デジタルな鍛冶屋の写真歩記

朽木の森

おにゅう峠で雲海を撮った後、そのまま家へ帰るつもりだったんですが、
麓まで下りると、朝霧の名残が残る森と里の景色が♪
なんとか車止められるスペースがある場所見付けては、パチパチ撮りながらの帰り道でした。
朽木の森_f0032011_19303978.jpg

1.朝霧の余韻。
薄っすらと霧が漂う森の中、朝日がええ感じに差し込んでます♪

朽木の森_f0032011_19303727.jpg

2.ススキの原。
開けた場所ではススキが群生しておりました。
茅葺き屋根に使う為にあったのが、放置されてるんでしょうね。

朽木の森_f0032011_19303734.jpg

3.濡れ髪を輝かせて。
霧でしっとり濡れたススキの穂、朝日を浴びてキラキラ輝いていたんですが、写真にするとん~~~~???

朽木の森_f0032011_19304082.jpg

4.佇む秋色。
川沿いにぽつんと色付く木。

朽木の森_f0032011_19303758.jpg

5.赤い屋根。
かつては畑であったであろう広い空き地に建つ一軒の空き屋。

朽木の森_f0032011_19303821.jpg

6.廃屋の秋景色。
いつ頃まで使われていたんでしょうかね?家の脇に真っ赤に紅葉した楓が。

朽木の森_f0032011_19325318.jpg

7.杉並。
霧が朝日を浴びて、杉の輪郭を浮かび上がらせてます♪

朽木の森_f0032011_21554656.jpg

8.川沿いの柿。
こんな所に柿が。

朽木の森_f0032011_20090015.jpg

9.谷間を照らす。
露を纏った羊歯が、何とも言えん雰囲気だったんですが、どうにも雰囲気が出せない~!!!

朽木の森_f0032011_19303939.jpg

10.川面の錦。
丁度淵になってる所に山の紅葉が映り込んでました。

朽木の森_f0032011_19325404.jpg

11.秋の渓谷
山一面が紅葉してる光景は何とも言えませんね~♪

これ以外にも、沢山撮りたくなる場所があって、
後ろ髪を引かれながら通り過ぎて行かねばならないこの悲しさ。
雲海も良かったですが、こちらの方が自分的には盛り上がってしまいまして、
来年はこちらをメインにしてもいいかな?って思ってしまいました。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2016-11-16 20:27 | Trackback | Comments(6)
Commented by mn3m at 2016-11-16 21:36
これは良いところに出会えましたね~
どれも美しすぎてため息が出ますよ。
特に4枚目の孤高の紅葉、7枚目の杉の輪郭、8枚目の人知れず実った柿に感動しました。
Commented by kirafune at 2016-11-16 22:40
素晴らしい!
一枚目から魅せられました。
これはまた、行きたくなる景色ですね。
すごいところを見つけちゃいましたね。
Commented by arak_okano at 2016-11-17 08:16
前回と今回、凄い場所に行かれましたね、驚くばかりですよ、バグースです。京都の紅葉は健脚でなけれは行けませんね。
Commented by henronin at 2016-11-17 09:10
1,7枚目に感動しました 現場に立ってみたいけど怠け者の自分には無理だな...。
Commented by sima7sima7 at 2016-11-17 11:08
おはようございます
霧の中を抜ける朝日がドラマチックになってますね
7枚目のモノトーンなんて良い感じです
廃屋のもみじ!ちょっと空しいけど此れが現実なんですね
Commented by dejikaji at 2016-11-17 20:35
皆さん、こんばんはです。
mnさん、
思いがけない帰り道の駄賃でした♪
他にももっと好い光景があったんですが、車が止められずに撮れなかったのが残念でした。

kirafuneさん、
メインの雲海が残念だっただけに、この光景には痺れちゃいました♪
来年はkirafuneさんも、あの方に連れて行ってもらってはいかがですか?

アラックさん、
ここは京都やなくって滋賀県です。
車なんで、楽チンです。

遍路人さん、
1・7枚目、実際はもっとドラマティックだったんですが、なかなか写真に収めきれません。

シマシマ7さん、
もう少し霧が濃かったら、もっと雰囲気出たんですが、贅沢は言えませんね。
7枚目、色が無い方が杉のシルエットが印象的に見えましたので。
この辺り、人より鹿の方が多いかもしれません。