デジタルな鍛冶屋の写真歩記

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一

これ又ほったらかしになっておりましたネタを。
11月の頭に洛星中学の向かいにあります櫻谷文庫でおこなわれております「木島櫻谷旧邸」の特別公開に行っておりました。
木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_16545413.jpg

1.衣笠村に佇む。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1655654.jpg

2.電話は。
表の門に電話番号の札が貼られてるのが時代を感じます。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_16551526.jpg

3.玄関先。
大きな楓の木が、今頃は綺麗に色付いてるかもしれませんね。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_16591899.jpg

4.もてなしの一服。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_170118.jpg

5.細くて暗い。
日本家屋らしい廊下が好いですね。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_170104.jpg

6.扇が舞う。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1702543.jpg

7.小春の日差し。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_17364163.jpg

8.婚礼衣装。
自らデザインした娘さんの婚礼衣装が飾られていました。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1704578.jpg

9.Visitor。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_171177.jpg

10.翡翠。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1711038.jpg

11.籐の椅子。
今は建物が建って住宅街になっておりますが、当時は遠くの山並みが見えてたそうです。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_171235.jpg

12.初めまして。
主の木島櫻谷さんです。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1713360.jpg

13.大の甘党。
係の方の説明ではかなりの甘党やったらしく、高級和菓子店の虎屋さんの木箱が。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1714856.jpg

14.思いに耽る。
絵描きさんと言うのはどんな生活されていたんでしょうかね?

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_17274718.jpg

15.昭和32年 6月8日。

木島櫻谷旧邸 特別公開・其の一_f0032011_1721345.jpg

16.障子の向こう。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いいたします
by dejikaji | 2013-11-17 17:38 | 建物 | Trackback | Comments(9)
Commented by sima7sima7 at 2013-11-17 20:18
こんばんは
日本画家の方なんですかね?! 10枚目の団扇に描かれた絵でそんな感じがします
何気に飾って有りますが、時価数千万円・・。そんなこと無いかなヽ(^◇^*)/
シットリとした廊下描写の上手さは、何時もながら上手いですね~
Commented by henronin at 2013-11-17 21:24
ほんと良い物が残されてますね 明治維新で首都が京都に残らなくて
良かった~ 残ってたら今頃は壊されてビルになってたかも?
Commented by g7_2007 at 2013-11-17 22:34
へえ〜
洛星の向かいにこんな所があったんですね...
最後の写真の感性には脱帽です〜
Commented by apy-k at 2013-11-17 22:54
秋の京都は特別公開目白押しなんですね~
こちらも素敵!!
衣笠村・・・・私が住んでるとこの最寄駅は「衣笠」です。
あははー
11枚目の籐の椅子がすっきりしててここで山並みを見てたら安らいだろうなーと思い描いちゃいますね。
ラストの風景、とーってもなつかしいもう帰ってこない時代がここにはあるなーと感慨深いです。
Commented by true-clear at 2013-11-18 09:09
おはようございます。
風情のある、素晴らしいお家ですね。
こうゆう雰囲気、とても好きです。
長い廊下、雪見障子、お座布団に低机…
子供の頃を思い出します。
と言っても、32年には、まだ生まれていませんでしたけど。(笑)
ありがとうございました。
Commented by arak_okano at 2013-11-18 18:02
光と影、廊下の奥から射し込む光が廊下と壁を青く染める、障子の枠が作る額縁の絵画、見事な作品の数々に見いりました、バグースです。
Commented by fuwawa_130 at 2013-11-18 20:07
こんばんは
木島櫻谷という方も、こういう旧邸も初めて知りました。
あの机でどんな思いに耽ったのでしょうね。
しーんとした静けさを感じます。
それにしても京都は奥が深いですね^^
Commented by dejikaji at 2013-11-18 20:44
みなさん、こんばんはです。
シマシマ7さん、
有名な方なのかは分かりませんが、日本画家の方です。
何気に置かれてる団扇、一体幾らぐらいするんでしょうかね?
久しぶりに日本家屋の廊下って感じの物に出会いました。

遍路人さん、
ホンマに自分も思いますね。
遷都されたからこそ残ったのもが多いでしょうね。

G7_2007さん、
自分もついこないだまで知りませんでした。
ラスト、ありがとうございます。
根っからの建物好きみたいです(笑

イナさん、
気が付けば春夏秋冬と年がら年中特別公開やってますね(笑
場所は嵐電の北野白梅町の近くです。
11枚目、窓の向こうの景色、今は家が建ち並んでイマイチなのが残念ですね。
ラスト、田舎の家の廊下でよく遊んでいたのを思い出しちゃいますね。
Commented by dejikaji at 2013-11-18 20:51
true-clearさん、
主が結構こだわって造られた家で、色々と贅沢な部材が使われてるみたいです。
一度こう言う純和風の家に住んでみたいものですよね。
昭和32年の京都ってどんな感じだったんでしょ?

アラックさん、
建物の中を撮るのが好きで、和風洋風問わず撮り歩いております。

fuwawa_130さん、
自分もネットで最近知りました。
14枚目、当時のままではないでしょうが、色々想像が巡る光景ですよね♪
余り知られてないせいか、訪れる人も少なくのんびり気持ち良く楽しめました♪