デジタルな鍛冶屋の写真歩記

ダム部・天ヶ瀬ダム

7月23日、事前に天ヶ瀬ダムで放流やってるのを知って、朝からバイク飛ばして行って来ました。
ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17150485.jpg

1.天ヶ瀬ダム管理事務所。
ゲートで入場手続きして入って行きます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17150402.jpg

2.絶賛放水中~!。
轟音と共に、三門開放で放水中です。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17150367.jpg

3.人工建造物。
水圧に負けず水を貯め込むダム、ホンマに良くこんな物作れますよね。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17150355.jpg

4.アーチ型ダム。
ダムはやはりアーチ型が一番美しいと思ってしまいます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17150496.jpg

5.静まりかえる。
ゴールデンウィークに行った時は残念ながら放水してませんでした。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17210529.jpg

6.激流。
凄い勢いで水が流れて行きます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17210699.jpg

7.白煙あげて。
水飛沫で白く靄ってます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17210689.jpg

8.飛沫虹。
放水があると、舞い上がった水飛沫で虹が出ます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17210611.jpg

9.放水が無い時。
右下の水溜まりが「減勢工」。
ダムから流れ出る水をそのまま川に流してしまうと水の勢いで川がえぐられてしまいます、周りを傷めないように水の流れを緩やかにする役割があります。
画面中央、減勢工と川を隔てる、盛り上がった壁を「副ダム」と言います。
下流側につくられた低いダムで、洪水吐きから放流された水の勢いを弱める働きをしています。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17241681.jpg

10.天端から覗き見る。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17241660.jpg

11.常用洪水吐き。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17241631.jpg

12.白いマグマ。
白い泡を吹き上げながら水が蠢いてる光景は、ちょっと怖さも感じてしまいます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17265935.jpg

13.長閑な下流。
通常時は川底の岩も見えるくらい流量が減ります。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17241607.jpg

14.関西電力。
が管理してるもんやと思ってましたが、あくまでも発電だけで管理は違うそうです。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17241598.jpg

15.翼を広げて。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17241568.jpg

16.キャットウォーク。
ダムの見学ツアーではここ歩けるみたいで、一度近くで見てみたい!

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17300818.jpg

17.カーブを描く。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17300800.jpg

18.クレストゲート。
非常用洪水吐き、貯水が限界になりダムが決壊しない為の最後の砦。
このゲートが使われたのは建設以来一度だけで、2013年9月16日台風18号の時に使われたそうです。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17300851.jpg

19.水鏡。
ダム湖。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17300864.jpg

20.鳳凰湖。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17300824.jpg

21.取水塔。
手前が現在使われてる取水塔。
その奥に見えるのが発電量の増加の為に造られてる新しい奴。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17314886.jpg

22.下流へ。
ダムを出て、下流の橋からダムを望みます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17314838.jpg

23.発電用放水口。
↑で説明した取水塔から取り込んだ水が流れ落ちてここに出て来ます。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17314876.jpg

24.煙る堤体。
夜のライトアップも綺麗なんですよ。

ダム部・天ヶ瀬ダム_f0032011_17314857.jpg

25.怪しげな建物。
左の建物は旧発電所で、現在は水理実験施設となっています。


26.動画。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2022-08-15 17:50 | 京都郊外・美山 | Trackback | Comments(0)