デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:観光地 ( 450 ) タグの人気記事

京都鉄道博物館 其の一

随分ほったらかしにしていたネタを。
梅がまだ咲き始めたとある雨の日、近所にあるもののまだ一度も行った事がなかった、
京都鉄道博物館に行って来ました。
f0032011_17294472.jpg

1.賑やかになりました。
水族館が出来、鉄道博物館が出来、梅小路公園も賑やかになりました。
個人的には昔の静かな頃の方が良かったんですがね。

f0032011_17294454.jpg

2.雨でも盛況。
雨やから少しは空いてるかな?と思ったんですが甘かったですね、開館前から長蛇の列です。
当日券で見に行くにしても、事前にコンビニでチケット買った方が遙かに早く入れます。

f0032011_17294473.jpg

3.お出迎え。
入って直ぐ、新幹線の0系がお出迎え。

f0032011_17294477.jpg

4.食堂車。

f0032011_17294373.jpg

5.40年ぶりの再開。
子供の頃、田舎へ帰るのに山陰線を使っていたんですが、このDD54に当たるのが楽しみだったんですよね~。
今こうして見ると、凄くおもちゃみたいな感じですね(笑

f0032011_17294326.jpg

6.印象に残る。
ボディー横の廃熱口が凄く記憶に残ってます。

f0032011_17294346.jpg

7.トリオ。
メインの建物に入ると、目の前に飛び込んでくる3両。

f0032011_17294588.jpg

8.カッケ~♪。
実は500系生で見るのはこれが初めてなんです。
もう車両ってカテゴリーを越えたデザインですね、見とれちゃいます。

f0032011_17294246.jpg

9.お茶の水博士。
ロングノーズを魚眼で更に。

f0032011_17315795.jpg

10.押し出し感。
ボンネット型特急、これも強烈な個性した顔ですよね~。

f0032011_18250142.jpg

11.国の重要文化財。
国産初の量産型機関車、現存する最古の量産型国産蒸気機関車。

f0032011_18250045.jpg

12.KWAISYA。
「かいしゃ」ではなく、「くぁいしゃ」って言い方してたんですね、当時は。

f0032011_17315704.jpg

13.THE機関車!。
自分が一番好きである機関車はこれ、DD51。
ピカピカな姿がたまりません♪

f0032011_17315773.jpg

14.意外とシンプル。
なんと、DD51は車両下が通路になっていて、下から眺める事が出来るんですよね。
もっと色んな装置がぶら下がってゴチャゴチャしてるのかと思っていましたが、駆動系だけのシンプルな光景でした。

f0032011_17315735.jpg

15.質実剛健。
この前後対称の重量感ある姿が、何とも言えません。
今はDE10にバトンタッチして、殆ど見掛けなくなったのが残念です。

f0032011_17315613.jpg

16.メカニズム。
ディーゼルエンジンの仕組みの展示、子供の頃はサッパリ分からなかったのが、
今は思わず見入ってしまう様になりました。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-26 19:06 | 観光地 | Trackback

大原雪景色 其の八・里寸景

長々続けておりました大原の雪景色、本日ラストです。
最後は里の雪景色です。
f0032011_20484415.jpg

1.一人せっせと。

f0032011_20484516.jpg

2.シーズンオフ。

f0032011_21114693.jpg

3.山にそそり立つ。

f0032011_21160686.jpg

4.項垂れる。

f0032011_20484628.jpg

5.光浴びる雪山。

f0032011_20484634.jpg

6.ずり落ちる。

f0032011_20484631.jpg

7.食べれる事の有り難さ。

f0032011_20484720.jpg

8.枯れ紫陽花。

f0032011_20484783.jpg

9.レッツ、リンボー!!!

f0032011_20484772.jpg

10.雪椿。

f0032011_21144338.jpg

11.雪の大原。

f0032011_21144291.jpg

12.雪ダルマ。

f0032011_21144356.jpg

13.眠る畑。

f0032011_21144378.jpg

14.儚き雪景色。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-26 19:01 | 観光地 | Trackback | Comments(0)

大原雪景色 其の三・里寸景

大原の里の雪景色の続きです。
お寺の雪景色も好いですが、里の雪景色も楽しいのです♪
f0032011_20222688.jpg

1.まだ灯る明かり。

f0032011_20222799.jpg

2.雪手水。
手水鉢も見事に雪でコーティング。

f0032011_20222742.jpg

3.雪吊りの松。

f0032011_20222658.jpg

4.重い~・・・・。
今年の大原、山茶花が殆ど散ってしまっていたのが残念でした。

f0032011_20222532.jpg

5.紫蘇の里。
大原と言えば、しば漬けですよね。

f0032011_20222776.jpg

6.轍の正体。
朝一番に見た轍の正体は新聞配達のバイクやったみたいです。

f0032011_20222764.jpg

7.走り抜けてく。
平均して足首くらいまで雪積もってる中、冬用タイヤ履いてるとは言え、
軽快に走ってく姿には感心してしまいました。

f0032011_20222578.jpg

8.表層雪崩。

f0032011_20222684.jpg

9.冬眠中。
トラクターも春が来るまでお休みです。

f0032011_20222590.jpg

10.華と雪。

f0032011_20271932.jpg

11.薄茜雲。
もっとドラマティックに染まって欲しかったな~。

f0032011_20271915.jpg

12.里の見守り地蔵。

f0032011_20271892.jpg

13.雪に渋赤。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-02-15 19:28 | 観光地 | Trackback | Comments(4)

大原雪景色 其の一・里寸景

土曜日、待望の雪が久しぶりに降りました~!\(^o^)/
日の出前から動きでして選んだ場所は大原、自分好みのたっぷりな雪景色が迎えてくれました♪
お寺の開門まで時間があるので、大原の里の散策です。
f0032011_21311939.jpg

1.-4℃。
さすがに大原まで来ると、気温が市内とは違いますね。

f0032011_21311846.jpg

2.夜明け前の大原バス停。
朝6:30、空は薄っすら白み始めてます。

f0032011_21311804.jpg

3.始発。
屋根に積もった雪の量が。

f0032011_21311987.jpg

4.雪地蔵。

f0032011_21311926.jpg

5.お出迎え。
雪が積もると作られる雪像と鎌倉、今年も立派に作られてました。

f0032011_21312007.jpg

6.一番乗り~!?
一番乗りでバージンスノー歩けると思っていたら、既に先行者が。
なんとバイクで通ったみたいです!!!

f0032011_21312019.jpg

7.掃ききれません!
さすがにこの雪の量は箒では無理です(笑

f0032011_21311728.jpg

8.差し色。
見晴らし台までの途中にある柚子畑、モノトーンな世界にこの色は映えます。

f0032011_21311750.jpg

9.彷徨う雪ん子???。
誰かが作った雪ダルマに昨晩の雪がプラスして、何やら怪しい姿に。

f0032011_21311806.jpg

10.雪の大原の里。
一面真っ白けです。

f0032011_21360444.jpg

11.雪畑。

f0032011_21360389.jpg

12.水墨画の眺め。

f0032011_21360466.jpg

13.雪窓。
土産物屋さんなどはもちろん何処も開いてません。

f0032011_21360348.jpg

14.暖まりたい。
こう言う所で湯豆腐食べたら美味しいでしょうね~。

f0032011_21360383.jpg

15.佇む赤。

このシリーズ、当分続きますのでお付き合いください。





ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-02-13 19:31 | 観光地 | Trackback | Comments(5)

島原寸景 其の二

島原スナップの続きを。
f0032011_20133395.jpg

1.紅殻格子。
島原の名残の一つ。

f0032011_20133010.jpg

2.輪違屋。
日本で唯一太夫さんが居る置屋。

f0032011_20133147.jpg

3.家紋。

f0032011_20133128.jpg

4.閉ざされた世界。
こちらは一見さんの断りのお店、一度でいいから遊びに行ってみたいです。

f0032011_19314623.jpg

5.ゴミ屋敷。

f0032011_20153040.jpg

6.町家のカフェ。
残り少ない町家も、カフェなどで使われる様になって来てます。

f0032011_20133244.jpg

7.鍾馗さん。
何処の鍾馗さんか分かれば、島原マスター。

f0032011_20133105.jpg

8.二階建て。

f0032011_20133391.jpg

9.カフエー。
島原では初めて見付けたカフエーの鑑札。






ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-01-19 19:32 | 京都町中 | Trackback | Comments(0)

島原寸景 其の一

角屋さん撮った後、小雨降る中久しぶりに島原周辺をブラブラ撮り歩き。
f0032011_20093270.jpg

1.島原の名残。
当時の様子を残すのは、角屋さんと、この大門と、輪違屋さんを残す限り。

f0032011_20093030.jpg

2.囲われた街。

f0032011_20093263.jpg

3.火の用心。

f0032011_20093103.jpg

4.推奨工房。

f0032011_20093038.jpg

5.温泉。
と言っても、湧いてる訳ではございません。

f0032011_20093154.jpg

6.綿毛。
町家を利用したギャラリー、暫く来ないうちにこんなのが出来ていたんですね。

f0032011_20093128.jpg

7.タイルの柱。

f0032011_20093296.jpg

8.私用。

f0032011_20093204.jpg

9.仕事場。
何なのか調べてみましたら、シェアオフィスの建物でした。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-01-17 19:37 | 観光地 | Trackback | Comments(3)

京の冬の旅2017 角屋・其の四

長々と続きました京の冬の旅の角屋さんシリーズ、本日ラストです。
f0032011_21494388.jpg

1.松の間。
角屋で一番大きな座敷で43畳ありますが、大正14年に一部焼失してしまった為に、
この座敷だけが国の重要文化財に指定されておりません。

f0032011_21494304.jpg

2.名前の由来。
座敷から見える臥龍松から、この呼び名が付いたそうです。

f0032011_21494399.jpg

3.正月仕様。
床の間の掛け軸、大きな日本国旗が描かれた物が飾られてました。

f0032011_21494283.jpg

4.手鞠。
欄間も技巧凝らした作りですね。

f0032011_21494189.jpg

5.豪華絢爛。
座敷で一際目を惹くのがこの襖絵。

f0032011_21494248.jpg

6.桐に鳳凰。

f0032011_21494148.jpg

7.螺鈿の龍。
衝立の枠に施された螺鈿がはめ込まれた龍。

f0032011_21494175.jpg

8.橋が架かる。
松の間の脇にある亭。

f0032011_21494281.jpg

9.揚屋の条件。
臥龍松のある庭にある茶室「曲木亭」、大座敷に面した広庭に茶室がある事が揚げ屋としての条件だったそうです。

f0032011_21494109.jpg

10.二代目。
今ある臥龍松葉に代目だそうです。

f0032011_21545380.jpg

11.有る物が無い。
松の間に縁側の庇は柱が一本もなく、梁だけで支えてる珍しい造りです。

f0032011_21545379.jpg

12.春には。
八重桜が咲くようです。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-01-14 17:32 | 建物 | Trackback | Comments(4)

京の冬の旅2017 角屋・其の三

しつこいですが、まだ続く冬の京の旅で訪れた角屋さんです。
今日は座敷の方を。
f0032011_22491146.jpg

1.お客気分で。
玄関からの眺め。
f0032011_22491196.jpg

2.出迎えの明かり。

f0032011_22491200.jpg

3.刀掛け。
店内は刀の持ち込みは禁止だったので、こちらに掛けて刀箪笥にしまわれます。

f0032011_22491418.jpg

4.壁紙。
家紋が入った壁紙。

f0032011_22491410.jpg
5.濡れた中庭。
丁度雨が降ってくれたおかげで、しっとりとええ感じです。

f0032011_22491510.jpg

6.網代の間。
一階で公開されてる二つある座敷の一つ。

f0032011_22491152.jpg

7.網代の天井
この座敷の名前の由来となった網代組の天井。

f0032011_22491216.jpg

8.床の間。

f0032011_22491341.jpg

9.二十八畳。
二年前の夏に来た時は障子が開けられて、格子越しに通りが見えて良かったんですがね~。

f0032011_22491337.jpg

10.波間に漂う。
家紋を象った襖の引き手。

f0032011_22531369.jpg

11.釘隠し。

f0032011_22531375.jpg

12.いざなう明かり。
暗い廊下に灯る明かり、その向こうにはどんな光景があるのでしょうか?





ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-01-13 19:47 | 建物 | Trackback | Comments(5)

京の冬の旅2017 角屋・其の二

昨日に続きまして、京の冬の旅で訪れた角屋さんを。
今日は台所を。
f0032011_19420432.jpg

1.竈の神さん。
台所に入って最初に目にする飾り竈、三宝荒神さんと呼ばれる不浄や災難を払う神とされる事から、
火と竈の神として信仰されてます。

f0032011_19420588.jpg

2.大きな天井。
町家とは比べものにならないくらい広くって、立派な梁が通っております。
よく見ると面白い形した注連縄?が飾られてます。

f0032011_19420323.jpg

3.お竈(くど)さん。
ずらりと並ぶ竈、お客さんへ出す料理が作られてたんでしょうね~。

f0032011_19420549.jpg

4.五十畳。
配膳場、出来上がった料理をここで盛り付けて各お座敷へ運ばれていきます。
女中さんが慌ただしく動き回る光景を想像してしまいます。

f0032011_19420388.jpg

5.衝立の神棚。

f0032011_19420318.jpg

6.帳場。
配膳場脇には帳場があって、ここでやって来るお客さんを見て、番頭さんがあれこれ指示を出していたんでしょうね。

f0032011_19420496.jpg

7.何かあった時は。
帳場の横には、火事が起きた時の火消し道具と、泥棒捕捉具などが掛けられてます。

f0032011_19420507.jpg

8.武士が居た時代。
刀箪笥。

f0032011_19420400.jpg

9.西郷さん縁の品。
こちらに泊まった西郷隆盛が行水に使ったとされてるたらい。
戦時中、空襲による延焼防止の為に取り壊される事になっていたこちらでしたが、
京都市の担当者が角屋を視察した際、この西郷隆盛が使用した「たらい」を見付け、
この建物が明治維新のゆかりの遺構ということを理解し、取り壊しはひとまず延期となった。
そのうち終戦を迎え、結局角屋は解体を免れたらしい。

f0032011_19420425.jpg

10.煤けた布袋様。
火防の神さんである布袋様、竈の煤で綺麗に燻されておられました。

f0032011_19551096.jpg

11.神さんだらけ。
台所の色んな所に大小沢山の神棚があるのが面白かったです。

f0032011_19551063.jpg

12.お稲荷さんも。
商売していたら、お稲荷さんは欠かせませんよね。

f0032011_19551024.jpg

13.箱階段。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-01-11 19:44 | 建物 | Trackback | Comments(3)

京の冬の旅2017 角屋・其の一

日曜日、これと言って撮りたい物も無く、ふと思い付いて朝から小雨が降る中、
京の冬の旅で公開してる「角屋」さんへ行って来ました。
普段は1000円する入場料も、京の冬の旅だと600円で見れるのがありがたいです。
f0032011_17530578.jpg

1.島原の名残。
揚げ屋建築の唯一の遺構。

f0032011_17530596.jpg

2.京の冬の旅。
今年はお寺ばかりで、角屋以外はそそられる建物が無いのが残念・・・・。

f0032011_17525694.jpg

3.開場前。

f0032011_17530271.jpg

4.ハートみっけ♪。
立派な駒寄の金具にハートの居抜き。

f0032011_17530375.jpg

5.幕末の舞台。
新撰組はもちろん、勤王志士達も宴会の場として使われていた角屋。

f0032011_17530369.jpg

6.家紋。
蔓三つ蔦。

f0032011_17530493.jpg

7.玄関。
門をくぐると赤壁に囲まれた玄関に、ちょっと異世界に迷い込んだ雰囲気です。
f0032011_17530440.jpg

8.火の用心。

f0032011_17530581.jpg

9.刀傷。
門をくぐった柱に、新撰組が付けたと言われてる刀傷があります。

f0032011_17530427.jpg

10.送迎いたします。

f0032011_18045087.jpg

11.冷蔵庫。
食材保存の為に地下に掘られた冷蔵所。





ポチッとお願いします

by dejikaji | 2017-01-10 19:37 | 建物 | Trackback | Comments(3)