デジタルな鍛冶屋の写真歩記

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一

祇園祭シリーズ、ようやく後祭に突入です(汗
21日、仕事終わってから宵々々山へ行って来ました。
前祭と違って、後祭は夜店が出ませんし歩行者天国もないので、人でごった返す事もなく、
のんびりと祭を楽しむ事が出来ます♪
祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19281969.jpg

1.夕暮れに火が灯る。
今年は北側の役行者山から回って行きます。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19283040.jpg

2.浴衣男子。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19284216.jpg

3.五瓜に唐花と左三つ巴。
駒形提灯に描かれた紋は八坂神社の神紋で、ごかにからはなとひだりみっつともえ。
胡瓜の切り口が八坂神社の神紋に似ている事から、神を食べると言う意味合いに通じ、
それは良くないと言う事で、八坂神社の祭りである祇園祭りの頃は、
きゅうりを食べないと言う習わしがあるそうです。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19285654.jpg

4.会所。
ずらりと並べられた懸装品達。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_1929868.jpg

5.ご神体。
役行者と一言主神と葛城神の三体。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19293585.jpg

6.ぎょろ目の龍。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_1931559.jpg

7.鈴鹿山。
通りの向こうにある閉館した新風館だった建物も、ホテルになって上に伸びたら、
空入れて撮る事が出来なくなりそうですね。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19321240.jpg

8.大きな声で元気よく~!

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_1932266.jpg

9.ご神体。
鈴鹿権現(瀬織津姫命せおりつひめのみこと)。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19324628.jpg

10.噂の美人。
山鉾随一の美女と言われてるそうですが、残念ながら能のお面をされていて、
そのお顔を拝見する事は出来ません。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19325630.jpg

11.手拭い。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19333583.jpg

12.鯉山。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_1933506.jpg

13.空いてました!
毎年行くと長蛇の列が出来ていた鯉山の会所ですが、この日は早い目に行ったせいか、
行列が出来ていなかったので、初めて入る事がで来ました~!

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_1934162.jpg

14.龍の帯。
勇ましい柄です。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19342790.jpg

15.波間を飛ぶ。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19343740.jpg

16.登竜門。
ご神体の鯉、中国の故事が語源で、龍門を登りきれた魚は霊力が宿り、
変じて龍になると言われていました。
この伝説になぞらえて、難関を突破して立身する事を「登龍門」と言うようになりました。
奥にある見送りは、16世紀にベルギーで製作された1枚のタペストリーを裁断して用いたもので、
図柄はホーマー作「イーリアス」物語の一場面で、
トロイのプリアモス王とその后ヘカベーを描いたものだそうです。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19353545.jpg

17.祭の設え。
毎年楽しみにしている、無名舎さんの屏風祭。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_19355216.jpg

18.祇園祭とヒオウギ。
古代、ヒオウギで悪霊退散したといういわれがあり、疫病を鎮める為に始まった祇園祭と相まって、厄除けの花とされているようです。

祇園祭2016 後祭宵々々山・其の一_f0032011_1936196.jpg

19.風格。
又一般公開してくれないかな~。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-07-27 20:38 | 祭・イベント | Trackback