デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:奈良・滋賀・その他 ( 203 ) タグの人気記事

滝巡り@北小松 楊梅の滝・雄滝

6月1日、滋賀県北小松にある楊梅の滝の続きです。
雌滝から雄滝に移動しての撮影です。
f0032011_18043727.jpg

1.探検家気分。
前回の急な登り道を上がったら、今度はこんな鉄のハシゴが架けてあって、ここを登って行きます。

f0032011_18043681.jpg

2.楊梅の滝・雄滝。
大きな岩をぐるりと回ると、目の前に雄滝が姿を現します。

f0032011_18043603.jpg

3.落差40メートル。
滋賀県でも有数の大きな滝です。

f0032011_18043795.jpg

4.赤い岩肌。
滝の岩肌が赤いせいで、滝の存在感を際立たせております。

f0032011_18140733.jpg

5.岩肌を流れ落ちる。

f0032011_18043663.jpg

6.ほとばしる水。

f0032011_18043797.jpg

7.白糸のベール。
岩が黒くないから、立体感がよく出ますね。

f0032011_18043675.jpg

8.滝の頂。
上はどんな光景が広がってるんでしょ?
登って行けるのかな???

f0032011_18043608.jpg

9.滝壺。
落差が大きい割に滝壺は小さかったですね。

f0032011_18140791.jpg

10.無限の流れ。

f0032011_18140755.jpg

11.滝の出口。
結構な水量ですが、出口ではこれ位しか流れてません。

f0032011_18140669.jpg

12.薬研の滝。
雄滝と雌滝の間にある薬研の滝(やけんのたき)、雄滝に向かう途中撮影場所があるんですが、
足場が悪そうで滑り落ちそうやったので辞めておきました。
楊梅の滝は雄滝(40m)、薬研の滝(21m)、雌滝(15m)からなり、総合落差76mは滋賀県内では1位とされる。

f0032011_18140630.jpg

13.向こうに見えるのは。
帰り道はあの急な坂を下りるのは無理なんで、遠回りの登山道で。
途中見晴らし台から雄滝の姿が見えます。

f0032011_18140655.jpg

14.琵琶湖を望む。
目の前に浮かぶのは沖島です。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-29 19:16 | その他あちこち | Trackback | Comments(2)

滝巡り@北小松 楊梅の滝・雌滝

6月1日、この日は朝から滋賀県北小松にある、楊梅の滝を撮りに行っておりました。
まずは二つある滝の雌滝の方から。
f0032011_19150911.jpg

1.楊梅の滝。
国道161号線から、JR北小松駅からも直ぐ近くで駐車場もある、滝撮り初心者にはうってつけの滝です。

f0032011_20053298.jpg

2.最初から。
滝へ向かう道のいきなりからこんな光景が。

f0032011_19151028.jpg

3.水が綺麗。

f0032011_19151041.jpg

4.なかなか進めない。
道中こんな小さな落ち込みがある光景ばかりで、撮っていたらなかなか滝へ進めません(笑

f0032011_19151079.jpg

5.大きな岩。
もう少し水量があれば、この道中だけでも十楽しめそう。

f0032011_19151062.jpg

6.楊梅の滝・雌滝。
出発して10分で雌滝に到着~!
道も綺麗に整備されてて、とても登りやすいです。

f0032011_19151095.jpg

7.二連滝。
落ちる所で二股に分かれてる滝。

f0032011_19151097.jpg

8.滝壺。

f0032011_19151009.jpg

9.響き渡る滝の音。
写真では見えませんが、滝近くには足場が組まれていて撮りやすいです。

f0032011_19151152.jpg

10.祠の石仏。

f0032011_19183650.jpg

11.ここ登るの???。
雌滝から次は雄滝に向かうんですが、道が二つありまして。
一つは20分ほどかけて大回りする登山ルート、もう一つは雌滝の横を登って行く近道。
もちろん近道を行く訳ですが、ご覧の様な道とは呼べない切り立った場所を登って行きます!!!
急な斜面を滑りそうになりながらも、岩や木を掴んで登って行きます。
さすがにこれはちょっと怖かったです(汗




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-28 19:18 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

若狭鯖街道 熊川宿

5月12日、この日最後に訪れたのは国道303号線沿いにあります鯖街道の熊川宿です。
カメラ始めた頃に一度来て以来、十数年ぶりです。
f0032011_21165132.jpg

1.鯖街道の要衝。

f0032011_21165092.jpg

2.重要伝統的建造物群保存地区。
熊川宿は、「上ノ町(かみんちょ)」「中ノ町(なかんちょ)」「下ノ町(しもんちょ)」の3つの町で構成されています。

f0032011_21164906.jpg

3.ポスト。
下ノ町から上ノ町へブラブラ歩いて行きます。

f0032011_21165002.jpg

4.火の用心。

f0032011_21165089.jpg

5.なまこ壁。

f0032011_21165021.jpg

6.ツバメ学生服。
人が住んで無さそうな建物が沢山あるのが悲しいですね。

f0032011_21165158.jpg

7.廃屋。
f0032011_21190288.jpg

8.誰かの忘れ物。
同じ色のイモカタバミが咲いていて、思わずパチリ!

f0032011_21165066.jpg

9.御蔵道。
年貢米を収める蔵屋敷と、それを運ぶ為の川までの路地。

f0032011_21165019.jpg

10.倒壊現場。

f0032011_21190353.jpg

11.芋洗い器。
熊川宿が設けられた頃に造られた用水路の前川。

f0032011_21165012.jpg

12.小売人。

f0032011_21190345.jpg

13.宿場館。
伊藤忠商事2代目社長の伊藤竹之助氏が、昭和15年に熊川村役場として建てた建物で、
現在は若狭鯖街道熊川宿資料館として使われてます。

f0032011_21190201.jpg

14.酒屋。
越前の地酒、何が有名ですかね?

f0032011_21190124.jpg

15.越前名物。
越前蕎麦、既にお昼食べてしまったので、食べ損ねてしまいました・・・・

f0032011_21190235.jpg

16.熊川番所。
通行人の取り調べのほかに、移出入荷物への課税を行い藩の財政に大きく貢献していました。

f0032011_21190293.jpg

17.行って良~し!。
2020年のNHK大河ドラマに取り上げられることが決まったようで、熊川宿ブームが起こるかも???




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-05 19:40 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

滝巡り@若狭町 瓜破の滝 sanpo

5月12日、小浜市の三丁町から次に向かったのは、若狭市にある瓜破の滝です。
以前写友さんが行かれたのを見て一度行ってみたかった所です。
f0032011_22464186.jpg

1.全国名水百選2位。
駐車場脇には水汲み場があり、ひっきりなしに水を汲みに人がやって来てました。

f0032011_22464032.jpg

2.眩しい緑。
滝へと向かう森の中。

f0032011_22464173.jpg

3.名勝・水の森。
滝までもうすぐか。

f0032011_22474636.jpg

4.恵の水。
小川沿いを滝目指して歩きます。

f0032011_22464095.jpg

5.瓜破の滝。
瓜も割れるほどに冷たい事からこの名が付けられました。

f0032011_22464069.jpg

6.祀られる水。
水が出てる場所には鳥居が建てられてます。

f0032011_22501169.jpg

7.小さいながらも。
落差は2メートルもない滝ですが、水量があり迫力は十分あります。

f0032011_22464129.jpg

8.水のカーテン。

f0032011_22531656.jpg

9.赤い石?。
ではなく、これは湧水の水質水温でのみ生育する「ヒルデンブリンチアリブラリス」と言う、
珍しい紅藻の一種が長い時間をかけて繁殖したものだそうです。

f0032011_22575610.jpg

10.怪しげな気。
滝のそばに立つ大きな木、樹皮の模様がなんとも怪しげで。

f0032011_22464067.jpg

11.緑濃き水辺。

f0032011_22582976.jpg

12.縦横無尽に。
枝分かれした流れは沢山ある落ち込みに流れ、色々な表情を作り出してます。

f0032011_22570080.jpg

13.ほとばしる。
長秒の水のヴェールの好いですが、高速で止める刹那の流れも清々しいです。

f0032011_22570075.jpg

14.赤が映える。
紅藻のおかげで、暗く沈んでしまう岩が浮かび上がり緑との対比で映えますね~!

f0032011_22565992.jpg

15.駆け流れる。
長秒も露光時間の違いでかなり表現が変わりますね~。

f0032011_22570038.jpg

16.緑の下で一服。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-04 19:32 | 観光地 | Trackback | Comments(2)

小浜・三丁町 其の三

5月12日、小浜三丁町のブラブラスナップを。
f0032011_18312737.jpg

1.名物焼きサバ寿司。
焼き鯖寿司で有名な「若廣さん」の旧建物。

f0032011_18312821.jpg

2.格子の町並み。

f0032011_18312706.jpg

3.海抜3.2メートル。
海沿いの町ならではですね~。

f0032011_18312893.jpg

4.町のタヌキ。

f0032011_18312880.jpg

5.お宝ペプシ。
久しぶりに出会いました♪

f0032011_18312889.jpg

6.大販売店。
わざわざ「大」を付ける意味があるのか???

f0032011_18312885.jpg

7.場末感。

f0032011_18312849.jpg

8.商会。

f0032011_18312844.jpg

9.専売公社。

f0032011_18312765.jpg

10.何があった?!。
元からではなく、曲がったんですよね?

f0032011_18330409.jpg

11.玉座。
ゴミ屋敷ではございません。

f0032011_18330494.jpg

12.三色地蔵様。
なかなか派手なカラーリングです。

f0032011_18330474.jpg

13.勝手口。

f0032011_18330451.jpg

14.酒屋。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-03 19:50 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

小浜・三丁町 其の二(蓬嶋楼)

5月12日、小浜三丁町巡りの続きです。
かつて茶屋町であったこちらの中で、最大級であった料亭「蓬嶋楼」が土日祝限定一般に無料で公開されております。
開館までまだ一時間あったんですが、ガイドのお爺さんのご厚意で入らせてもらう事が出来ました~!
f0032011_15550020.jpg

1.蓬嶋楼。
北前船で活気があった当時、その船員達の遊興の場として賑わっていたそうです。

f0032011_15550116.jpg

2.モザイクタイル。
これ見てこの建物がどう言う物か分かられた方はおられますかね?

f0032011_15545908.jpg

3.玄関。

f0032011_15545954.jpg

4.吉野窓。
窓の蔓格子と障子が作る幾何学模様が素敵~♪

f0032011_15550075.jpg

5.一本付けようか?。
玄関上がった脇にある帳場、ここで女将さんがお客さんとやり取りされていたそうです。

f0032011_15550057.jpg

6.居間の金庫。
家具で埋め尽くされた居間、その中で一際目に付くのが金庫。
相当な重量があるために床板に乗せられないので、金庫の下は地面からコンクリの土台が作ってあるそうです。

f0032011_15550027.jpg

7.福助さん。

f0032011_15550083.jpg

8.松の廊下。
廊下の床板は松で出来てる珍しい物です。

f0032011_15550011.jpg

9.ガラス窓。

f0032011_15550051.jpg

10.明治の屋根瓦。
明治時代の物は品質が良かったので今でも使えてるそうです。

f0032011_15595771.jpg

11.二階宴会場。
部屋にドンと飾られた金屏風、かなり高価な物らしく普通の建て売りの家が買えちゃうほどだそうです。

f0032011_15595893.jpg

12.技巧の照明器具。
この照明の本体何で出来てると思いますか?銅か真鍮かと思いましたが、これ木製らしいです!
同じ福井県の鯖江市は漆器で有名な土地で、その木工職人が手掛けたそうで、日本でもそうそうある物ではないそうです。

f0032011_15595828.jpg

13.柱の無い床の間。
飾られてる物はどれも貴重な物ばかり。

f0032011_15595844.jpg

14.三日月。
紅殻の壁の三日月、お洒落です。

f0032011_15595773.jpg

15.向かいは満月。
反対側の壁には満月が、これを背景に芸子が舞っていたんでしょうね~。

f0032011_15595837.jpg

16.隠し部屋。
宴会で盛り上がった後、金持ってる客達がする事と言えば・・・・。

f0032011_15595777.jpg

17.花模様。
隠し部屋の照明傘の柄が意味深で。

f0032011_15595740.jpg

18.一階宴会場。
華やかさはないがこちらで一番広い部屋。

f0032011_15595747.jpg

19.庭を愛でながら。

f0032011_15595751.jpg

20.ヤマドリ。
始め見た時はキジの雌かと思いました。

f0032011_16055711.jpg

21.凝ってるな~。
こちらの建物で感心するのが障子の格子模様。
どの部屋も技巧を凝らした細工がされてて見入ってしまいます。
これも前後の障子を入れ替えると、白地の菱になります。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-02 17:42 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

小浜・三丁町 其の一

5月12日、老富でシャガを撮った後に向かいましたのは、お隣の福井県小浜市にある三丁町に行って来ました。
f0032011_19142094.jpg

1.海だ~~~~!!!。
海の無い盆地の京都に暮らしていますと、海見ただけでかなりテンションが揚がります。

f0032011_19142090.jpg

2.東西南北。

f0032011_19141943.jpg

3.新緑と青空と海の色。

f0032011_19142050.jpg

4.釣り人とクルーズ船。
白鳥海岸。

f0032011_19142048.jpg

5.翼のテラス。
ただのオブジェやなくって、日時計になっております。

f0032011_19142019.jpg

6.オッ!君は。
最近は町中まで進出してきているイソヒヨドリ。
もう少し好い所に止まって欲しかった・・・・。

f0032011_19142024.jpg

7.小浜西組。
福井県小浜市にある小浜城の城下町で、小浜市小浜西組伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

f0032011_19275273.jpg

8.ここでのお目当て。
西組の中でも北前船で賑わっていた頃、沢山のお茶屋さんが建ち並ぶ、三丁町へ。

f0032011_19155590.jpg

9.格子とくくり猿。
建物の軒にぶら下がっております。

f0032011_19155584.jpg

10.庚申さん。
くくり猿があちこちにぶら下がっていたのは、町に庚申堂があったからなんですね。

f0032011_19155449.jpg

11.ロケ現場。
少し前のNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」に出て来たそうです。

f0032011_19155540.jpg

12.ばったり床几。

f0032011_19185002.jpg

13.リノベーション。
古い町家を使ったカフェなんかもあります。

f0032011_19155547.jpg

14.ほんまもん。
こちらの町家はペンキではなく、ちゃんと紅殻で塗られてますね。

f0032011_19155535.jpg

15.格子戸と出格子。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-01 19:46 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

初夏の花巡り・藤@惣社神社

5月4日、三大神社の後、向かったのは近くにある惣社神社。
こちらも藤を売りにしているそうで覗いて来ました。
f0032011_22271260.jpg

1.薬剤散布中~!。
向かう最中の麦畑、こんな風にして薬剤散布するんですね~!
しかし、この長さのホースが浮くんですね!!!

f0032011_22271211.jpg

2.春麦。

f0032011_22271074.jpg

3.徒歩10分。
惣社神社に着きました。

f0032011_22271146.jpg

4.あれが藤棚か。

f0032011_22271119.jpg

5.お祭りでも?。
提灯に紅白幕、何か祭でもあるのか?あったのか?

f0032011_22271196.jpg

6.こちらも。
まだ先っぽは咲いておりませんでした。

f0032011_22271195.jpg

7.うねる古木。
枝同士が絡み合って凄い迫力です。

f0032011_22271169.jpg

8.変な光景。
日差しを浴びた紅白幕の異様な存在感。

f0032011_22271147.jpg

9.貸し切り。
三大神社と違って、こちらは訪れる人もおらず貸し切り状態でした。

f0032011_22271161.jpg

10.ここでも黒豆さん。

f0032011_22373808.jpg

11.また来年。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-05-30 19:36 | 虫&花 | Trackback | Comments(0)

初夏の花巡り・藤@三大神社 sanpo

5月4日、この日は朝から滋賀県の草津にあります、三大神社の藤を撮りに行っておりました。
f0032011_21301467.jpg

1.三大神社。
朝6:30に着きましたが、既にカメラマンがちらほら来ておりました。

f0032011_21301474.jpg

2.藤の社。

f0032011_21301476.jpg

3.二段藤。

f0032011_21301481.jpg

4.満開とはいかず。
7分咲きって感じでしょうか、まだ先っぽの方は堅そうな蕾でした。

f0032011_21301461.jpg

5.凄いな~!。
今までこれほどの規模の藤棚と花の密度は見た事がないので、感動でした~!!!

f0032011_21301428.jpg

6.藤のアーチ。

f0032011_21301451.jpg

7.藤のシャワー。
甘いええ香りが立ちこめてます♪

f0032011_21325311.jpg

8.一人咲き。

f0032011_21301353.jpg

9.砂ずりの藤。
こんなに伸びるもんなんですね~藤って。
地元では60センチくらいしか伸びてるの見た事がないので。

f0032011_21301322.jpg

10.満開にはなるのかな?。
房全部咲ききる前に上が散ってしまいそうですね。

f0032011_21301557.jpg

11.朝の藤色。

f0032011_21325318.jpg

12.黒豆さん。
藤と言えば必ず飛んでおりますクマバチ、藤撮りもそこそこにこっちに気が行ってしまいました(笑

f0032011_21325284.jpg

13.藤色にホバ。
とにかく好いボケの所飛んでるのを狙ってひたすら打ちまくりです!

f0032011_21325283.jpg

14.Y字の触覚。
シャッタースピードも狙いバッチリで、好い感じにブレております。

f0032011_21325233.jpg

15.かいかい。
人の帽子がモロに入ってしまってますが、後ろ足で花粉掻き集めてる仕草が撮れたので。

f0032011_21325235.jpg

16.また来年。
次は満開になった所とライトアップも見てみたいな~!




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-05-29 19:36 | 虫&花 | Trackback | Comments(2)

滝巡り@宇陀 龍鎮の滝 sanpo

4月27日、連休初日奈良へ向かったのは、この滝を撮りに行くのが目的でした。
以前知り合いのカメラ仲間さん達が撮られてるのを見て、一度撮ってみたいと思っておりました~!
f0032011_20410499.jpg

1.巨岩が転がる沢。
室生ダムから上流に行くと林道があり、そこからテクテク歩いて行きます。

f0032011_20410369.jpg

2.森林浴。
この道であってるのかと不安になりながらも、気持ちの好い森の中を行きます。

f0032011_20410442.jpg

3.深谷竜鎮渓谷。
看板に竜鎮の文字が!この道で間違いないようです。

f0032011_20410227.jpg

4.なんでこんな所に?。
川を渡るように紙垂が吊されております。

f0032011_20410299.jpg

5.龍鎮神社。
目的の滝に着いたみたいです。

f0032011_19515850.jpg

6.神域。
滝全体が神社になってるみたいです。

f0032011_20410364.jpg

7.参拝。
滝を挟んで、祠と拝殿が建っております。

f0032011_20410350.jpg

8.龍が眠る滝。
こちらがお目当ての龍鎮の滝です!
小さな滝に、大きなエメラルドグリーンの滝壺、龍が居てもおかしくない光景です。

f0032011_20410383.jpg

9.滑らかに落ちる水。
もう少し水量があった方が、滝の上の部分も白く撮れたかも?
でもそうなると水面が揺らいでしまうので、難しいところですね。

f0032011_20410371.jpg

10.クルクル回る。
滝壺に浮かんだ枯れ葉、長秒で撮ったら面白い模様になりました。
出来れば1分くらい露光したかったな~、持ってるND8では30秒が限界でした。

f0032011_21360614.jpg

11.流れ落ちる。
滝壺から流れ出す水、真っ直ぐ流れず数段の小さな滝になって流れ落ちております。
自然が作り出す面白い光景です。

f0032011_20450785.jpg

12.渦巻く。
見ただけでは水の流れは分かりませんが、長秒で撮ると渦を巻いてる流れが良く分かり、
こうやって少しずつ岩肌を削って滝壺が成長していくんですね~。

f0032011_20450783.jpg

13.足元注意!。
ただ濡れてるだけのように見えますが、苔が生えててツルツルに滑ります。
危うく股裂きになりかけました(笑

f0032011_20450719.jpg

14.流れの彩り。
赤く色付いた枯れ葉が好いアクセントになってくれました。

f0032011_20450891.jpg

15.滝の最後。
まるで人工的にくり抜いたかのようにえぐれた部分、流れて来た石がここで溜まって、
大水の時に攪拌されて岩を掘っていくんでしょうね。

初めてまともに撮る滝でしたが、なかなか思い描いたようには撮れず、悪戦苦闘でした~(汗
取り敢えずNDフィルター買い足さないといけないな。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-05-15 19:53 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)