デジタルな鍛冶屋の写真歩記

タグ:自然・四季の移ろい ( 1342 ) タグの人気記事

鴨川のサギ2019 色付き出ました~!

6月29日、雨降りそうになかったので、気になっていた鴨川のサギを撮りに行って来ました。
f0032011_19584017.jpg

1.水量回復。
梅雨入りしてから数日雨が降ったおかげで、鴨川の水量も増えてようで魚が動いてくれてると好いんですがね~?
サギが居ない間に現場の草むしりついでにパチリ!

f0032011_19584082.jpg

2.翼を広げて。
まずはダイサギがやって来ました。

f0032011_19584088.jpg

3.この日の一発目。
来て早々に捕食体勢。

f0032011_19583945.jpg

4.捕まえました~!

f0032011_19583980.jpg

5.ファーストフィッシュ。
は、カマツカでした。

f0032011_19584038.jpg

6.身嗜みは大事。
ダイサギも恋の季節、顔の部分が黄緑色の婚姻色が出ております。

f0032011_19584047.jpg

7.流れを闊歩。
この日絶好調だったダイサギ、川を行ったり来たりしては鮎やオイカワなどをコンスタントに捕まえておりましたら。

f0032011_19583960.jpg

8.オッ!これは?!。

f0032011_19583905.jpg

9.色付き出ました~!!!。
ファインダーでは分からなかったんですが、後で確認したら今シーズン初のオイカワの婚姻色が出ました~!!!
\(^o^)/
ええサイズやのに、ちょっと遠すぎでした・・・・。

f0032011_20013213.jpg

10.ゴイさんも登場。
前回に続いて、ゴイさんも来てくれました。
ここ数年は何故か落ち込みの上の段(通称お立ち台)では捕食しなかったんですが、
今年はどのサギもこぞってここで魚捕まえようとします。

f0032011_20013234.jpg

11.こっち向いてよ~!!!。
捕まえる回数は少ないものの頑張ってるゴイさんもついに色付き捕まえました~!
が!、いつもなら魚落としても大丈夫なように岸のこちら側に向くんですが、
この日は全く振り向かずに全部飲み込んでしまいやがります。
おかげで折角のチャンスも尻尾だけしか見えない・・・・(涙

f0032011_20013172.jpg

12.脱水。
一仕事終えて。

f0032011_20013193.jpg

13.根性ある奴。
いつもなら一番立場の弱いゴイサギは追い払われるんですが、この個体はかなり気が強いみたいで、
やって来たコサギを追い払います。

f0032011_20023232.jpg

14.コサギもやって来て。
目元が綺麗なピンク色の婚姻色が出て可愛いですね~。

f0032011_20023228.jpg

15.大慌てのコサギちゃん。
この日一番動きのある画が撮れたシーンを。
飛び跳ねて岸に落ちてしまったオイカワに気が付いて慌てて捕まえようとします。

f0032011_20023166.jpg

16.なんとか捕まえたのはいいが。

f0032011_20023113.jpg

17.飛んだ勢いで。
捕まえた部分が胸びれの先っちょで。

f0032011_20023142.jpg

18.着地の衝撃で。
ヒレが千切れてしまいオイカワが!。

f0032011_20023143.jpg

19.あ゛~~~!!!。
って言ってるみたいなコサギ。

f0032011_20023136.jpg

20.川へ逃げていかないように慌てて捕まえ直します。

f0032011_20023135.jpg

21.又しても微妙な所を。
再度捕まえ直した所は下あご。

f0032011_20023223.jpg

22.早業で銜え直して。
又千切れて落とすかと思いましたが、今度は速攻で銜え直しておりました。

f0032011_20023225.jpg

23.最後は。
岸上まで上がって、ゆっくり魚飲み込んでおりました。

本格的にシーズンインした鴨川、そして祇園祭、蓮に猫と、あれもこれも撮りたい物が有り過ぎて休みが足りなくなりますね~!!!
(●^o^●)




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-07-04 18:37 | 野鳥・鴨川のサギ達 | Trackback | Comments(2)

滝巡り@北小松 楊梅の滝・雄滝

6月1日、滋賀県北小松にある楊梅の滝の続きです。
雌滝から雄滝に移動しての撮影です。
f0032011_18043727.jpg

1.探検家気分。
前回の急な登り道を上がったら、今度はこんな鉄のハシゴが架けてあって、ここを登って行きます。

f0032011_18043681.jpg

2.楊梅の滝・雄滝。
大きな岩をぐるりと回ると、目の前に雄滝が姿を現します。

f0032011_18043603.jpg

3.落差40メートル。
滋賀県でも有数の大きな滝です。

f0032011_18043795.jpg

4.赤い岩肌。
滝の岩肌が赤いせいで、滝の存在感を際立たせております。

f0032011_18140733.jpg

5.岩肌を流れ落ちる。

f0032011_18043663.jpg

6.ほとばしる水。

f0032011_18043797.jpg

7.白糸のベール。
岩が黒くないから、立体感がよく出ますね。

f0032011_18043675.jpg

8.滝の頂。
上はどんな光景が広がってるんでしょ?
登って行けるのかな???

f0032011_18043608.jpg

9.滝壺。
落差が大きい割に滝壺は小さかったですね。

f0032011_18140791.jpg

10.無限の流れ。

f0032011_18140755.jpg

11.滝の出口。
結構な水量ですが、出口ではこれ位しか流れてません。

f0032011_18140669.jpg

12.薬研の滝。
雄滝と雌滝の間にある薬研の滝(やけんのたき)、雄滝に向かう途中撮影場所があるんですが、
足場が悪そうで滑り落ちそうやったので辞めておきました。
楊梅の滝は雄滝(40m)、薬研の滝(21m)、雌滝(15m)からなり、総合落差76mは滋賀県内では1位とされる。

f0032011_18140630.jpg

13.向こうに見えるのは。
帰り道はあの急な坂を下りるのは無理なんで、遠回りの登山道で。
途中見晴らし台から雄滝の姿が見えます。

f0032011_18140655.jpg

14.琵琶湖を望む。
目の前に浮かぶのは沖島です。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-29 19:16 | その他あちこち | Trackback | Comments(2)

滝巡り@北小松 楊梅の滝・雌滝

6月1日、この日は朝から滋賀県北小松にある、楊梅の滝を撮りに行っておりました。
まずは二つある滝の雌滝の方から。
f0032011_19150911.jpg

1.楊梅の滝。
国道161号線から、JR北小松駅からも直ぐ近くで駐車場もある、滝撮り初心者にはうってつけの滝です。

f0032011_20053298.jpg

2.最初から。
滝へ向かう道のいきなりからこんな光景が。

f0032011_19151028.jpg

3.水が綺麗。

f0032011_19151041.jpg

4.なかなか進めない。
道中こんな小さな落ち込みがある光景ばかりで、撮っていたらなかなか滝へ進めません(笑

f0032011_19151079.jpg

5.大きな岩。
もう少し水量があれば、この道中だけでも十楽しめそう。

f0032011_19151062.jpg

6.楊梅の滝・雌滝。
出発して10分で雌滝に到着~!
道も綺麗に整備されてて、とても登りやすいです。

f0032011_19151095.jpg

7.二連滝。
落ちる所で二股に分かれてる滝。

f0032011_19151097.jpg

8.滝壺。

f0032011_19151009.jpg

9.響き渡る滝の音。
写真では見えませんが、滝近くには足場が組まれていて撮りやすいです。

f0032011_19151152.jpg

10.祠の石仏。

f0032011_19183650.jpg

11.ここ登るの???。
雌滝から次は雄滝に向かうんですが、道が二つありまして。
一つは20分ほどかけて大回りする登山ルート、もう一つは雌滝の横を登って行く近道。
もちろん近道を行く訳ですが、ご覧の様な道とは呼べない切り立った場所を登って行きます!!!
急な斜面を滑りそうになりながらも、岩や木を掴んで登って行きます。
さすがにこれはちょっと怖かったです(汗




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-28 19:18 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

滝巡り@中川 菩提の滝。 sanpo

5月26日、滝又の滝の次に向かったのは中川にあります「菩提の滝」です。
f0032011_21544815.jpg

1.滝の入り口。
看板無ければ、確実に通り過ぎてしまってます。

f0032011_21544670.jpg

2.遊歩道が・・・。
去年の台風の影響でしょうか、遊歩道が一部無くなっておりました。

f0032011_21544662.jpg

3.階段も。
土台の土が流されて崩れてしまった感じ。

f0032011_21544863.jpg

4.倒木も。

f0032011_21544786.jpg

5.五分ほどで到着~!。
予想以上に近くに滝がありました。
そしてここにも倒木が邪魔しておりました・・・・(涙

f0032011_21544684.jpg

6.菩提の滝。
この滝の最大の泣き所は、正面から撮ると上にガードレールが入ってしまう所です・・・・。

f0032011_21544718.jpg

7.ざわめく水の音。

f0032011_21544758.jpg

8.滑り落ちる白布。
近くまで寄ると見えなくなりますね。

f0032011_21593871.jpg

9.ひたすら叩き付ける。

f0032011_21593706.jpg

10.見えない。
滝に向かって左側の岩に不動尊が祀られてるんですが、倒木の枝が見事に覆い被さってお姿は見れませんでした・・・・。

f0032011_21544666.jpg

11.映画に出て来そう。
と思ったら、やはり色々な時代劇に使われてるみたいです。

f0032011_21593849.jpg

12.水量がね~。

f0032011_21544776.jpg

13.滝壺。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-18 18:24 | 京都郊外・美山 | Trackback | Comments(2)

滝巡り@細野 滝又の滝 sanpo

5月26日、朝から滝巡りに行っておりました。
一個所目は京北町細野にあります「滝又の滝」です。
f0032011_20245465.jpg

1.ここから始まります。
国道162号線から脇道に入って直ぐ滝への道があります。

f0032011_20245522.jpg

2.山の中。
杉の運び出しに使われてるモノレールが。

f0032011_20245302.jpg

3.大雨で。
道自体はしっかりと歩きやすく目印もしてあっていいのですが、大雨で川渡るための板が流されてしまっているために、
渡渉しないといけなくなります。

f0032011_20245324.jpg

4.廃屋に道標。

f0032011_20245443.jpg

5.わざわざ買いました!。
滝撮りするには長靴が無いと駄目なので買いました~!
ジャブジャブ川渡るのが妙に楽しかった♪(●^o^●)

f0032011_20245374.jpg

6.森の住人。
何やら動く物が目に入ったので、よく見ると~アカガエルがおりました。
このカエル、なかなか可愛い鳴き声なんですよ。


f0032011_20245309.jpg

7.滝まで800メートル。
増水で倒れただけなのか?それとも上流から流されて来たのか分かりません。

f0032011_20245366.jpg

8.なんじゃこりゃ???。
遊歩道歩いてましたら、突如こんなのが現れました~!!!

f0032011_20245338.jpg

9.滝又の石仏。

f0032011_20245368.jpg

10.真新しい石仏。
岩壁をくり抜いた所に石仏が置かれております、これは一体何の為に作られたんでしょ???

f0032011_20345589.jpg

11.三十八体。
細野と余野と言う所を結ぶ林道に作られてるこの石仏、なんの為かは調べても出て来ませんでした~?

f0032011_20345550.jpg

12.水面の緑。
滝を目指して進んで行きます。

f0032011_20345562.jpg

13.岩に変化が。
沢の岩がゴロゴロとした岩から、一枚物のごつい感じに変わってきました、滝も近いのかな???

f0032011_20345565.jpg

14.岩に覆い被さる。
杉の根が大きな岩に被さるように生えてるのが凄いです!!!

f0032011_20345442.jpg

15.聞こえる滝の音。
いよいよ滝に着いたかな?

f0032011_20345593.jpg

16.滝又の滝。
歩き始めて約30分、無事に到着です~!!!

f0032011_20491935.jpg

15.倒木が・・・・。
去年の台風の爪痕でしょうか?滝壺に大きな杉が倒れておりました・・・・(涙

f0032011_20491819.jpg

16.ちょっと水量少なめ。

f0032011_20491973.jpg

17.新緑と滝。
秋にも訪れてみたいです。

f0032011_20491912.jpg

18.アサヒナカワトンボ。
多分あってるとは思うんですがね~?

f0032011_20491818.jpg

19.落ちる水。

f0032011_20491971.jpg

20.晴れると辛いな~。

f0032011_20491988.jpg

21.映り込む滝。
うん~~、言わないと映り込んでるか分かりませんよね(汗




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-13 19:43 | 京都郊外・美山 | Trackback | Comments(0)

新緑巡り@南禅寺塔頭 南禅院 sanpo

5月18日、南禅寺の天授庵の次に向かいましたのは、同じく塔頭の一つである南禅院です。
f0032011_16173137.jpg

1.水路閣の傍。

f0032011_16173119.jpg

2.緑の襖絵。
ここからの眺めが堪らなく好いんですよね~♪

f0032011_16173062.jpg

3.床緑。

f0032011_16173094.jpg

4.濡れ緑の庭。
小雨でしっとりとええ感じ。

f0032011_16173043.jpg

5.池の緑。

f0032011_16173152.jpg

6.瑞々しく。
濡れた楓の葉っぱ、透過光でなんとも綺麗な♪

f0032011_16173097.jpg

7.杜若。

f0032011_16173167.jpg

8.雨が似合う花。

f0032011_16173171.jpg

9.上下対称。

f0032011_16173195.jpg

10.庵の緑。

f0032011_16203620.jpg

11.濡れた屋根と緑。

f0032011_16203647.jpg

12.脱出!。

f0032011_16203684.jpg

13.木陰の花。
シャガが咲いてるんですね。

f0032011_16203786.jpg

14.滑り落ちる水。

f0032011_16203657.jpg

15.気の早い奴。

f0032011_16203672.jpg

16.雨音響く庭。
人も少なくのんびり撮れる好い所です。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-10 19:34 | 神社仏閣 | Trackback | Comments(0)

新緑巡り@南禅寺塔頭 天授庵 sanpo

5月18日、新緑を求めて小雨が降る中、南禅寺にあります天授庵へ行って来ました。
f0032011_22481825.jpg

1.濡れた飛び石。
来た時は降ってなかったんですが、帰る間際にポツポツ降り出したので、再び撮り直しする羽目に。

f0032011_22481884.jpg

2.四段額縁。

f0032011_22481945.jpg

3.木陰のミヤコワスレ。

f0032011_22481975.jpg

4.方丈前庭園。
この時期は人も少なくのんびり出来ます。

f0032011_22481957.jpg

5.目に青葉。

f0032011_22481817.jpg

6.緑の庭園。
ささやかなお湿りですが、苔達も一息ついてるよう。

f0032011_22481834.jpg

7.艶やかに。
濡れ青葉が清々しいです。

f0032011_22481895.jpg

8.南庭へ。

f0032011_22481721.jpg

9.緑の書院。

f0032011_22481811.jpg

10.八ッ橋。

f0032011_22522352.jpg

11.新緑に燃える。
緑の庭の中、ノムラモミジが一際目を惹きます。

f0032011_22522362.jpg

12.赤い羽根。
楓が沢山種を付けております。

f0032011_22522463.jpg

13.池泉回遊式庭園。

f0032011_22533895.jpg

14.緑の中を泳ぐ。

f0032011_22542157.jpg

15.落ちないように。

f0032011_22522413.jpg

16.水辺の彩り。

f0032011_22522320.jpg

17.ひょっこり。

f0032011_22534721.jpg

18.滴る。

f0032011_22522358.jpg

19.書院の眺め。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-06 19:45 | 神社仏閣 | Trackback | Comments(0)

滝巡り@若狭町 瓜破の滝 sanpo

5月12日、小浜市の三丁町から次に向かったのは、若狭市にある瓜破の滝です。
以前写友さんが行かれたのを見て一度行ってみたかった所です。
f0032011_22464186.jpg

1.全国名水百選2位。
駐車場脇には水汲み場があり、ひっきりなしに水を汲みに人がやって来てました。

f0032011_22464032.jpg

2.眩しい緑。
滝へと向かう森の中。

f0032011_22464173.jpg

3.名勝・水の森。
滝までもうすぐか。

f0032011_22474636.jpg

4.恵の水。
小川沿いを滝目指して歩きます。

f0032011_22464095.jpg

5.瓜破の滝。
瓜も割れるほどに冷たい事からこの名が付けられました。

f0032011_22464069.jpg

6.祀られる水。
水が出てる場所には鳥居が建てられてます。

f0032011_22501169.jpg

7.小さいながらも。
落差は2メートルもない滝ですが、水量があり迫力は十分あります。

f0032011_22464129.jpg

8.水のカーテン。

f0032011_22531656.jpg

9.赤い石?。
ではなく、これは湧水の水質水温でのみ生育する「ヒルデンブリンチアリブラリス」と言う、
珍しい紅藻の一種が長い時間をかけて繁殖したものだそうです。

f0032011_22575610.jpg

10.怪しげな気。
滝のそばに立つ大きな木、樹皮の模様がなんとも怪しげで。

f0032011_22464067.jpg

11.緑濃き水辺。

f0032011_22582976.jpg

12.縦横無尽に。
枝分かれした流れは沢山ある落ち込みに流れ、色々な表情を作り出してます。

f0032011_22570080.jpg

13.ほとばしる。
長秒の水のヴェールの好いですが、高速で止める刹那の流れも清々しいです。

f0032011_22570075.jpg

14.赤が映える。
紅藻のおかげで、暗く沈んでしまう岩が浮かび上がり緑との対比で映えますね~!

f0032011_22565992.jpg

15.駆け流れる。
長秒も露光時間の違いでかなり表現が変わりますね~。

f0032011_22570038.jpg

16.緑の下で一服。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-06-04 19:32 | 観光地 | Trackback | Comments(2)

滝巡り@宇陀 龍鎮の滝 sanpo

4月27日、連休初日奈良へ向かったのは、この滝を撮りに行くのが目的でした。
以前知り合いのカメラ仲間さん達が撮られてるのを見て、一度撮ってみたいと思っておりました~!
f0032011_20410499.jpg

1.巨岩が転がる沢。
室生ダムから上流に行くと林道があり、そこからテクテク歩いて行きます。

f0032011_20410369.jpg

2.森林浴。
この道であってるのかと不安になりながらも、気持ちの好い森の中を行きます。

f0032011_20410442.jpg

3.深谷竜鎮渓谷。
看板に竜鎮の文字が!この道で間違いないようです。

f0032011_20410227.jpg

4.なんでこんな所に?。
川を渡るように紙垂が吊されております。

f0032011_20410299.jpg

5.龍鎮神社。
目的の滝に着いたみたいです。

f0032011_19515850.jpg

6.神域。
滝全体が神社になってるみたいです。

f0032011_20410364.jpg

7.参拝。
滝を挟んで、祠と拝殿が建っております。

f0032011_20410350.jpg

8.龍が眠る滝。
こちらがお目当ての龍鎮の滝です!
小さな滝に、大きなエメラルドグリーンの滝壺、龍が居てもおかしくない光景です。

f0032011_20410383.jpg

9.滑らかに落ちる水。
もう少し水量があった方が、滝の上の部分も白く撮れたかも?
でもそうなると水面が揺らいでしまうので、難しいところですね。

f0032011_20410371.jpg

10.クルクル回る。
滝壺に浮かんだ枯れ葉、長秒で撮ったら面白い模様になりました。
出来れば1分くらい露光したかったな~、持ってるND8では30秒が限界でした。

f0032011_21360614.jpg

11.流れ落ちる。
滝壺から流れ出す水、真っ直ぐ流れず数段の小さな滝になって流れ落ちております。
自然が作り出す面白い光景です。

f0032011_20450785.jpg

12.渦巻く。
見ただけでは水の流れは分かりませんが、長秒で撮ると渦を巻いてる流れが良く分かり、
こうやって少しずつ岩肌を削って滝壺が成長していくんですね~。

f0032011_20450783.jpg

13.足元注意!。
ただ濡れてるだけのように見えますが、苔が生えててツルツルに滑ります。
危うく股裂きになりかけました(笑

f0032011_20450719.jpg

14.流れの彩り。
赤く色付いた枯れ葉が好いアクセントになってくれました。

f0032011_20450891.jpg

15.滝の最後。
まるで人工的にくり抜いたかのようにえぐれた部分、流れて来た石がここで溜まって、
大水の時に攪拌されて岩を掘っていくんでしょうね。

初めてまともに撮る滝でしたが、なかなか思い描いたようには撮れず、悪戦苦闘でした~(汗
取り敢えずNDフィルター買い足さないといけないな。




にほんブログ村 写真ブログへ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-05-15 19:53 | その他あちこち | Trackback | Comments(0)

三椏群生地@綾部市老富 其の一

3月30日、この日は一日曇りで昼過ぎから雨の予報でしたので、
桜の撮影は諦めてちょっと気になっていた場所にバイク飛ばして行って来ました。
福井県との県境近くにあります、綾部市老富の三椏の群生地です。
こちら去年のゴールデンウィークにシャガの群生地で撮りに行った場所で、
この時期は三椏が群生しておりまして、以前から気になっておりましたら、
丁度見頃を迎えてると言う情報が得られましたので、朝から行っておりました。
f0032011_21302152.jpg

1.三椏・シャガの群生地。
出掛ける時、市内では10℃ほどあったんですが、山の中に入ると5℃近くまで下がるんで、
それなりに着込んでいたんですが、軽く凍えながら走っておりました。

f0032011_21302121.jpg

2.杉木立の散策路。
クマ出没の看板にビビリながら、森の小径を歩いて行きます。

f0032011_21302087.jpg

3.一面の黄色い絨毯。
目の前に広がる一面の三椏の群生、予想以上の光景に暫し突っ立ってしまいました。

f0032011_21302164.jpg

4.芳しい香り。
三椏は以前から撮っていたんですが、小さな株がポツンとある程度でしたので、香りには全く気付かなかったんですが、
さすがにこれだけ咲いてますと、森全体が花の香りに包まれてまして、
これがまた何とも言えない好い香りで夢見心地になってしまいます♪(●^o^●)

f0032011_21302185.jpg

5.黄色いポンポン。
これが三椏の花で、小さな花が球状に固まって咲いております。

f0032011_21302147.jpg

6.おとぎの国。
シャガの群生とは違って、黄色い花のせいかファンタジーですね。

f0032011_21360770.jpg

7.駆け上がる黄色。

f0032011_21360604.jpg

8.妖精が?!。
カメラ女子の方もちらほら。
お天気の悪い朝と言う事もあってか、人も少なくのんびり楽しめました。

f0032011_21360738.jpg

9.名の由来。
枝をよく見てもらうと、三つ叉に分かれていて伸びた先でもまた三つ叉に分かれ伸びて行くので、この名前が付いたそうです。

f0032011_21302141.jpg

10.賑やかなラッパ達。
三椏は古くから和紙の原材料として使われておりまして、身近な所ではお札にも使われております。

f0032011_21360744.jpg

11.黄色の群れ。
好いボケを出そうと頑張りましたが、なかなか手強いです。

f0032011_21360729.jpg

12.撮影のコツ。
撮ってて分かった事なんですが、三椏は下から上に向いて撮らないと花の黄色が出ないんですよね~。
だから頑張って山の上まで登って俯瞰で撮っても、花の後ろの白い部分しか撮れないから、黄色の絨毯になりません。



13.最後のTHETA。
お馴染みのTHETAでの撮影。
フルスクリーンで、ズームやマウスでグリグリ動かしてどんな所か見てください。




にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
ポチッとお願いします
by dejikaji | 2019-04-04 19:49 | 虫&花 | Trackback | Comments(0)