jpg

4.雨空に咲く。

f0032011_19533557.jpg

5.エントランス。
旧府庁本館の建物へ。

f0032011_19533314.jpg

6.窓向こうの枝垂れ桜。

f0032011_19533300.jpg

7.静かな建物。
観桜祭期間中は色々な催し物が行われて賑やかなんですが、終わったので静かな物です。

f0032011_19533388.jpg

8.明治の眺め。
明治37年に竣工、創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のものです。

f0032011_19533487.jpg

9.威風堂々。
貫禄の姿です。

f0032011_19533435.jpg

10.桜雨。

f0032011_20030610.jpg

11.避雷針と枝垂れ。。
青空で撮りたかったな~・・・・(涙

f0032011_20030676.jpg

12.桜三種。
右から容保桜、大島桜、奥が祇園枝垂桜。

f0032011_20030539.jpg

13.満開。
庭の隅にある紅枝垂れ桜、ここ数年祇園枝垂れを圧倒する花付きで魅せてくれます。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-13 19:23 | 虫&花 | Trackback | Comments(3)

木島櫻谷旧邸の特別公開 其の三

木島櫻谷旧邸の特別公開の続きです。
ラストは台所です。
f0032011_20053845.jpg

1.暗い細道。

f0032011_20053765.jpg

2.新旧居並ぶ。
新しいと言っても、既にナショナル自体が古いですがね(笑

f0032011_20053781.jpg

3.常に綺麗に。
ブリキのちり取りがええですね。

f0032011_20053801.jpg

4.台所。

f0032011_20053709.jpg

5.お竈さん。

f0032011_20053846.jpg

6.一家に一枚。
ここにも愛宕さんの火除けのお札が。

f0032011_20053992.jpg

7.大阪ガス。
湯沸器でしょうね。

f0032011_20053976.jpg

8.怪しい瓶達。
どう見ても調味料などの瓶には見えない物が。

f0032011_20054004.jpg

9.60年以上経つと。
写真では見えませんが、底に炭の様な黒い物体が入っていました。

f0032011_20383114.jpg

10.赤玉ポートワイン。

f0032011_20053879.jpg

11.二大名横綱。
湯飲みに描かれた大鵬柏戸の顔。

f0032011_20125396.jpg

12.可愛い布袋様。

f0032011_20125309.jpg

13.鳴らない呼び鈴。

f0032011_20442237.jpg

14.おまけ。
一通り見終わって帰ろうとしましたら、係の方が竹藪で面白い物が見れるよと呼び止められてみて見ますと、
なんと!竹の花が咲いておりました。
竹ってご存じの様にタケノコの地下茎で繁殖するので、花なんて咲かないと思ってましたが、こんなのが咲くんですね~!
で、帰って調べましたら、竹の種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期で花を付けるそうです。
そして、親竹の寿命が来ると、若い竹も古い竹も関係なく、竹やぶ全体が花を咲かせて枯れてしまうそうです。
面白いものを見せてもらいました。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-18 19:28 | 建物 | Trackback | Comments(3)

木島櫻谷旧邸の特別公開 其の二

木島櫻谷旧邸の一般公開の続きです。
一階から、今日は二階で展示されてる品々を。
f0032011_20035227.jpg

1.木島家の人形達。
今回の展示は、木島家にある雛人形などです。

f0032011_20035211.jpg

2.三段飾り。

f0032011_20035318.jpg

3.有職雛。

f0032011_20035284.jpg

4.にっこり。
なんとも可愛らしいお顔のお雛様。

f0032011_20035275.jpg

5.夢二人形。

f0032011_20035183.jpg

6.モダンガール。

f0032011_20035199.jpg

7.オカッパ。

f0032011_20035137.jpg

8.乾杯~!。

f0032011_20035016.jpg

9.座して語らう。

f0032011_20035373.jpg

10.羽子板。

f0032011_20060033.jpg

11.花嫁衣装。

f0032011_20060088.jpg

12.オンリーワン。
櫻谷自身が孫の為に図柄を描いた花嫁衣装。

f0032011_20060027.jpg

13.明かり海月。
渋いデザインの笠です。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-16 19:37 | 建物 | Trackback

木島櫻谷旧邸の特別公開 其の一

5日、洛星高校の向かいにあります、木島櫻谷旧邸の一般公開に行って来ました。
まずは一階から。
f0032011_19590283.jpg

1.久しぶりの訪問。
前回訪れてからから3年ぶりでしょうか?

f0032011_19590202.jpg

2.電話番号表札。
まだ各家庭に電話が無かった頃の名残。

f0032011_19590261.jpg

3.床の間。

f0032011_19590279.jpg

4.主の居場所。
開場15分前に着いたんですが、係の方が気を利かせてくださって入らしてもらえたおかげで、
暫し貸し切りで楽しませてもらえました♪

f0032011_19590108.jpg

5.紫煙を燻らす。
煙管で吸う煙草って、どんなもんなんでしょうかね?

f0032011_19590189.jpg

6.主にご挨拶。
この方が木島櫻谷(このしまおうこく)。
明治時代から昭和初期にかけて京都画壇で活躍した画家で、四条派の伝統を受け継いだ技巧的な写生力と情趣ある画風で、
「大正の呉春」「最後の四条派」と称された画家。

f0032011_19590106.jpg

7.雪見の廊下。

f0032011_19590212.jpg

8.思い出の品々。
家に残されている、色々な物が展示されております。

f0032011_19590137.jpg

9.童謡かるた。

f0032011_20062340.jpg

10.めんこ。
子供や孫の為に買ったおもちゃ。

f0032011_20062484.jpg

11.奥様の忘れ形見。

f0032011_20062374.jpg

12.テレビで見た事ある。
高級品であったシンガーミシン。

f0032011_20062438.jpg

13.思い出の品々・弐。
物持ちのいい方だったんでしょうか、どれも皆綺麗な状態で残ってます。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-14 19:35 | 建物 | Trackback | Comments(2)