デジタルな鍛冶屋の写真歩記

祇園祭・祭りの後

いや~~~、梅雨の蒸し暑さがなくなったと喜んでいたら、今度はホンマもんの暑さが・・・・・。
なんか気が遠~~くなりそうな感じで撮影もままなりませんな(汗
もう夏は十分満喫いたしましたんで、秋になりませんかな?(*^_^*)


写真の方は昨日の山鉾の解体の光景を。
祇園祭・祭りの後_f0032011_15521683.jpg

1.大きくなったら僕も!。
祭りの未来を担う、小さな町衆。

祇園祭・祭りの後_f0032011_15523663.jpg

2.玉手箱。
胴掛けなのどの飾り付け、入れ物も大事に使い続けてるんですね~。

祇園祭・祭りの後_f0032011_15525074.jpg

3.菊の紋。

祇園祭・祭りの後_f0032011_1553269.jpg

4.ちびっ子カメラマン。

祇園祭・祭りの後_f0032011_15531293.jpg

5.俺一人でかよ・・・・。
ビヨ~ンと伸びた「真木」を外すのに、両端をワイヤーとロープで繋いで引っ張り合いながら倒していきます。

祇園祭・祭りの後_f0032011_15532812.jpg

6.快晴の天日干し。
湿気た提灯も、干されて来年までのお休みです。




にほんブログ村 写真ブログへ

by dejikaji | 2010-07-19 16:12 | 祭・イベント | Trackback | Comments(5)
Commented by mn3m at 2010-07-19 19:16
一枚目の解体を見つめるちびっ子の背中,良いですね。
このぐらいから見ていると,おとなになって迷わず祭りに係わっていけるんでしょうね。
入れ物も年季が入っていていいな~。 美しいです。
Commented by sima7sima7 at 2010-07-19 20:36
こんばんは
子供の背中が物語ってくれてますね! 京都の未来は明るいです(^笑^)
子供カメラマンもデジ鍛冶さんの弟子に如何ですか?! 構えが良いな~(^笑^)
ワイヤーまで使って解体するんですね~ 作るのも壊すのもひと苦労ですね
Commented by apy-k at 2010-07-19 22:44
dejikajiさんも京都のみなさんもお疲れさまでした~
準備も撤収もこりゃ大変だぁ、受け継がれていかないと何がなんだか
わからんくなりますね、そこのちびっこくん、将来頼みますよ!
今回は雨にたくさん降られたから天日干しもしっかりしないといけませんね。
ってもう京都の夏はハンパなさそう~~~~(ーー;)
海風をお届けしたいもんです♪
Commented by nobby_labo at 2010-07-19 23:55
こんばんわ
撤収があって祭りがようやく終了するんですよね・・・
撤収は来年に続くための準備ですから・・・そうやって伝統は守られて行くんですね
Commented by dejikaji at 2010-07-20 19:52
みなさん、こんばんはです。
mnさん、
1枚目、こうやってちょっとずつですが祭りと関わりを持って成長していくんでしょうね~。
何故か何処も結構古い入れ物を大事に使われてますね。

シマシマ7さん、
一人だけじゃなくって後4・5人居てくれれば良いんですがね。
建てるのは2・3日かかりますが、壊すのはさすがに早くって1日半ほどでおわります。

イナさん、
今年の祭りは本当に雨の中ご苦労様でしたって感じです。
若い人が少なくなって来ていますんで、色々な事を伝える為に写真やビデオで撮って記録を残されてます。
梅雨明け、もうちょっと早ければ良かったんですがね~。

nobby_labo さん、
さすがにみなさんお疲れの様子で、淡々と作業進められていきますね。
>撤収は来年に続くための準備ですから・・・
良いフレーズですね♪