デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:観光地 ( 457 ) タグの人気記事

5Linksでgo~! 飛鳥巡り・其の一(甘樫丘 酒船石 石舞台古墳 亀石)

ゴールデンウィーク前半最終日の4/30、5Linksで奈良の飛鳥をブラブラ巡ってきました。
時系列順ではございませんが、甘樫丘・酒船石・石舞台古墳・亀石の巡で送ります。
f0032011_16521345.jpg

1.橿原神宮駅前。
約7・8年ぶりぐらいとなる飛鳥巡り、愛車の5Linksを記念撮影。

f0032011_16521458.jpg

2.小さなお堂のバス停。
田舎って感じやね。

f0032011_16521424.jpg

3.見守り続けて。

f0032011_16521483.jpg

4.息を切らして。
甘樫丘の展望台を目指して、坂道を登って行きます。

f0032011_16521215.jpg

5.変わる町並み、変わらぬ眺め。
かつて眼下に都があったと思いを馳せながら眺めれば、ロマンを感じます。

f0032011_16521417.jpg

6.飛鳥京。

f0032011_16521527.jpg

7.寛ぎの場。
朝の散歩コースで登ってこられる方もちらほら。

f0032011_16521210.jpg

8.語らう時間。

f0032011_16521304.jpg

9.眩しく萌える。
新緑が眩しいです。

f0032011_16521392.jpg

10.ほったらかし。
酒船石、行って見てビックリ!
柵も何も無く、そのままの状態で置かれていました。

f0032011_16550889.jpg

11.謎の遺構。
大きな石に皿状の窪みと溝、なんの為に作られたものかはっきりと分かっていないようですが、
アニオタとしては、古代文明の回路図の様で、超兵器が目覚めそうな感じで面白いです。

f0032011_16550607.jpg

12.緑の丘に。

f0032011_16550685.jpg

13.石舞台。
7世紀初め頃に造られた我が国最大の方墳で、被葬者は明らかではありませんが、
7世紀初頭の権力者で、大化の改新で滅ぼされた蘇我入鹿の祖父でもある蘇我馬子の墓ではないかといわれています。

f0032011_16550746.jpg

14.タイムトンネル。
中にも入れるみたいです。

f0032011_16550771.jpg

15.ひんやり。
初日だったこの日でも、中はひんやりと涼しかったです。

f0032011_16550768.jpg

16.巨岩の遺構。
30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トンとかなりの重量で圧巻の光景。

f0032011_16550863.jpg

17.人それぞれ。
石舞台見て、ただのデッカイ石っころと思う人、当時の土建技術の凄さや、埋葬された人などのロマンに思いを馳せる人と、
それぞれ楽しんでおりました。

f0032011_16550814.jpg

18.可愛い奴。
亀石と呼ばれてる大岩。
こちらも柵はあるものの、これだけポツンと置かれていて、なんの為に作られたのは分からないそうです。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-05-07 18:54 | その他あちこち | Trackback | Comments(4)

御所の白木蓮と桃の花

御所で糸桜撮った後、丁度見頃を迎えておりました白木蓮と桃の花を撮りました。
f0032011_19542463.jpg

1.快晴の空の下。
やはりこの花は青空の下が好いですね♪

f0032011_19542566.jpg

2.満開。

f0032011_19542488.jpg

3.純白ドレス。

f0032011_19542525.jpg

4.PL全開。
バキバキの青空(笑

f0032011_19542576.jpg

5.天使の羽根が舞う。

f0032011_19542449.jpg

6.ペロンと。

f0032011_19542420.jpg

7.乱舞。

f0032011_19542509.jpg

8.フワフワの春。

f0032011_19575308.jpg

9.桃林。
「とうりん」って読むんですかね?言い慣れない言葉なんで変な感じです。

f0032011_19575200.jpg

10.梅と桜の間で。
綺麗な花なんですが、イマイチ目立たない花ですよね~。

f0032011_19575303.jpg

11.紅白。

f0032011_19575325.jpg

12.紅紅。

f0032011_19575441.jpg

13.朝のお散歩。
糸桜と違い、ここはのんびりムード。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-06 19:59 | 虫&花 | Trackback | Comments(3)

桜便り2017 糸桜@御所近衛邸跡・其の二

御所の糸桜の続きです。
出水での日の出の糸桜を早々に切り上げて、再び近衛邸跡へ。
f0032011_20401391.jpg

1.間に合った~!
近衛邸の方が背後の木々が高いので、日が差し込むのが遅いんです。

f0032011_20401093.jpg

2.伸び枝垂れる。
夜明け前に着いた時に既に木の下で延々と撮っていたカメラマンが居たんですが、
撮りに来られた写友の方が一声掛けて退いてもらって無人での撮影が出来ました!
ありがとうございました。

f0032011_20401152.jpg

3.照らし始める。
糸桜に朝日が当たり始めて来ました。

f0032011_20401215.jpg

4.枝垂れ姿。

f0032011_20401108.jpg

5.顔を出す。
さ~~て、ここから短いショータイムの始まりです。

f0032011_20401103.jpg

6.目覚める桜。

f0032011_20401205.jpg

7.花飾り。
雅でございますな~♪

f0032011_20401221.jpg

8.朝日に染まる。

f0032011_20401243.jpg

9.朝桜のコントラスト。
光と影が作り出す幻想的な光景。

f0032011_20401349.jpg

10.幽玄なひととき。
こう言うシーンに出会えると、頑張って早起きした甲斐があると言うものです。

f0032011_20452564.jpg

11.パステルカラー。

f0032011_20452573.jpg

12.ショータイム終了~!。
気が付けば人が増えて来たので、ここらで撤収です。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-05 19:09 | 虫&花 | Trackback | Comments(2)

桜便り2017 糸桜@御所出水

太陽が姿現す前に、近衛邸跡の撮影は一旦お休みして、もう一個所糸桜がある出水の様子を見に行って来ました。
f0032011_21261728.jpg

1.一本の春色。
まだカメラマンも数えるほどでした。

f0032011_21261721.jpg

2.春色濃く。
7分くらいは咲いてますが、花が完全に開いてないので、白ではなくピンク色に見えます。

f0032011_21261845.jpg

3.朝日が差し込む。
いよいよ太陽が顔を出してきました!

f0032011_21261905.jpg

4.浮かび上がる姿。
糸桜の色が浮かび上がってきました。

f0032011_21261818.jpg

5.覗く朝日。

f0032011_21261875.jpg

6.黄金色と桜色。
朝日に照らされて黄金色の光に糸桜の姿も際立ってきます♪

f0032011_21261915.jpg

7.朝日を抱いて。

f0032011_21261790.jpg

8.見頃まで後僅か。
密度のある所だけ撮るとそれなりに見えますが、引きで撮るとまだまだですね。

f0032011_19335875.jpg

9.枝垂れヴェール。

f0032011_21395655.jpg

10.開けよ開け~!
こちらも昨日今日の温かさで、完全に満開になってるでしょうね。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-04 19:34 | 虫&花 | Trackback | Comments(4)

桜便り2017 糸桜@御所近衛邸跡・其の一

遅れに遅れていた京都の桜、ようやく枝垂れ桜が見頃をむかえ始めたので、
2日の日曜日に、朝一番に向かいましたのは御所の近衛邸にある糸桜です。
f0032011_22290700.jpg

1.夜明け前。
5:30に到着~!既にカメラマンが数人おりました。

f0032011_22290751.jpg

2.待ってた姿。
遅れる事約一週間、ようやく見頃を迎えました。

f0032011_22291091.jpg

3.五摂家の一つ。

f0032011_22290853.jpg

4.池の畔に。

f0032011_22290800.jpg

5.目覚める空。
東の空が赤くなって来ました。

f0032011_22290880.jpg

6.小径の糸桜。

f0032011_22290923.jpg

7.桜のカーテン。
ええ眺めです♪

f0032011_22290929.jpg

8.覆い被さる。

f0032011_22290935.jpg

9.御所の桜。

f0032011_22291020.jpg

10.こちらはあと少し。
花が完全に開ききっていないのでちょとボリュームが足りません。

f0032011_22333391.jpg

11.桜シャワー。
朝シャンです(笑

f0032011_22333407.jpg

12.白糸の滝。
なんとも優雅な姿です。

f0032011_22333215.jpg

13.うねる幹。

f0032011_22333353.jpg

14.水面に手を伸ばす。

f0032011_22333308.jpg

15.可憐な花。
今日も暖かかったんで、御所の糸桜は見頃迎えてるでしょうね。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-04-02 23:00 | 虫&花 | Trackback | Comments(1)

京都鉄道博物館 其の三

京都鉄道博物館の続きで、本日ラストです。
f0032011_19555670.jpg

1.トワイライトエクスプレス。
ついこないだ引退したばかりのトワイライトエクスプレス。
f0032011_19543952.jpg

2.50回記念。
京の冬の旅50回記念特別ヘッドマーク。

f0032011_19543813.jpg

3.新緑の特別列車。

f0032011_19544016.jpg

4.走るスイートルーム。
トワイライトエクスプレスで一番人気があり、かつ寝台券の予約や切符の確保がしにくいのが、
この「A個室寝台2人用個室:スイート」です。

f0032011_19543747.jpg

5.ダイナープレヤデス。
トワイライトエクスプレスの食堂車、ディナータイムでは、フランス料理のフルコースを楽しむ事が出来たそうです。

f0032011_19543889.jpg

6.お支払い。
食事は別料金なんでしょうか?

f0032011_19543988.jpg

7.電気機関車と言えば。
このEF-65が馴染みのある車体ではないでしょうか?

f0032011_19543982.jpg

8.気を付けて。
運転席のドアに貼られた注意書き、絵がなんとも昭和です。

f0032011_19543995.jpg

9.ブルートレイン。
一度も乗る事無くなくなってしまいました。

f0032011_19543859.jpg

10.大パノラマ。
鉄道ジオラマ、運行時は凄い人でいっぱいになります。

f0032011_19593992.jpg

11.パッチン!
硬券を改札で渡して、切符を切ってもらうのって、何年前までやってましたかな?

f0032011_19593947.jpg

12.発券機。
みどりの窓口で見た事がある機械。

f0032011_19594017.jpg

13.灰皿。
昔は客車に灰皿がありましたね~。

f0032011_19594168.jpg

14.スカイテラス。
ここからイエロー撮ってみたい。

f0032011_19594061.jpg

15.無数に伸びる。
このゴチャゴチャとした光景、ええな~♪

f0032011_19594048.jpg

16.スチーム号。
この日はC56でした。

f0032011_19593955.jpg

17.息巻く。
鉄道博物館になって、入場料が上がって気軽にSL撮りに行けなくなったのが残念。

f0032011_19594097.jpg

18.黒いダイヤ。





ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-03-30 19:46 | 観光地 | Trackback | Comments(0)

京都鉄道博物館 其の二 sanpo

京都鉄道博物館の続きです。
f0032011_19380007.jpg

1.富士山ヘッドマーク。

f0032011_19380052.jpg

2.EF-66。
電気機関車の中でこれ、EF-66が一番格好いいですね~♪

f0032011_19380025.jpg

3.こちらも。
DD51同様、こちらも下から見る事が出来るんですが、やはりシンプルな眺め。

f0032011_19380090.jpg

4.デカイ歯車。
仕事で歯車作ってるもんですから、こう言うのは真剣に見てしまいます。

f0032011_19380179.jpg

5.縁の下の力持ち。
保線の為の道具達。

f0032011_19380127.jpg

6.ガッチャン!。
ポイントの切り替えレバー、動かしてみたい。

f0032011_19380137.jpg

7.舞台付き。

f0032011_19380241.jpg

8.チョコレート色。
EF-51、この車体も独特の存在感がありますよね。

f0032011_19380141.jpg

9.信号。
色々種類があるもんです。
f0032011_19380239.jpg

10.尖ったお鼻。
100系新幹線。

f0032011_19415790.jpg

11.昭和の駅。
レトロな駅舎のセットなんかまであるんですね。

f0032011_19415731.jpg

12.駄菓子屋さん。

f0032011_19415661.jpg

13.ヤッターキング?。
キハ81系、日本初の特急形気動車。
ヤッターマンに出て来るヤッターキングによく似てる。

f0032011_19415782.jpg

14.JNR。
Japanese National Railways、日本国有鉄道。

f0032011_19415717.jpg

15.特急列車。
展示車両の中に入れないのが残念。





ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-03-28 20:33 | 観光地 | Trackback

京都鉄道博物館 其の一

随分ほったらかしにしていたネタを。
梅がまだ咲き始めたとある雨の日、近所にあるもののまだ一度も行った事がなかった、
京都鉄道博物館に行って来ました。
f0032011_17294472.jpg

1.賑やかになりました。
水族館が出来、鉄道博物館が出来、梅小路公園も賑やかになりました。
個人的には昔の静かな頃の方が良かったんですがね。

f0032011_17294454.jpg

2.雨でも盛況。
雨やから少しは空いてるかな?と思ったんですが甘かったですね、開館前から長蛇の列です。
当日券で見に行くにしても、事前にコンビニでチケット買った方が遙かに早く入れます。

f0032011_17294473.jpg

3.お出迎え。
入って直ぐ、新幹線の0系がお出迎え。

f0032011_17294477.jpg

4.食堂車。

f0032011_17294373.jpg

5.40年ぶりの再開。
子供の頃、田舎へ帰るのに山陰線を使っていたんですが、このDD54に当たるのが楽しみだったんですよね~。
今こうして見ると、凄くおもちゃみたいな感じですね(笑

f0032011_17294326.jpg

6.印象に残る。
ボディー横の廃熱口が凄く記憶に残ってます。

f0032011_17294346.jpg

7.トリオ。
メインの建物に入ると、目の前に飛び込んでくる3両。

f0032011_17294588.jpg

8.カッケ~♪。
実は500系生で見るのはこれが初めてなんです。
もう車両ってカテゴリーを越えたデザインですね、見とれちゃいます。

f0032011_17294246.jpg

9.お茶の水博士。
ロングノーズを魚眼で更に。

f0032011_17315795.jpg

10.押し出し感。
ボンネット型特急、これも強烈な個性した顔ですよね~。

f0032011_18250142.jpg

11.国の重要文化財。
国産初の量産型機関車、現存する最古の量産型国産蒸気機関車。

f0032011_18250045.jpg

12.KWAISYA。
「かいしゃ」ではなく、「くぁいしゃ」って言い方してたんですね、当時は。

f0032011_17315704.jpg

13.THE機関車!。
自分が一番好きである機関車はこれ、DD51。
ピカピカな姿がたまりません♪

f0032011_17315773.jpg

14.意外とシンプル。
なんと、DD51は車両下が通路になっていて、下から眺める事が出来るんですよね。
もっと色んな装置がぶら下がってゴチャゴチャしてるのかと思っていましたが、駆動系だけのシンプルな光景でした。

f0032011_17315735.jpg

15.質実剛健。
この前後対称の重量感ある姿が、何とも言えません。
今はDE10にバトンタッチして、殆ど見掛けなくなったのが残念です。

f0032011_17315613.jpg

16.メカニズム。
ディーゼルエンジンの仕組みの展示、子供の頃はサッパリ分からなかったのが、
今は思わず見入ってしまう様になりました。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-26 19:06 | 観光地 | Trackback

大原雪景色 其の八・里寸景

長々続けておりました大原の雪景色、本日ラストです。
最後は里の雪景色です。
f0032011_20484415.jpg

1.一人せっせと。

f0032011_20484516.jpg

2.シーズンオフ。

f0032011_21114693.jpg

3.山にそそり立つ。

f0032011_21160686.jpg

4.項垂れる。

f0032011_20484628.jpg

5.光浴びる雪山。

f0032011_20484634.jpg

6.ずり落ちる。

f0032011_20484631.jpg

7.食べれる事の有り難さ。

f0032011_20484720.jpg

8.枯れ紫陽花。

f0032011_20484783.jpg

9.レッツ、リンボー!!!

f0032011_20484772.jpg

10.雪椿。

f0032011_21144338.jpg

11.雪の大原。

f0032011_21144291.jpg

12.雪ダルマ。

f0032011_21144356.jpg

13.眠る畑。

f0032011_21144378.jpg

14.儚き雪景色。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-26 19:01 | 観光地 | Trackback | Comments(0)

大原雪景色 其の三・里寸景 sanpo

大原の里の雪景色の続きです。
お寺の雪景色も好いですが、里の雪景色も楽しいのです♪
f0032011_20222688.jpg

1.まだ灯る明かり。

f0032011_20222799.jpg

2.雪手水。
手水鉢も見事に雪でコーティング。

f0032011_20222742.jpg

3.雪吊りの松。

f0032011_20222658.jpg

4.重い~・・・・。
今年の大原、山茶花が殆ど散ってしまっていたのが残念でした。

f0032011_20222532.jpg

5.紫蘇の里。
大原と言えば、しば漬けですよね。

f0032011_20222776.jpg

6.轍の正体。
朝一番に見た轍の正体は新聞配達のバイクやったみたいです。

f0032011_20222764.jpg

7.走り抜けてく。
平均して足首くらいまで雪積もってる中、冬用タイヤ履いてるとは言え、
軽快に走ってく姿には感心してしまいました。

f0032011_20222578.jpg

8.表層雪崩。

f0032011_20222684.jpg

9.冬眠中。
トラクターも春が来るまでお休みです。

f0032011_20222590.jpg

10.華と雪。

f0032011_20271932.jpg

11.薄茜雲。
もっとドラマティックに染まって欲しかったな~。

f0032011_20271915.jpg

12.里の見守り地蔵。

f0032011_20271892.jpg

13.雪に渋赤。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-15 19:28 | 観光地 | Trackback | Comments(4)