デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:魚眼 ( 64 ) タグの人気記事

女王様に謁見! クイーンエリザベス@神戸港・其の一

20日、この日は久しぶりに朝から神戸入りしてました。
何を撮りに行ったのかと言いますと~!
長年憧れていたあの女王様に、ついに!ついに!ついに~~~~!謁見する事が出来ました\(^o^)/
f0032011_20323988.jpg

1.PORT OF KOBE。
本当は入港シーンから撮りたかったんですが、到着時刻が朝の6時なんてとてもやないですが行けませんので諦めました・・・・
f0032011_20323737.jpg

2.女王の名は。
クイーンエリザベス号、船に詳しくない方でもこの名前くらいは聞いた事があると思う、豪華客船の代名詞である船。
今まで何度か神戸港に来た事はあるんですが、全て平日で行けなかったので、今回初めての謁見となりました~♪

f0032011_20323746.jpg

3.見張り台。

f0032011_20323908.jpg

4.ご尊顔を拝して。
数日前まで天気予報では曇りだったんですが、ラッキーな事に腫れてくれました(^_^)v

f0032011_20324067.jpg

5.美しき船体。
最近の客船は白一色が多いんですが、船底部分が紺色やと引き締まって見えてやはり好いですね~。

f0032011_20323803.jpg

6.Red flag。
ブリッジの窓を洗浄中~、船首の旗が好い感じに映り込んでくれました♪。

f0032011_20323821.jpg

7.全部で何本?。
長いブリッジの窓、ワイパーも沢山並んでます。

f0032011_20324062.jpg

8.陽気な船員。
こちらに気付いた船員さんが手を振ってくれました。

f0032011_20323738.jpg

9.み、見えない~~~!。
展望デッキから下を見たら、乗客案内のスタッフの女の子二人が、なんとか窓の向こうを見ようと、
一生懸命ジャンプしてる姿が微笑ましかったです(*^_^*)

f0032011_20323856.jpg

10.海上のマンション。
知らない人がこれ見ても船やとは思わないでしょうね~、客室は全部で1029室。

f0032011_20362139.jpg

11.補修中。
停泊中は作業員の方は大忙し。

f0032011_20362035.jpg

12.花のあるテラス。

f0032011_20362206.jpg

13.デッキウォーク。
お出掛け前の軽い運動、全長は294mあるので一周するだけでも600m近くあるんですから凄いですよね。

f0032011_20362011.jpg

14.名のあるベンチ。
クイーンエリザベスの名前が彫られてるだけで、オサレに見えてしまう。

f0032011_20362229.jpg

15.窓の景色。

f0032011_20362243.jpg

16.ご挨拶。
船員の方は皆気さくに手を振ってくれます。


17.デカイ!。
何度も客船見てますが、毎度圧倒されるこの大きさです。

f0032011_20371337.jpg

18.豪華客船とヨット。

f0032011_20362181.jpg

19.場所移動。
そろそろ見物客でデッキが混み出してきたので場所移動。

f0032011_22081577.jpg

20.クイーンエリザベス号?。
ターミナル入り口前には、乗船客を乗せて移動するバスやタクシーが沢山止まってます。





ポチッとお願いします
by dejikaji | 2017-03-22 22:11 | 神戸・兵庫 | Trackback | Comments(0)

おにゅう峠の星空観察

日曜日に行って来たおにゅう峠、夜が明けるまで随分時間がありましたので、
その間の時間潰しにと星空撮っておりましたので、今日はそれを。
f0032011_19301744.jpg

1.ナイトフライト。
着いて直ぐにスーパームーン手前のお月さんが沈んでくれたおかげで、満天の星空が楽しめました♪。
画面右にオリオン座が見えます、流れ星のようなのは飛行機でしょうね。

f0032011_19301692.jpg

2.大失敗!。
単純にいっぱい星空を写したくって使った魚眼、撮ってる時点では気付かなかったコンポジットした時の星の軌跡。
魚眼の歪みのせいで、キレな弧を描いてくれないんですよね~・・・・orz
思わぬ誤算でした。
約50分間、30秒露光で98枚コンポジットしてます。


3.星空観察。
コンポジットが上手くいかなったので、他に何かいい使い道は無いかと考えて浮かんだのが、タイムラプス!
で、調べたら、ウィンドーズのムービーメーカーでタイムラプスが作れるみたいなのでやってみました~!!!
流れる雲、星が少しずつ動いてく様子をご覧ください。

f0032011_19301662.jpg

4.お遊び終了~!
東の空が白んで来たので星空撮影終了して、本来の目的の準備開始です。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-11-14 20:05 | Trackback | Comments(4)

観芸祭@旧京都府庁本館 其の二

旧京都府庁本館で行われている「観芸祭」の続きです。

f0032011_19234846.jpg

1.旧議場。
一般公開の楽しみの一つ、修復整備された旧議場。

f0032011_19235006.jpg

2.オペラハウス。

f0032011_19234875.jpg

3.当時の面影。
1905(明治38)年から1969(昭和44)年まで64年間、府議会の議場として使われておりました。
ホンマに綺麗に修復されました。

f0032011_19234988.jpg

4.天井。

f0032011_19235071.jpg

5.曲線。

f0032011_19235062.jpg

6.明かり。
机に映り込むランプ。

f0032011_19235163.jpg

7.漆喰の壁。

f0032011_19235133.jpg

8.口を開けて。

f0032011_19234891.jpg

9.電気室。
この味気ない字体が好いですね♪

f0032011_19235160.jpg

10.うろこ雲。

f0032011_19264281.jpg

11.バウバウ!。

f0032011_19264858.jpg

12.アーチからキラリ!。

f0032011_19264882.jpg

13.長閑な秋の日。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-11-05 18:19 | 建物 | Trackback | Comments(2)

観芸祭@旧京都府庁本館 其の一

年2回、春と秋に行われてる京都府庁旧本館の一般公開の「観芸祭」に今年も行っておりました。
f0032011_19495382.jpg

1.観芸祭。
快晴の秋晴れに旧本館が映えます!

f0032011_19495380.jpg

2.不思議なオブジェ。

f0032011_19495240.jpg

3.悪戯ニャンコ。
庭には芸術家さん達の作品なんかも展示されてます、これ可愛い~♪(●^o^●)

f0032011_19513660.jpg

4.重厚なエントランス。
国の重要文化財に指定されてる旧本館、創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のものです。

f0032011_19494839.jpg

5.バロック建築。

f0032011_19494644.jpg

6.赤い絨毯。

f0032011_19494764.jpg

7.秋晴れの光と影。
一時期壁側に邪魔なパネルが置かれていましたが、今は無くなってスッキリ。

f0032011_19495232.jpg

8.中庭の枝垂れ桜。

f0032011_19494780.jpg

9.知事室。

f0032011_19494890.jpg

10.差し込む秋の日差し。
来る度に撮ってしまう、お馴染みの構図。

f0032011_19561898.jpg

11.レースのカーテン。

f0032011_19561648.jpg

12.書類にサイン。

f0032011_19561757.jpg

13.暖炉。

f0032011_19561786.jpg

14.まゆまろ。
京都府のPRキャラクター。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-11-03 19:03 | 建物 | Trackback | Comments(4)

真夜中のバックドロップ~! ジャイアント馬場

大将軍商店街で一条百鬼夜行を撮った後、もう一つ夜の撮影に行っておりました。
10/13~10/16まで行われていた「京都国際映画祭」のイベントの一つで、
京都市役所前広場に面白いオブジェが飾られていたので、撮りに行って来ました~!
f0032011_18290884.jpg

1.真夜中のバックドロップ~!。
なんと7メートルを超す巨大なジャイアント馬場さんのオブジェです~!!!\(^o^)/

f0032011_18300238.jpg

2.へそでなげろ!。
京都国際映画祭2016のアート部門の目玉作品として、これが飾られてるそうです。

f0032011_18314081.jpg

3.お見事!。綺麗にバックドロップが決まってます。

f0032011_18322681.jpg

4.うぉりゃ~~~~っ!!!。

f0032011_18330384.jpg

5.懐かしいお顔。
亡くなられたのが1999年、若い子は知らないでしょうね。

f0032011_18334398.jpg

6.ほんまもん。
投げてる自動車はほんまもんだそうです。

f0032011_18340432.jpg

7.月夜に決める。
丁度満月上がっていました。

f0032011_18343439.jpg

8.実際は。試合ではバックドロップはやられてはいないんですよね。
あの巨体でやられたら、相手が死んでしまいます(笑

f0032011_18350113.jpg

9.16文キック。
子供の頃流行ったな~♪

f0032011_18355075.jpg

10.がっしりと。

f0032011_18360787.jpg

11.うぉりゃ~~~~っ!!!。
最後にもう一回。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします

by dejikaji | 2016-10-21 19:39 | 祭・イベント | Trackback | Comments(6)

京の七夕@北野天満宮 其の一 sanpo

8月1日、京の七夕で一番最初に始まる、北野天満宮へ行って来ました。
f0032011_1959247.jpg

1.夕暮れの一の鳥居。
美味しい時間帯が来るまで境内をブラブラ。

f0032011_19594360.jpg

2.浴衣の女の子。
平日に何故か浴衣姿の女の子が結構いるので?と思ったんですが、その答えは↓で。

f0032011_19595262.jpg

3.楼門。

f0032011_200236.jpg

4.菅原公の歌。

f0032011_2013682.jpg

5.本日お披露目~!。
長らく境内の工事していたのはこれ作っていたんですね。
12日~14日に行われる「御手洗川足つけ燈明神事」の為の川と橋で、
今日はその御手洗川渡始式が行われるので、地域の方が招待されてるようで、
浴衣姿の子が沢山居たんですね。

f0032011_2014765.jpg

6.三光門。
上手い具合に人が切れました。

f0032011_2024876.jpg

7.手を合わす。

f0032011_20376.jpg

8.土用干し。
本殿の脇に積まれたこれ、何かと思い見てみたら、12月に授与される大福梅でした。

f0032011_2036792.jpg

9.御土居へ。

f0032011_20431952.jpg

10.深緑に朱。

f0032011_204233.jpg

11.短冊に願いを。

f0032011_2043346.jpg

12..鶯橋。
まだ空が明るいので、川沿いをブラブラ。

f0032011_2044731.jpg

13.短冊色に。
短冊の色に合わせてライトアップされたモミジ、カラフルで好いんですが、
なんかちょっと違うような感じですね。

f0032011_205226.jpg

14.毒々しく。

f0032011_2051534.jpg

15.短冊の列。
これの3倍くらい短冊が並んでたら、存在感出るんですがね~。

f0032011_2052535.jpg

16.トワイライトタイム~♪。
ようやく美味しい時間帯になりました♪

f0032011_205341.jpg

17.存在感が~。
引きで撮ると笹飾りの存在感がちょっと薄いですね~。

f0032011_2055369.jpg

18.宵空と朱の舞台。
空が青い内に本殿の方へ向かいましょ~!




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-08-06 20:58 | 祭・イベント | Trackback | Comments(5)

初夏のキャンドルナイト2016@北山ル・アンジェ教会 其の一 sanpo

4日の土曜日は久しぶりに夜の撮影に行ってました。
去年も行っておりました、北山ル・アンジェ教会で行われた「キャンドルナイト」です。
100万人のキャンドルナイトの趣旨に賛同したイベントで、
例年ですと夏至近くに行われるんですが、去年開始前にとんでもないゲリラ豪雨に見舞われて、
今年はその教訓で少し早い開催となりましたが、夕方からポツポツと小雨が降り出したんですが、
なんとかイベント中は持ち堪えてくれました~!(^_^)v
f0032011_18294646.jpg

1.天使のお出迎え。

f0032011_18295986.jpg

2.宵空カサブランカ。
立派なユリの花、まだ少し明るすぎましたね。

f0032011_18302613.jpg

3.諸人こぞりて。
大雨だった去年と違い、今年は沢山の方が来られておりました。

f0032011_1830426.jpg

4.聖域。

f0032011_18311961.jpg

5.導きの書。

f0032011_1832824.jpg

6.優しい明かり。
やっぱりキャンドルの明かりは好いですよね~♪(●^o^●)

f0032011_18322823.jpg

7.寄り添う二人。
カップルも沢山来てました。

f0032011_18332538.jpg

8.頭上に瞬く。

f0032011_1833482.jpg

9.散りばめて。

f0032011_18354267.jpg

10.明かりの道。

f0032011_18363283.jpg

11.スローな時間。
照明を消してキャンドルだけの明かりの中、楽器の演奏が始まります。

f0032011_18365144.jpg

12.星が降る。

f0032011_18372235.jpg

13.純白。

f0032011_18375764.jpg

14.響くメロディー。
暗い礼拝堂の中、響く楽器の音色とキャンドルの明かり好い雰囲気です♪

f0032011_18405382.jpg

15.静かな空間。
イベントも終わり、無人となった礼拝堂。

f0032011_1841388.jpg

16.気合い入ってるね~!
好いのが撮れたでしょうか?自分は恥ずかしくってちょっと出来ません(^◇^)




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
#北山ルアンジェ教会 #キャンドルナイト
by dejikaji | 2016-06-09 19:44 | 祭・イベント | Trackback | Comments(4)

栗原邸一般公開 其の三

栗原邸一般公開の続きです。
二階から屋上までの様子です。
f0032011_18153343.jpg

1.螺旋空間。
立派なお屋敷だけに、階段も広々としてて、ここだけでも一部屋とれそうな空間です。

f0032011_18164051.jpg

2.広い部屋。
広い部屋に大きな窓、小市民な自分は落ち着きそうにもない気がします(笑

f0032011_18173886.jpg

3.窓辺にぽつんと。
何故かこけしが置いてありました。

f0032011_18175710.jpg

4.森林浴。
部屋からベランダへ出られるようです。

f0032011_18183096.jpg

5.宝箱?。

f0032011_18184144.jpg

6.旅支度。
廊下に置かれていた、大きな宝箱の様な箱やトランク。

f0032011_18193382.jpg

7.小部屋。
これ位の広さが落ち着きますね~(笑

f0032011_1819509.jpg

8.主の持ち物。
古そうな本や真空管ラジオなど、時代を感じる物が沢山。

f0032011_18201140.jpg

9.アーメン。
クリスチャンだったのでしょうか?

f0032011_18214221.jpg

10.プライベートルーム。
主寝室だった部屋。
殆どの部屋に立派な暖炉があるのが凄い。

f0032011_1822475.jpg

11.長い枕と不思議な柱。

f0032011_1823116.jpg

12.半円の空間。
この家の特徴的な玄関ポーチの二階部分は、開放的なサンルームになってます。

f0032011_1823113.jpg

13.日差しと語らう。

f0032011_18241443.jpg

14.踊り場。
本当に踊れるくらい広い。

f0032011_18242935.jpg

15.煙突がはえる。
屋上には各部屋の暖炉の煙突が伸びる独特の空間。

f0032011_18245411.jpg

16.御陵の眺め。
当時はどんな風に見えていたんでしょうかね?


今回初めて行った栗原邸、老朽化が進んでたり改修中で、家具などが乱雑に置かれたおりましたが、
とても素敵な建物でした、又公開される時は訪れたいと思います。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします!
by dejikaji | 2016-06-06 19:30 | 建物 | Trackback | Comments(5)

栗原邸一般公開 其の二

栗原邸一般公開の続きです、今回から邸宅の写真です(笑
まずは一階部分から。
f0032011_181684.jpg

1.正門。

f0032011_18173394.jpg

2.裏門。
煙突があるってのがお屋敷らしいですよね。

f0032011_18183931.jpg

3.旧鶴巻邸。
京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)の校長で、染織家でもあった鶴巻鶴一氏の自邸として、
昭和4年に建てられたものです。
その後、所有者が替わり栗原邸となっております。

f0032011_1819927.jpg

4.築87年の佇まい。
当時最先端の工法「中村式鉄筋コンクリート建築」による、
特殊なコンクリートブロックで建てられた独特の外観の家。

f0032011_18202234.jpg

5.日本のモダニズム建築。
モダニズム建築とは、装飾を極力排除し、機能性と合理性を追求した建物の事だそうです。

f0032011_18232577.jpg

6.コンクリートの表情。
今のブロックとは違う、独特の風合いがありますね。

f0032011_18254292.jpg

7.応接室。
受付を済ませて、最初に入ったのがこちら。

f0032011_1826091.jpg

8.語らいの空間。
部屋のスペースめいいっぱいに陣取る立派なソファーに、天井の室内灯のデザインがお洒落です。
照明や家具なども、この家の設計者である本野精吾がデザインしたそうです。

f0032011_1827323.jpg

9.中央に鎮座する。
テーブルの上には何故かカメレオン?

f0032011_18271922.jpg

10.灰皿。
よく見ると大理石で出来た灰皿に置かれてます。

f0032011_18273016.jpg

11.二頭の獅子。
金地の見事な襖絵、こちらは持ち主で染織家だった鶴巻氏自らが、
ろうけつ染めと言う技法で描かれたもの。

f0032011_1827436.jpg

12.食堂。
応接室の襖絵を挟んだ反対側は食堂になっております。

f0032011_182966.jpg

13.暖炉。
これがあると家のグレードが一段上がりますよね。

f0032011_18293916.jpg

14.テナガエビ。
窓辺に置かれた壺、灰皿のカメレオンと、生き物がお好きだったんでしょうか?

f0032011_18302639.jpg

15.荒れた天井。
鶴巻氏の作業部屋。
かなり室内などは老朽化が進んでいたり、戦後進駐軍に接収されていた時代があり、
壁などペンキで塗られてしまったりしていたそうですが、
今現在、京都工芸繊維大学大学院の教育プログラム「建築リソースマネジメントの人材育成」で、
学生とともに当時の姿に戻すべく修復作業を行われてまして、
まだ修復されてない部屋などがございます。

f0032011_1833618.jpg

16.金庫。
当時はどんな物入れられていたんでしょ?

f0032011_18362836.jpg

17.幾何学模様。
廊下の床板、直線ではなく凝った組み合わせ方で貼られていて、玄関からの光で際立ちます。

f0032011_1837781.jpg

18.キッチン。
白いペンキで塗られた棚に白いタイルの壁、他の部屋とは違う雰囲気。
当時ガスや水道ってのは通っていたんでしょうかね?




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-06-02 20:25 | 建物 | Trackback | Comments(4)

ランボルギーニ大集合~!@北野天満宮 其の一

5/15、京都三大祭りの一つ葵祭に、嵐山で行われた三船祭、松尾大社の還幸祭と、
他にも色々お祭りが行われていたこの日、自分は北野天満宮で車撮ってました~!
車と言っても、普通の車じゃございませんよ~!
スーパーカーと言われる、イタリアの名車「ランボルギーニ」です。
この日、ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016in 北野天満宮と言うイベントがございまして、
ヘリテージ・カー・ギャザリング・コミッティー主催(在大阪イタリア総領事館)後援による、
イタリアの名車、ランボルギーニが交通安全の祈願にお参りをしに来ると言う内容です。

何故、北野天満宮でランボルギーニ?かって言うのは、
北野天満宮の神使が牛で、ランボルギーニのシンボルマークが雄牛と言う、
牛絡みのご縁と言う事らしいです(^◇^)
そしてこの日、全国からランボルギーニのオーナー達が集まり、
20台以上の歴代の名車がずらりと境内に並びました~!!!\(^o^)/
丁度子供の頃、スーパーカーブームでしたので、憧れていた車を目の当たりにして、大興奮でした。
沢山撮りましたので、数回に分けて出して行きます。
f0032011_2064860.jpg

1.総額何億円?。
境内にズラリと並んだランボルギーニの名車達。

f0032011_2072623.jpg

2.ランボルギーニ・ミウラ
流線型のグラマラスなボディーデザインが堪りませんね♪

f0032011_2075820.jpg

3.伝説の闘牛牧場。
ミウラの名前の元は、伝説の闘牛牧場ミウラから付けられたそうです。

f0032011_20891.jpg

4.付け睫毛。
ヘッドライト周りのデザインが、まるで付け睫毛付けたかの様に見えると、
見に来ていた女の子達が盛り上がっておりました(^◇^)

f0032011_2093913.jpg

5.V型12気筒。
V型の横置きって初めて見ました。

f0032011_20103122.jpg

6.見えるのか?。
青いミウラのフロントフェンダーにちょこんと乗っかったミラー。

f0032011_209268.jpg

7.シンプル。
さすがに1966年から1973年まで作られた車だけに、インパネはシンプルなもんです。
でも、内装は総革です。

f0032011_20121216.jpg

8.通称「J」。
パッと見ミウラに見えますが、これはランボルギーニ「イオタ」のレプリカです。

f0032011_20123252.jpg

9.ミウラとイオタ。

f0032011_2012552.jpg

10.気品ある佇まい。
ランボルギーニイスレロ。

f0032011_20131159.jpg

11.凄い名前。
イスレロの意味は、有名な闘牛士マニュエル・ロドリゲスを殺した牛に因んでるそうです。

f0032011_20132519.jpg

12.ハチトラ?!。
助手席にあるカーステ、昔カラオケなんかでよく見掛けたハチトラですね。

f0032011_20135732.jpg

13.ランボルギーニ初!。
ランボルギーニ「350GT」、ランボルギーニ初の量産市販車。

f0032011_2014860.jpg

14.後ろ姿。
まるでUFOみたいなこのデザイン、可愛らしいです♪

f0032011_20141816.jpg

15.機械の様な。
インパネのスイッチ類、ずらりと並ぶトルグスイッチの無骨さが時代を感じます。

f0032011_20143878.jpg

16.世界に2台の希少な車。
爆音轟かせやって来たこの車、ランボルギーニ「ウラッコ」をベースに改造を施した「ウラッコ・ラリー」。
世界に2台しかない車だそうです。

f0032011_20145219.jpg

17.右ハンドル?!。
どう言う経緯で右ハンドルに替えられてるか調べたんですが、分かりませんでした~。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-05-24 21:54 | 祭・イベント | Trackback | Comments(4)