デジタルな鍛冶屋の写真歩記

千本ゑんま堂狂言

5月1日、夜は千本ゑんま堂で行われました狂言の初日を見に行って来ました。
こちらの狂言は堅苦しいものではなく、笑える楽しいものばかりで、毎年楽しみにしております。
各お話の要所要所を切り撮って載せておきます。
f0032011_21480493.jpg

1.最前列確保~!。

f0032011_21480391.jpg

2.本日の演目。
ラストの土蜘蛛以外はどれも初めて。

f0032011_21480290.jpg

3.ご挨拶。
令和元年の狂言。


各演目のあらすじ紹介。

えんま庁。
f0032011_21480318.jpg

4.地獄の鬼。

f0032011_21480348.jpg

5.亡者をいじめます。

f0032011_21480349.jpg

6.巻物よこせ~!!!。

f0032011_21480375.jpg

7.亡者。

f0032011_21480379.jpg

8.生前の善行が記された巻物。

f0032011_21480397.jpg

9.閻魔法王。

f0032011_21480354.jpg

10.逆に懲らしめられる鬼。

f0032011_21542342.jpg

11.私が極楽へお連れしましょ~!。


神崎渡し。
f0032011_21552259.jpg

12.茶屋の主人。

f0032011_21552222.jpg

13.あらよ~っと!。

f0032011_21552336.jpg

14.金なし坊主。

f0032011_21552244.jpg

15.神崎渡し。

f0032011_21580879.jpg

16.船頭。

f0032011_21552209.jpg

17.はい、気を付けて~。

f0032011_21552237.jpg

18.櫓。
f0032011_22002269.jpg

19.ちょっとちょっとお客さん!!!。


木の本地蔵。
f0032011_22021052.jpg

20.令和元年復活演目。

f0032011_22002347.jpg

21.座頭。

f0032011_22023716.jpg

22.木の本地蔵。

f0032011_22002313.jpg

23.うっしっし~!!!。

f0032011_22002316.jpg

24.護摩の灰。
昔、旅人の姿をして、道中で、旅客の持ち物を盗み取ったどろぼう。
高野聖 (こうやひじり) のなりをして、弘法大師の護摩の灰だといって押し売りして歩いた者があったところからの名という。

f0032011_22002335.jpg

25.大事なお金が盗まれた~!。

f0032011_22002489.jpg

26.目が見えなくなった!?。


土蜘蛛。
f0032011_22002418.jpg

27.病に伏せる君主。
源頼光。

f0032011_22044383.jpg

28.扇子。

f0032011_22044245.jpg

29.見舞う家来。
渡辺綱・平井保昌。

f0032011_22044141.jpg

30.襲いかかる土蜘蛛。

f0032011_22044149.jpg

31.糸を吐いて逃げ去る蜘蛛。

f0032011_22044270.jpg

32.本性現す。

f0032011_22044201.jpg

33.追撃。

f0032011_22044289.jpg

34.応戦。

f0032011_22044216.jpg

35.乱戦。

f0032011_22044221.jpg

36.ヒラリ、再登場~!。

f0032011_22073699.jpg

37.最後のあがき。

f0032011_22073633.jpg

38.左手の糸はちょっと失敗。

f0032011_22073601.jpg

39.首級を挙げる。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-05-25 20:24 | 祭・イベント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://dejikaji.exblog.jp/tb/30612939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2019-05-25 21:13
dejikajiさん、結構暗い中での撮影では
なかったと思います。
そんな中でも、躍動感ある写真をいっぱい
りがとうございました。
お見事バグースです。
素晴らしいですね。
Commented by dejikaji at 2019-05-26 19:30
アラックさん、こんばんはです。
照明があるのと高感度使えますので、十分撮りやすい環境ですよ。
こちらの狂言はほんまにどれも楽しいものばかりで、撮りながら笑っておりました。