デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:美山・郊外 ( 295 ) タグの人気記事

雨の里景色@美山茅葺きの里

雨の日の美山シリーズ、本日ラストです。
最後は雨の里の風景をご覧ください。
f0032011_20393510.jpg

1.雨の日の山里。

f0032011_20393518.jpg

2.揺蕩う雨雲。

f0032011_20393577.jpg

3.白く消されて行く。

f0032011_20412722.jpg

4.色付くバス停。

f0032011_20412738.jpg

5.谷を流れて。

f0032011_20412788.jpg

6.五右衛門風呂かな?。

f0032011_20422529.jpg

7.高床式便所。

f0032011_20422559.jpg

8.てるてる葱坊主。

f0032011_20422475.jpg

9.美山の鎌倉。

f0032011_20430399.jpg

10.たわわに実る。

f0032011_20430491.jpg

11.額縁の里。

f0032011_20430443.jpg

12.ポタポタと。

f0032011_20440264.jpg

13.薪風呂。

f0032011_20440256.jpg

14.雨粒チェーン。

f0032011_20440251.jpg

15.甘い物♪。

f0032011_20440211.jpg

16.峰の鉄塔。

f0032011_20440291.jpg

17.煙る稜線。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-09-19 18:22 | 京都郊外・美山 | Trackback | Comments(0)

雨の秋の花達@美山茅葺きの里 其の二

雨の美山の里の花巡りの続きです。
f0032011_20474707.jpg

1.里の目印。
すっかり馴染んだパンパスグラス。

f0032011_20474897.jpg

2.ツユクサの露。

f0032011_20474853.jpg

3.雨秋桜。
コスモスが見頃を迎えております。

f0032011_20474708.jpg

4.雨宿り。
ハナムグリ。

f0032011_20474763.jpg

5.濡れピンク。

f0032011_20474765.jpg

6.里の紅白。

f0032011_20474767.jpg

7.連なり垂れ下がる。
雨の日ならではの光景。

f0032011_20474871.jpg

8.ラスト二枚の花占い。

f0032011_20514999.jpg

9.花小径。

f0032011_20514941.jpg

10.夏と秋の花達。
ヒマワリとキバナコスモス。

f0032011_20474802.jpg

11.花傘雨宿り。
ツマグロヒョウモンチョウ。

f0032011_20515027.jpg

12.白い花の森。
ニラの花。

f0032011_20514986.jpg

13.白い星。

f0032011_20514908.jpg

14.羽音響かせ忙しく。
ホシホウジャク。

f0032011_20514904.jpg

15.下からドンドン花開く。
トラノオ。

f0032011_20532448.jpg

16.超撥水効果。
合歓の木。

f0032011_20532446.jpg

17.トリトマ。
アロエの花によく似ていて、ど派手な色が目を惹きます。
別名トーチリリーと呼ばれてるとか。

f0032011_20532408.jpg

18.花のベッドで。
これなんの花でしょ?

f0032011_20532474.jpg

19.軒先で項垂れる。
ユリ。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-09-18 19:35 | 虫&花 | Trackback | Comments(2)

雨の秋の花達@美山茅葺きの里 其の一

蕎麦の花に続きまして、里の色んな所に咲いてる秋の花達を。
f0032011_20110056.jpg

1.上も下も賑やかに。
萩が満開でした。

f0032011_20110098.jpg

2.雨の中でも。
この日は雨の中でも、シジミチョウがよく飛んでおりました。

f0032011_20110089.jpg

3.濡れ萩。

f0032011_20110107.jpg

4.散り溢れる。

f0032011_20110081.jpg

5.穂を濡らす。
開ききる前のススキ。

f0032011_20110093.jpg

6.燃え尽きたよ・・・・・。
夏の名残のヒマワリ。

f0032011_20110052.jpg

7.百日まで残りは?。
百日紅も、そろそろ終わりですね。

f0032011_20133351.jpg

8.一番乗り~!。
曼珠沙華はこれから。

f0032011_20133253.jpg

9.濡れた紅。

f0032011_20133385.jpg

10.畦に咲く。

f0032011_20133242.jpg

11.雨の日のお散歩。
雨が降る道に多分「ウマオイ」がおりました。

f0032011_20133342.jpg

12.茅葺きと木槿。

f0032011_20133378.jpg

13.秋の実り。
冬の雪が降る日まで残っておくれよ~!

f0032011_20161859.jpg

14.塗れたパッションピンク。
秋海棠。

f0032011_20161864.jpg

15.秋海棠とヤブラン。

f0032011_20161847.jpg

16.秋海棠とミズヒキ。

f0032011_20161838.jpg

17.紫苑。

f0032011_20161871.jpg

18.ご機嫌さん。
美山で見るのは始めてやないかな???

f0032011_20161845.jpg

19.紫ボール。
千日紅。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-09-17 19:42 | 虫&花 | Trackback | Comments(2)

雨の蕎麦畑@美山茅葺きの里

9月15日、連休初日は生憎の雨でしたが、丁度美山の蕎麦の花を撮りに行くのに最適とあって、
朝から車飛ばして行って来ました~!
f0032011_17151173.jpg

1.蕎麦畑。
台風の影響で162号線通行止めで、迂回路走ったりしましたが無事に到着です。

f0032011_17151148.jpg

2.煙る山。
狙い通り雨雲が垂れ込めてええ雰囲気になっております~♪

f0032011_17151118.jpg

3.白い小さな花。
小雨降る中、滴をまとった蕎麦の花が好いです。

f0032011_17221017.jpg

4.流れる白い帯。

f0032011_17221128.jpg

5.ひょろりと伸びる。
蕎麦の花も台風の影響で倒れたりしたみたいです。

f0032011_17151064.jpg

6.寂しい定番ポイント。
ポスト前の蕎麦畑ですが、今年は蕎麦の密度生育状態共にイマイチで、ちょっと寂しい状態でした。

f0032011_17151069.jpg

7.赤い蘂。
蕎麦の背丈が低いから、しゃがんでマクロで撮るのが辛い辛い(汗

f0032011_17151037.jpg

8.白に飲み込まれて行く。
流れてくる雲で、一面真っ白にはなりませんでした。

f0032011_17264447.jpg

9.美山トリコロール。
稲の黄色に、畦の緑、そして蕎麦の白。

f0032011_17264411.jpg

10.赤い実。
小さな花からは想像つかない大きな実を付けるんですよね~。

f0032011_17264449.jpg

11.白い絨毯。
茅葺きの里から一番遠い所の畑は好い感じに育ってました。

f0032011_17264402.jpg

12.初秋の里景色。

f0032011_17264437.jpg

13.濡れ蕎麦。
撮ってる時は気付かなかったんですが、右下にカマキリが写ってる!

f0032011_17291305.jpg

14.冬の様?。
モノクロにすると雲かかかった杉山が薄っすら雪化粧してる様に見えますね。

f0032011_17291315.jpg

15.額縁の里景色。
自分の定番構図、バス停の窓から切り取る里の眺め。

f0032011_17291313.jpg

16.雨の日の一品。
蜘蛛の巣に水滴が付いて、匠の逸品に!

f0032011_17291382.jpg

17.山紫水明。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-09-16 18:23 | 虫&花 | Trackback | Comments(4)

花背松上げ 其の二

花背松上げの続きです。
f0032011_18063630.jpg

1.雪崩れ込む炎。

f0032011_18063684.jpg

2.散らばる炎。
燈籠木場に差された松明に火が付けられていきます。

f0032011_18063764.jpg

3.見守る中。
燈籠木場を囲むように見物客でいっぱいです。

f0032011_18063547.jpg

4.次々と灯される。

f0032011_18063545.jpg

5.川面を染める。

f0032011_18063572.jpg

6.確かめる。
祭を取り仕切る方が松明の付き具合を確かめて。

f0032011_18063677.jpg

7.千本松明。
役千本ある松明全てに火が灯り、祭の準備が整いました!

f0032011_18063699.jpg

8.集合~!。
松明を付け終わったた皆さん集まって上げ松に火を付けていきます。

f0032011_18063649.jpg

9.松上げ開始~!。
掛け声と共に、松上げが始まりました。
大傘目掛けて、上げ松を振り回して放り投げます。

f0032011_18063692.jpg

10.炎の輪。

f0032011_19060462.jpg

11.軌跡を見上げる。
飛んで行く、上げ松の行方を見上げる皆さん。

f0032011_19060475.jpg

12.燃えさかる。
今年は開始早々に大傘に入ったので、燃え上がるのが早い早い!!!
おかげで色々撮ろうと思っていた物が全然撮れず終いでした。

f0032011_19060402.jpg

13.火柱。

f0032011_19060543.jpg

14.フィナーレ。
大傘が炎で満たされたら、祭のフィナーレ灯籠木が倒されます。

f0032011_19060541.jpg

15.倒れるよ~!。

f0032011_19060375.jpg

16.倒れた~!。

f0032011_19060489.jpg

17.膨らむ炎。

f0032011_19060486.jpg

18.拍手喝采!!!。
倒れたら、観客達から拍手喝采が起こります。

f0032011_19060441.jpg

19.名残火。
祭りの後の物悲しさを感じてしまう残り火。

f0032011_19060435.jpg

20.祭り行列。
祭が終わった後、入り口の大提灯を先頭に、伊勢音頭を歌いながらお堂まで練り歩きます。

f0032011_19081354.jpg

21.足元を照らす。
八の字を書く摺り足で、提灯の足元を照らします。

f0032011_19081388.jpg

22.照らし出す。
真っ暗な道なんですが、帰られる観客の車のライトが行列を照らし出すこの光景が好きなんです。

f0032011_19081389.jpg

23.祭の余韻。

f0032011_19081346.jpg

24.お疲れ様でした~!。
この後お堂で祭の打ち上げが行われるんですかね?

久しぶりに行った松上げ、やはり好いですね~。
今年は早くに火が点いてしまったので30分ほどで終わってしまい、色々と撮れなかったのが残念でした。
また機会がありましたら、行ってみたいと思います。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-08-22 19:35 | 祭・イベント | Trackback | Comments(2)

花背松上げ 其の一

8月15日、6年ぶりに花背で行われる「松上げ」に行って来ました。
松上げの詳しい事はこちらをご覧ください。
f0032011_16463175.jpg

1.無事到着~!。
天気予報で夕立があるとあったので、行く途中に降られないかと心配してましたが、無事に到着です。
鞍馬から山道を一時間ほど走った所にある、「花背山村都市交流の森」その河原で祭が行われます。
真ん中に立っているのが灯籠木(とろぎ)と呼ばれ、先端に付けられた大傘に、火の点いた上げ松を放り投げます。

f0032011_16463122.jpg

2.入るべからず。
祭の場である灯籠木場へは立ち入り禁止です。

f0032011_16463135.jpg

3.始まりの場所。
松上げが始まる前に、近くにある春日神社での神事の様子を見に行って来ました。

f0032011_16463061.jpg

4.祭事の供え物。
お社には祭に使われる、清めの塩と、御神酒と、松明が供えられてました。

f0032011_16494476.jpg

5.上げ松。
神事が始まる時間になると、祭を取り仕切るご老人方がやって来られました。
腰に付けてるのが「上げ松」と呼ばれる物で、これに火を付けてグルグル回して放り投げます。

f0032011_16463161.jpg

6.神事。
権禰宜役の方がお社で祝詞あげられます。

f0032011_16463030.jpg

7.種火。
祭に使う、渡された種火を消さないように慎重に。

f0032011_16463071.jpg

8.まずは。
種火から火を起こし、まずは神社前に篝火を灯されます。

f0032011_16495670.jpg

9.篝火。

f0032011_16463178.jpg

10.祭の火。
供えられてた熨斗が巻かれた祭用の松明が運び出されます。

f0032011_16530616.jpg

11.ほな、参りましょうか。
準備が整い、みんなが待つお堂へ出発です。

f0032011_16540429.jpg

12.暗い夜道。

f0032011_16541675.jpg

13.再び出発。
お堂で禊ぎが行われ、祭に参加する方が松明片手に灯籠木場へ向かいます。

f0032011_16530748.jpg

14.闇夜に浮かぶ。

f0032011_16530508.jpg

15.勇み行く。
約40人ほどの方が向かいます。

f0032011_16530639.jpg

16.技術の進歩。
D3の時では使い物にならなかったニッパチレンズでも、こうして撮る事が出来るようになるとは。

f0032011_16530668.jpg

17.炎を揺らして。

f0032011_16530601.jpg

18.向かう炎の列。
灯籠木場へ着いて、いよいよ祭の本番が始まります!




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-08-21 19:55 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

山の中の絶景 シャガ群生地@水源の里・老富

5月3日、四連休初日は夜明け頃までパラパラと雨が降っておりましたが、
バイク飛ばして綾部(殆ど福井県なんですが)にあるシャガの群生地へ行って来ました。
f0032011_21385260.jpg

1.シャガの群生地。
数年前に偶然発見された杉山の中に群生するシャガ。
それを三年前から観光資源としていかされているようです。

f0032011_21584668.jpg

2.鎮守の杜。

f0032011_21385216.jpg

3.杉の小道。
綺麗に整備された道が作られ、散策出来ます。

f0032011_21385280.jpg

4.一面のシャガ!。
山の中に入って直ぐに辺り一面のシャガの群生が、これほどまでに咲いてる光景は圧巻です!!!

f0032011_21385264.jpg

5.切り株に芽吹く。

f0032011_21385191.jpg

6.花の小道。

f0032011_21385273.jpg

7.濡れ姿。
こちらは余り雨が降っていなかったのか?滴まとった姿を期待していたんですがね。

f0032011_21385169.jpg

8.花畑。
これだけ咲いてると、どう切り撮ればいいか逆に悩みますね。

f0032011_21385163.jpg

9.山肌を埋め尽くす。
雨上がりの靄を期待してこの日に出掛けたんですが、この日は出てなかったようです・・・・。

f0032011_21385151.jpg

10.九輪草が?!。
何カ所か、杉の幹のそばに九輪草が咲いておりました。
これは自生してるのかな?それともこちらの方が植えられたのかな???

f0032011_21500640.jpg

11.これは?!。
シャガの中に何やらヘンテコの花が?よく見たらユキモチソウではないですか!
自生してるの初めて見ました。

f0032011_21500553.jpg

12.森に日が差し込む。
予報では晴れるとあったので、朝の斜光を楽しみにしていたんですが、
数回日が差し込んだだけで、ひたすら曇り空に終わりました。

f0032011_21500703.jpg

13.小道を照らす。

f0032011_21500740.jpg

14.枯れ沢。

f0032011_21500522.jpg

15.新緑とシャガ。

f0032011_21500639.jpg

16.靄がかかれば。
ファンタジーな光景になってたでしょうね~。

f0032011_21500671.jpg

17.どっちが似合う?。
この花、ハイキーにするか、ローキーにするか、どっちが似合いますかね?

f0032011_21500644.jpg

18.古株とシャガ。
シャガばかりでは単調になるんで、ついつい切り株と絡めて撮ってる写真が沢山。

f0032011_21500668.jpg

19.秘密の花園。


20.最後のシータ。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-05-12 19:13 | 京都郊外・美山 | Trackback | Comments(0)

梅巡り@龍興寺

淀で河津桜撮った次に向かったのは、
大山崎から縦貫道使って南丹八木にあります「龍興寺」さんへ、今年最後の梅を撮りに行って来ました。
久しぶりに走る高速は怖かった~(汗
f0032011_18421372.jpg

1.京都の三龍寺
龍安寺・龍潭寺とこの龍興寺だそうです。

f0032011_18421386.jpg

2.梅園。
大きな梅園があります。

f0032011_18421217.jpg

3.俯瞰梅。
上から梅を眺めるのって初めてです。

f0032011_18421371.jpg

4.赤・白・桃色。
色んな梅が植えられております。

f0032011_18421385.jpg

5.快晴に紅白梅。
縦貫道の千代川で降りた時はちょっと曇りかけていて、怪しいかな~?と心配したんですが、
着いたら無事に青空が顔出してくれました(●^o^●)

f0032011_18421460.jpg

6.見頃はいつ???。
満開のようで満開じゃない感じ、見頃は過ぎてるのか?まだこれからなのか?

f0032011_18421318.jpg

7.地面を彩る。
結構花弁が散っていたので、見頃過ぎやったんかな~?

f0032011_18421373.jpg

8.整然と。
綺麗に並べられて植えられてるので、幹の撮り方でも面白くなります。

f0032011_18421219.jpg

9.真っ赤。
今年はこの真っ赤な梅に凄く目がいっちゃいます。

f0032011_18463869.jpg

10.ピンクの傘。
枝垂れ梅は丁度見頃でした。

f0032011_18463706.jpg

11.今年は花少なめ。
京都銀行のポスターにも使われたこちらの枝垂れ梅、今年はちょっと花が少ないと言われてました。

f0032011_18463819.jpg

12.貸し切り。
撮ってる間に一人だけ来られましたが、それ以外は貸し切りでのんびり楽しめました~♪

f0032011_18463843.jpg

13.小さな花筏。

f0032011_18513849.jpg

14.賑やかに咲き誇る。

f0032011_18513832.jpg

15.ここの梅は。
皆枝振りがよく似ていて、綺麗に並んでるから、なんか面白いです。

f0032011_18482438.jpg

16.真っ赤に思える白梅。


17.最後のシータ。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-03-20 19:50 | 虫&花 | Trackback | Comments(1)

三宅徹写真展「掌」@酬恩庵一休寺

昨日は知り合いのプロカメラマンの三宅徹さんの二回目の写真展が行われている、
田辺にある一休寺へ行って来ました。
f0032011_09463904.jpg

1.開催中。
家族総出で作られる、一休寺名物の「一休寺納豆」の製造工程を撮られた写真展です。

f0032011_09463938.jpg

2.久方ぶり。
こちらへ来るのは何年ぶりでしょ?

f0032011_09463967.jpg

3.合掌。

f0032011_09463800.jpg

4.冬の坂道。

f0032011_09463934.jpg

5.白壁に山茶花。
冬枯れの参道に唯一色を落とす山茶花の花。

f0032011_09463862.jpg

6.壁影。

f0032011_09463863.jpg

7.一善一年。
一休さんと言えば、この世代です。

f0032011_09463886.jpg

8.菊の紋。
一休さんが眠る廟。

f0032011_09463977.jpg

9.屏風の虎。
一休さんのお話で出て来る奴ですね~!

f0032011_09463991.jpg

10.写真展会場。
庫裡の一部屋で行われている写真展。
ご本人から作業内容の細かい説明から、プリントに関する色々な事を聞かせてもらえて、いい勉強になりました。

f0032011_10001284.jpg

11.Let's座禅。

f0032011_10001261.jpg

12.方丈庭園。
皐月の刈り込みが特徴的な庭園。
花が咲いてる時にも訪れてみたいです。

f0032011_10001255.jpg

13.ハートの皐月。

f0032011_10001288.jpg

14.伽藍。

f0032011_10001118.jpg

15.折れ曲がる縁側。

f0032011_10001173.jpg

16.手水に一輪。

f0032011_10001107.jpg

17.本堂。

f0032011_10001125.jpg

18.ツルツル、テカテカ。
小僧の一休さん像、みんなが頭撫でるから、そこだけピカピカになっております。

f0032011_10030532.jpg

19.このはしわたるな。
こちらには、有名な話の橋が。

f0032011_10030599.jpg

20.羅漢。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2018-02-18 10:41 | 祭・イベント | Trackback | Comments(2)

正月雪景色@京北町 常照皇寺・其の二

美山で雪景色を堪能した後は、朝寄り道した京北町の常照皇寺に再び訪れました~!
f0032011_21313276.jpg

1.色が戻った。
お日さんが出て雪も少し溶けているせいで、水墨画の世界から色が戻って来ました。

f0032011_21313213.jpg

2.日陰は。
まだまだ十分水墨画の世界でした。

f0032011_21313268.jpg

3.しずる雪。
木の上に積もった雪が溶け始めて、ボトボト落ちてきます。

f0032011_21313055.jpg

4.静寂。

f0032011_21313159.jpg

5.雪稲荷。

f0032011_21391462.jpg

6.儚い雪の華。
朝来た時は満開やった雪の華も、お昼前にはかなり散っておりました~。

f0032011_21313104.jpg

7.ピンと張り詰める。
雪の日のこの眺めが大好きなんです♪

f0032011_21313168.jpg

8.雪廊下。

f0032011_21313144.jpg

9.池の雪。

f0032011_21313196.jpg

10.九重雪桜。
こちらは雪桜が満開でした!

f0032011_21430544.jpg

11.お屋根の雪景色。

f0032011_21430521.jpg

12.足が冷たい・・・・。
スリッパ履いてても、足の指先が冷たくって痛くなります。

f0032011_21430536.jpg

13.赤い差し色。

f0032011_21430648.jpg

14.映る雪景色。

f0032011_21430532.jpg

15.祈りを捧げる。

f0032011_21445527.jpg

16.まだまだたっぷり!。
踏み荒らされていない池周辺は、朝来た時と変わらない状態。

f0032011_21430458.jpg

17.目眩まし!。
派手なしずる雪で、目の前が一面雪の煙幕で真っ白に。

f0032011_21430507.jpg

18.晴れる山。
おもいっきり堪能出来た正月の雪景色でした~♪\(^o^)/




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします




第2回プラチナブロガーコンテスト



by dejikaji | 2018-01-18 20:47 | 京都郊外・美山 | Trackback | Comments(2)